『情熱大陸×和牛』の”ウラ側” 山内健太郎ディレクター、ロングインタビュー前編

 漫才師·和牛に密着した『情熱大陸』(2021年3月放送)。お笑い芸人を取り上げることの少ないこの番組で、漫才師としてのこだわりを語った二人の様子は注目を集め、9月にはDVD化された。密着したのは、普段はバラエティ制作で活動しているMBSディレクターの山内健太郎さん。二人との絶妙な距離をとり続け、素顔の“芸人”の姿を切り取った山内氏に、制作の裏側やテレビマンとしてのこだわりをインタビュー。前編では『情熱大陸』制作の裏側をメインに伺います。

取材・文/井上佳子

「情熱大陸」 ●毎週日曜日よる11時00分~ MBS/TBS系列にて放送中 公式HP

<プロフィール>
山内健太郎(やまうちけんたろう)●2004年、毎日放送入社。これまで「日曜日の初耳学」「サタデープラス」「ちちんぷいぷい」「堂本剛のやからね」「オールザッツ漫才」「ソガのプワジ」などを担当。現在は「プレバト!!」のディレクターを務めている。ラジオアプリのRadiotalkで「芸人リモートーク」を配信中。
Twitter: @magutaro0815

『情熱大陸×和牛』を生んだ信頼関係の礎

――『情熱大陸』は、密着ディレクターである山内さんと、被写体である和牛のお二人との間に流れる信頼感が滲み出たドキュメントでしたが、普段バラエティ制作の現場にいる山内さんが番組作りをするうえでこだわっていることは?

山内 大前提として、出演者に「出て良かった」と思ってもらいたいというのはあります。「出たくはないけど、出たほうがトクだから出る」という番組もあるでしょうから、一概に僕のこだわりが良いか悪いかという話ではないし、何かの番組に出たことで売れるきっかけを得た人がいる側面もあるでしょう。だけど僕は、そういう番組作りはしたくないし、出来ないんですよね。

――そのために心掛けていることは?

山内 抽象的ですが、相手のことをちゃんと理解すること…ですかね。今回の『情熱大陸』に関して言うなら、密着期間中に和牛から「ここは使わないでください」と言われたことは一度もなかった。どんなシーンも、撮られることを前提でお二人も覚悟して臨んでいたし、逆に「使われたくないようなことは言わない」と決めていたのかもしれないですけどね。

他にも、街行く人の怒りやストレスをコントに描いて笑いにするという特番でオードリーに出演して頂いたことがあるんですが、人間40歳も過ぎたら怒ること自体が減っていますから、オードリーに「無理やり怒ってくれ」というお願いは出来ないなと思って、二人が出来るだけ共感してくれる内容にしたいなと意識したこともあります。僕の勝手な解釈かもしれないけど、オファーする以上、出演者にしっかり興味を持って仕事をしたほうが、番組も良いものになると思っています。「スタジオやロケでは乱暴に扱われたけど、オンエアを見たら納得した」という手法で信頼感を勝ち得ていくやり方は、僕には出来ないです。

――その意味で、ドキュメントはとくに現場での関係性が重要になりそうですね。

山内 そうだと思います。ドキュメントって、「あるがままの姿を映す」と思われがちだけど、カメラマンや演出家がいて、こちらが被写体に向けて話しかけている時点で何らかの意図は働いているわけで、そのうえでどこまで相手に踏み込むかが勝負だと思うんです。そうなると、「これを言われたら嫌だろうな」と思うことをあえて聞くべきかということもポイントになりますよね。

『情熱大陸』では、例えば二人のファンレターの数の違いをイジるくだりがあるんですが、それに対して水田さんは笑いながらも「嫌だ」と言ってるんです。その様子からは、「こんなところをイジって、嫌な感じに見える映像にしたら許さんぞ」という意志のようなものを感じました。もちろんそんな言葉は言われてないし、それについては密着の中で回収できるシーンを収められたから放送しましたが、そこの匙加減は気を配ってドキドキしました。そういう「ギリギリのライン」は各々の芸人さんによって違うでしょうから、どこまでがOKなのか、模索しながらの密着でした。

――場に応じての距離の取り方を考える作業は芸人さんが最も得意とするところですが、和牛のお二人は山内さんが、そうした肌感覚を察してくれていると思っていた気がしますか?

山内 そこは和牛に聞いてみないとわからないですけど、「踏み込みすぎです、勘弁してください」と言われたことはなかったので、間違えてはいなかったのかな。ただ、彼らもプロですから、知り合いのよしみで密着取材を受けてもらえるほど甘くはないと思ってます。

――逆に、互いの関係性がないからこそ撮れる場合もありますよね。

山内 もちろんあると思います。だから、僕じゃない人が撮ったら全く別の『情熱大陸』になっていたんだと思っています。

――DVDの発売イベントでは、和牛のお二人共に密着されるとかっこつけてしまい「無意識に『情熱大陸』しちゃう」というようなことをおっしゃっていましたが、実際にはさほど不自然さは感じられませんでした。

山内 ですよね。水田さんは普段から(こだわりのある)水田さんですからね(笑)。プライベートで食事に行ったときも、僕が予約した個室の料理屋さんがお気に召さなかったみたいで、入店して40分もしないうちに「次の店行っていいですか?」と言われたことがありますから。まぁ僕も入店してすぐ「ヤバそうな店だな」と思ったんですけど(笑)。元料理人ですし、こだわりが強いんですよ。「信頼している後輩がオススメしていた店が近くにあるので、そこ行っていいですか」と言われ、行ってみたらめちゃくちゃ美味しかったです。コロナ禍なので『情熱大陸』は残念ながらまだ打ち上げも出来ていませんが、「次にお店に行くときは、僕が店は手配します」と釘を刺されています(笑)。

ネタ作りとネタ下ろし、その裏側では

――DVDに収められているネタ作り風景や劇場での新ネタ下ろしのシーンは大きな見せ場ですが、裏側で様々なエピソードが起こっていそうです。

山内 密着する前はネタ作りと新ネタ公開のシーンを番組の山場にしようと考えていました。ただ、福岡のホテルで川西さんがテレビへの思いを語っていただいたシーンや、和牛のお二人が自身の漫才の間について解説してくれる場面など、新たに山場となるようなシーンがたくさん撮れたので想定していた構成とは変わり、放送にはわずかしか入れられなかった部分になりました。この場面をDVDに収められたことは本当に良かったと思います。

劇場での新ネタ下ろしシーンは、ネタ作りの密着撮影から10日後くらいのこと。ネタでは密着されたこと自体をテーマにしていますが、撮影中に二人が番組をいじるくだりを話していたことはなかったし、カメラが回っているときにはその部分のネタ合わせをしたこともなかったので、当日は驚きました。二人ともさすが芸人だな、粋だなと思いましたね。

和牛は、自分たちのネタを公式動画でアップしてはいないので、番組YouTubeに上がっている「情熱大陸漫才」が今でもオフィシャルでYouTube上で見られる和牛唯一のネタ。ここはぜひ注目して欲しいです。YouTubeではネタの後半がカットされていますがDVDには後半が収録されていますので、どんなオチになるのか含めて是非ご覧いただきたいです。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ

投稿者プロフィール

TV Bros.WEB
TV Bros.WEB
テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額800円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。
0
Spread the love