二十歳を迎えたら退団”少女歌劇団ミモザーヌ”「きくたまこと卒団公演」直前インタビュー 第一回

 「サクラ大戦シリーズ」をはじめ、数々の作品を手がけているマルチクリエイター·広井王子が総合演出を務めている少女歌劇団ミモザーヌ。令和元年5月1日に始動したこのレビューカンパニーのメンバーは、12歳~19歳の少女達。20歳を迎えたら卒団というルールの中で、現在は26名の団員が、歌にダンスにアクロバットにと、日々レッスンに励んでいます。

 今回テレビブロスでは、きくたまこと、しものあやめ、もうりさくらの3人にインタビュー。三回に分けて特集します。第一回はミモザーヌが始動した頃から今までのことを振り返ってもらいました。


取材・文:山口哲雄
撮影:小坂茂雄

第二回目はコチラ

第三回目はコチラ

少女歌劇団ミモザーヌ 冬公演「Winter Story〜きくたまこと卒団公演〜」 チケット概要
少女歌劇団 ミモザーヌ オフィシャルホームページ  https://showjokagekidan.com/
少女歌劇団 ミモザーヌ 「ミモザのように」ミュージックビデオ  https://www.youtube.com/watch?v=2q9
<日時・場所> 
2021年12月28日(火) 大阪公演:堺市立東文化会館
①11:30開場/12:30開演/14:30終演 ②15:30開場/16:30開演/18:30終演 
2022年1月9日(日) 東京公演:草月ホール
①11:30開場/12:30開演/14:30終演 ②15:30開場/16:30開演/18:30終演 
<出演> 
少女歌劇団ミモザーヌ 
東京公演:レイザーラモン / 尼神インター 
大阪公演:コロコロチキチキペッパーズ / エルフ 
<チケット> 
前売 4,000円 (三つ折りパンフレット付) 当日 4,500円 (三つ折りパンフレット付) 
■FANYチケット:  https://yoshimoto.funity.jp/r/mi mosane_winter/ 
■ローソンチケット  L(大阪公演):51472  L(東京公演):71060 

左からもうりさくら、きくたまこと、しものあやめ

コロナ禍で感じた不安、変わった目線

──2021年は、夏に初の有観客公演が行なわれましたが、この1年間を振り返ってみていかがでしょうか。

きくたまこと コロナの問題が出てきてからは、リモートでやり取りするようになったので、みんなと会えない中でどうモチベーションを保てばいいのかという、自分との戦いになったんですよね。それが苦しかったんですけど、みんなと会えるようになって、お客さんと一緒に舞台で楽しめることによって、人との繋がりをすごく感じました。心と心が繋がることって本当に素敵だなって暖かい気持ちになれましたし、やっぱりそれって今必要なことなんじゃないかなって実感しました。

きくたまこと

しものあやめ 2期生は基礎練も全部リモートでやってきたんですけど、最近ようやく初めてみんなでダンスや歌の基礎練習ができたので、それがすごく嬉しかったし、めちゃくちゃ楽しかったです。まこっちゃんも言っていましたけど、やっぱり人の繋がりみたいなものをすごく感じた1年でした。

もうりさくら

──もうりさんは、ミモザーヌとして初めてお客さんの前に立ってみていかがでした?

もうりさくら 配信のときは目線を上にすることを意識していたんですけど、舞台に立つと、お客さんは下にいらっしゃるじゃないですか。だから、最初は目線をどうしようか少し戸惑いました(笑)。でも、お客さんと目が合ったときに、笑顔でいらっしゃってくれると、心がすごく温かくなりましたし、舞台って楽しいなと改めて思いましたね。オンラインだと家で観ることができるので、外に出るのがめんどくさいと思ったときには、すごくお手頃だと思うんです(笑)。だけど、実際に足を運んでくださって、直接観てよかったと思ってもらえるように、空間を掴むことをすごく意識していました。次の公演もそれを活かせたらいいなと思います。

しものあやめ

──今日は始動当時のことからお聞きしていきたいんですが、1期生のきくたさんともうりさんとしては、まだグループの全体像が掴みにくい中での入団という形になったわけですよね。

きくた そうですね。私だけじゃなくて、みんな口を揃えて言うんですけど、オーディションは受けたものの、何をするのかまだわからない状況ではあったんです。だから、不安もあるし、楽しみでもあるという感じでした。ただ、本当は入った年の夏にデビューする予定だったんですけど、それがなくなってしまって。結局、お披露目するまでに1年半ぐらいかかったんですよ。だから、私たちは今どこへ向かっているんだろう……って思っていた時期もあって(笑)。

もうり 心が折れそうになったよね?(笑) お披露目の予定も3回ぐらいあったんですけど、すべて流れてしまったので。

きくた あと、選抜テストというのがあって、選抜組とアンダーで分けられたんですよ。ありがたいことに、私は選抜のほうに入って、みんなで練習していたんですけど。

もうり 私は選抜に入ってなかったんですよ。そのときは選抜メンバーと別でレッスンをする形になっていたので、やっぱり焦りましたし、一番つらい時期でもあったんです。でも、それを乗り越えたからこそ、舞台ができているというありがたみが身に染みてわかりますし、お客さんを前にできるのは当たり前じゃないということも感じられているので、いい機会になったなって、今は思います。

──確かに、今でこそ思えることですよね。当時は相当不安でしたでしょうし。

きくた 1年半のレッスンがあったとしても、この日にデビューが決まっていますという形であれば、そこを目標にして頑張れるんですよね。でも、それがどんどん延びていったので、4回目のお披露目の話が出たときも、どうせなくなるんちゃう……?って、正直ちょっと思ってしまったところもあって(笑)。

もうり ははははは(笑)。うん。本当にそうでした。

きくた だから、決まったときは本当に嬉しかったです。やった!って。

──レッスンはどれぐらいの頻度でされていたんですか?

きくた ミモザーヌは学業優先なので、レッスンは土日と祝日のみですね。あと、今はコロナで行けていなんですけど、長期休みのときは、4~5泊ぐらいの合宿もありました。

──初年度というか、始動した2019年の時点ではあったんですね。

きくた そうです。だから、2期生が入ってからはまだ合宿に行ったことがないんですよ。

──2期生のしものさんがオーディションを受けたのはいつでした?

しもの オーディションを受けたのは去年(2020年)の3月ですね。そのときは小学5年生でした。

ダンスの先生が教えてくれたこと

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ

投稿者プロフィール

TV Bros.WEB
TV Bros.WEB
テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額800円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。
0
Spread the love