二十歳を迎えたら退団”少女歌劇団ミモザーヌ”「きくたまこと卒団公演」直前インタビュー 第三回

 令和元年5月1日に始動した、少女歌劇団ミモザーヌ。「魔神英雄伝ワタル」をはじめ、数々の作品を手がけているマルチクリエイター·広井王子が総合演出を務めているこのレビューカンパニーのメンバーは、12歳~19歳の少女達。20歳を迎えたら卒団というルールの中で、現在は26名の団員が、歌にダンスにアクロバットにと、日々レッスンに励んでいます。

 特集の最終回となる今回は、きくたまこと、しものあやめ、もうりさくらの3人に、彼女達が見た総合演出の広井王子について、そして、20歳を迎えたきくたの卒団公演になる冬公演について聞きました。

取材・文:山口哲雄
撮影:小坂茂雄

第一回目の記事はコチラ

第二回目の記事はコチラ

少女歌劇団ミモザーヌ 冬公演「Winter Story〜きくたまこと卒団公演〜」 チケット概要
少女歌劇団 ミモザーヌ オフィシャルホームページ  https://showjokagekidan.com/
少女歌劇団 ミモザーヌ 「ミモザのように」ミュージックビデオ  https://www.youtube.com/watch?v=2q9
<日時・場所> 
2021年12月28日(火) 大阪公演:堺市立東文化会館
①11:30開場/12:30開演/14:30終演 ②15:30開場/16:30開演/18:30終演 
2022年1月9日(日) 東京公演:草月ホール
①11:30開場/12:30開演/14:30終演 ②15:30開場/16:30開演/18:30終演 
<出演> 
少女歌劇団ミモザーヌ 
東京公演:レイザーラモン / 尼神インター 
大阪公演:コロコロチキチキペッパーズ / エルフ 
<チケット> 
前売 4,000円 (三つ折りパンフレット付) 当日 4,500円 (三つ折りパンフレット付) 
■FANYチケット:  https://yoshimoto.funity.jp/r/mi mosane_winter/ 
■ローソンチケット  L(大阪公演):51472  L(東京公演):71060 

左からもうりさくら、きくたまこと、しものあやめ

私たち、パパがいっぱいいるんですよ(笑)

──総合演出を務めている広井王子さんとはいろいろとお話しされたりしているんですか?

しものあやめ そうですね。ほぼ毎週お話していて。

もうりさくら なんか、パパみたいな感じというか。

きくたまこと 私たち、パパがいっぱいいるんですよ(笑)。スタッフの方とか、本当に優しい方々に囲まれているなって思います。

しもの 広井さんと初めてお会いしたのはオーディションのときだったんですけど、三角の帽子をかぶって、サングラスをかけて、黒マスクだったから、めっちゃ怖い人なのかな……って思ったんです(笑)。あと、リモートでミーティングをしていたときも、結構難しいお話が多かったんですよね。今は少しわかるようになってきましたけど、当時は小学5年とか6年だったので、何を言ってるんやろう……っていうことばかりで、やっぱり怖い人なのかな……って。だけど、お会いしたらすごく優しい方でした。毎回東京からいらっしゃるときに、お土産を持ってきてくださったりとか。

──“結構難しいお話”ってどんな内容だったんです?

しもの なんやろう……本当にいろんなことを教えてくださるんですよ。

きくた 哲学の話とか?

しもの そう! 哲学の話とか、歴史の話とか。

もうり 人生についてとかね。

しもの あとは、ちょっとロマンティックなお話とか、恋の話とか。でも、私はまだ好きな人ができたことがないので、ちょっとわからなかったんです。マンガを読んでキュンキュンすることはあっても、「みんな、恋したことあると思うんだけど」って言われたときに、ないんやけどなぁ……と思いながら聞いてました(笑)。

限られた今しかできないことをやっているというのは、ミモザーヌの推しどころ

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ