『猫のお寺の知恩さん』オジロマコト先生の場合。【ブロスコミックアワードのその後、どんな感じ?インタビュー】

10月の間、「マンガ」をテーマにお届けするTV Bros.WEBの「マンガ大特集」。本日は漫画家・オジロマコト先生のインタビューを公開!


テレビブロスが年に一回、その年に新刊が出た作品の中から一番心にきたマンガに贈る「ブロスコミックアワード」。2008年から始まったこのマンガ賞の歴代受賞者9名に改めて受賞当時の心境とその後を探るインタビュー企画「ブロスコミックアワードのその後、どんな感じ?」。

この企画の第5弾にご登場いただくのは『猫のお寺の知恩さん』(小学館)で2016年に受賞していただいたオジロマコト先生。受賞時の心境から現在までの5年間についてうかがいました。またケンドーコバヤシさんやマカロニえんぴつ、森七菜さんなど多くの著名人から支持されている、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて現在連載中の『君は放課後インソムニア』についても、たっぷりお聞きしました! 

取材・文/門倉紫麻

オジロマコト(おじろ・まこと)
●2003年『パクパクマン』で「月刊少年ジャンプ ORIGINAL」(集英社)にてデビュー。2012年~2016年に連載された、背の高い女の子と背の低い男の子の恋を描いた『富士山さんは思春期』(「漫画アクション」・双葉社)が大人気に。現在「ビッグコミックスピリッツ」にて『君は放課後インソムニア』を連載中。

猫のお寺の知恩さん』…「ビッグコミックスピリッツ」(小学館・2016年24号~2018年45号)で連載。住職のいない古い寺を管理しながら暮らす19歳の知恩さんの元に、高校進学のため遠い親戚にあたる15歳の源がやってきて、共同生活が始まる。

猫のお寺の知恩さん』全9巻発売中!

猫のお寺の知恩さん

ブロスコミックアワードとは…2008年からスタートしたマンガ好きのテレビブロス関係者50人が選ぶマンガ賞。

●歴代受賞作
2008年:日本橋ヨヲコ『少女ファイト』
2009年:岩本ナオ『町でうわさの天狗の子』
2010年:とよ田みのる『友達100人できるかな』
2011年:日下直子『大正ガールズエクスプレス』
2012年:押切蓮介『ハイスコアガール』
2013年:びっけ『王国の子』
2014年:小池ノクト『蜜の島』
2015年:山本さほ『岡崎に捧ぐ』
2016年:オジロマコト『猫のお寺の知恩さん』
2017年:大童澄瞳『映像研には手を出すな!』
2018年:鶴谷香央理『メタモルフォーゼの縁側』
2019年:和山やま『夢中さ、きみに。』
2020年:平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』

「捕食者の目線」で描いているのかもしれません


──2016年にブロスコミックアワードを受賞していただき誠にありがとうございました。当時のインタビューでは、「ブロスはいつも読んでいるので」とも言っていただいて。

オジロ:はい。特にルノアール兄弟さんがやられていたコーナー(「ピピピクラブ」)とか、爆笑問題・田中裕二さんの紙粘土が載っているコラム(「天下御免の向こう見ず」)が好きでした。

──受賞したことが「ジワジワ嬉しい」とインタビューではおっしゃっていただいのですが、改めて当時の気持ちを振り返ってみていかがでしょうか。

オジロ:いろんな漫画の賞にちょこちょこノミネートはしていただいていたんですが、受賞したのは初めてで。もともとあまり「わーい!」と喜ぶタイプではないのでジワジワと嬉しくて……今も嬉しいです(笑)。

──『猫のお寺の知恩さん』は受賞の2年後に完結しました。とても幸せな終わり方でしたね。

オジロ:「あの生活がずっと続くんだろうな」みたいな終わらせ方ができてよかったなあと思います。ただ続けようと思ったらずっと続けられちゃいそうなマンガでもあったので、終わらせるのはちょっと難しかったですね。

──今振り返ってみて『猫のお寺の知恩さん』はご自身にとってどんな作品だったと思いますか?

オジロ:すごく思い入れが深いというか……それまでの作品ではやっていないようなことに挑戦できた気がするので、描いてよかったなと。お寺のことを何も知らなかったので調べたり資料を読んだりしたのですが、そういう作り方は初めてでした。そんなに専門的な話にはしていないんですけれど、描きながら知識を得られたのもよかったです。

──『猫のお寺の知恩さん』、その前の作品『富士山さんは思春期』(双葉社)、そして現在連載中の『君は放課後インソムニア』でも思春期の少年・少女たちの姿を描いています。思春期を描くことに喜びを感じていらっしゃるのでしょうか。

オジロ:そうですね。14歳とか15歳くらいの男の子や女の子の心に興味があるんです。思春期のキラキラしたところも、痛さも好きだし……思春期を描いた作品を見るのも好きです。

『君は放課後インソムニア』最新7集10月29日発売!

──特にお好きな作品はありますか?

オジロ:中学生の頃に好きだったのは古谷実先生の『行け! 稲中卓球部』(講談社)。あれも14歳の痛さが出ているし、かわいいところもあったりしますよね。最近だと押見修造さんが好きです。現在連載されている『血の轍』も好きですし、よく読み返すのは『ぼくは麻理のなか』(双葉社)。マンガを描いていてネタに詰まると見てしまうんですよ。何かが具体的に参考になるとかではないんですけど、描かれている感情のうねりを見てすっきりする、みたいな感じがありますね。

──オジロ先生のカメラアングル……特に男の子が女の子を見る時の構図に、色っぽさとピュアさを同時に感じます。カメラアングルに関して、影響を受けてきたものはありますか?

オジロ:きっとなにか影響を受けたものがあると思うのですが……あ、私パニック映画が好きなんですよ。映画『JAWS』でサメが水中から人間を見るみたいな──捕食者の目線っていうんですかね(笑)。その影響があるのかもしれません。私は女性ですけど、女性に対しても「きれいだなあ」と思ってうなじを見ちゃうことがあるし、男性の手をきれいだなあと思うこともありますしね。そこは等しく、というか。担当編集の加納さんから男性の意見を聞く事もよくあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: chion-659x1024.jpg

『猫のお寺の知恩さん』

──連載中の『君は放課後インソムニア』では女の子から男の子への目線も入ってきているように思います。

オジロ:確かにそうですね。たぶん「女の子も男の子のこういうところを素敵だと思ったりするよ。一緒だよ」というのを今回はやりたかったのかなと思います。

──絵の面でも男の子の素敵なところが強調されているといいますか、男の子の解像度がこれまでよりも上がっているように感じます。

オジロ:はい、そこは意識していますね。

まっさらなところから始めるのは、ワクワクする


──『知恩さん』のようなヒット作の後に新しいものを始めることにプレッシャーはありませんでしたか?

オジロ:うーん。まっさらなところから始める時って、「次、何描こうかな?」とワクワクする気持ちのほうが強いのでプレッシャーという感じではなかったです。

──内容的にも新しいですよね。『君は放課後インソムニア』は不眠症を抱える高校生の伊咲と丸太が天文部の活動を通して恋を育てていくお話ですが、『富士山さん』や『知恩さん』のように変わらぬ日常を見せていくのとは少し違っていて展開がドラマチックです。

オジロ:そうですね。やはり「やったことのない」ことの1つをやりたかったような気がします。実際描いてみると難しいです。『富士山さん』の時も『知恩さん』の時も「季節が秋になった、じゃあ何をしようかな」ぐらいの感じで話を作れていたんですけど、今はもっと先のことを頭を使って考えて話を作らないといけないので。ほかの漫画家さんはみなさんやられていることだと思うんですが(笑)。

──恋愛ものとしての魅力もとても強いですね。

オジロ:「こいつら楽しそうだな」と思いながら描いています。2人の仲が良すぎて嫉妬しちゃうというか、描いていてイライラしちゃうこともありますね(笑)。

──拝読していると、オジロ先生は愛というものを信じていらっしゃるというか……ごく自然に描かれているように感じました。

オジロ:愛ですか……なんか恥ずかしいですね(笑)。そんなに永遠に続くようなものではないぞ、というちょっと意地悪な気持ちは芯のところにありつつ、という感じですかね。この子たちにとっては今これが永遠なのかもしれないけれど、と。

──思春期の愛、というのはそういうことなのですね……!

伊咲のよだれは絶対に描きたかった


──『君は放課後インソムニア』は、マカロニえんぴつとのコラボで曲(「遠心」)が制作されたりと多くのクリエイターや著名人の方々から支持されています。ご自身ではなぜだと思いますか?

オジロ:なぜなんですかね……急にいろいろとそういったお話を聞くようになって。狙ってできたら、次もそう描こうと思うんですけど(笑)。

──担当編集の加納さんにもお話を聞かせていただきたいのですが、『君は放課後インソムニア』がクリエイターに支持される理由をどうお考えですか?

担当編集・加納:キャラクターとか物語がよりストレートに伝わりやすくなっているのかなとは思います。『富士山さん』の時は、担当の僕自身も「中2男子のリビドー」みたいなものを描くことがまず頭にあって。『知恩さん』にもそういうところがありました。でも『インソムニア』はそこから離れたところから始めたというか。得意技を禁じ手にしているんですよね。例えば、夏合宿の時も、今までだったら伊咲の濡れ髪にカメラが寄って丸太がドキドキしているところが描かれていたと思うんですけど、今回はそこに読者の目線を誘導していません。

──事前にそういうお話をされていたのでしょうか。

担当編集・加納:ちゃんと話した記憶はないんですけど……。

オジロ:私がちょっとエロいようなネームの切り方をすると「そこはあんまりやらなくていいと思います」みたいなことは言われた気がしますね。

担当編集・加納:なんとなく共通認識で。

オジロ:担当さんに見つからないぐらいのことは描いていますけど(笑)。

担当編集・加納:1話目の、寝起きの伊咲のよだれは絶対に描きたいとおっしゃっていましたよね。

『君は放課後インソムニア』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: houkago.jpg

オジロ:担当さんには最初「あそこはなしにしましょう」と言われたんですよね。でも私がなぜか頑なに描きたいと言って(笑)。露骨にそういうものを描く作品ではないと自分でも思ってはいるんですけど……やっぱり描くのが好きなので。

担当編集・加納:そこは何かもう異常性として素晴らしいので、やってほしいです(笑)。

──『富士山さんは思春期』の立ち上げ当時から担当されているそうですね。オジロさんとの打ち合わせで特に印象的だったことがあれば教えていただけますか?

担当編集・加納:お話の流れがなんとなくできているにも関わらず「ネームがすすまない」とおっしゃっていたことがあって。「こういう絵を描きたい」とか「ここが勝負絵だ」みたいなイメージが湧かなくて進まないと……。結局もともとあったお話の流れを全部捨てて、ゼロから打ち合わせをしました。もちろんオジロさんのお話の構成の仕方とかギャグも大好きなんですけど、やっぱり絵が中心にあるんだなと思いました。すごく新鮮だったし感動しましたね。

オジロ:今言われてみて「そうなんだ!」と思ったんですけど(笑)。確かにネームは1から順番に描いていくというよりは、一番描きたいところから描いてくみたいなやり方を今もずっとやっていますね。

愛用の椅子に沿って、体ができてきてしまった


──この5年を振り返ってみて、特にどんな出来事が印象に残っていますか? 担当の加納さんにも教えていただければと。

担当編集・加納:僕は「探偵!ナイトスクープ」に『君は放課後インソムニア』が取り上げられたことが一番ですね。

──丸太と共通点が多い男性からの「丸太のモデルは自分なのか調べてほしい」という依頼でしたね。オジロ先生ご自身が出演されて。

担当編集・加納:「探偵!ナイトスクープ」はマンガの仕事の延長線上にあるものではないというか、狙ってとれるものじゃないというか……よくわからない謎の力が働かないと実現しないことなので。編集者経験の中でもとびきり珍しい、おかしな体験ですごく思い出深いです。

オジロ:言われちゃいましたね(笑)。私も「ナイトスクープ」です。マンガを描く作業って描いている作品が違っていたとしても1週間の動きはだいたい同じなんですよね。そういう日常にテレビの人が来る、というのはすごいイベントではありました。テレビを観ている側だとわからないようなこともわかって。あんなふうにたくさんの人に囲まれながら喋るとか、テレビに出ている人はいつもこんなことをやっているんだ!と思いました(笑)。

──この5年間を象徴するキーアイテムのようなものはありますか?

オジロ:あまり物を大切にできないタイプなので長く使っているものがないんですが……唯一仕事用の椅子だけは、一人暮らしを始める時に買って以来ずっと使っています。背もたれもないような、デスクワーク向きとはいえない椅子なんですよ。もっと腰にやさしい椅子に買い換えたらとよく言われるんですけど、もうこの椅子に沿って体ができちゃっているみたいなところがあって(笑)。何かほかにあるかな……。

担当編集・加納:「探偵ナイトスクープ」の撮影でもらったクリアファイルはどうですか。

オジロ:あ、確かにそれもいいですね!

(写真提供:オジロマコト先生)

──今、お気に入りのエンタメコンテンツはありますか?

オジロ:深夜ラジオが好きです。ずっと昔から聴いているのは伊集院光さん(「深夜の馬鹿力」)。最近だとCreepy Nutsと佐久間(宣行)さん(共に「オールナイトニッポン0」)、アルコ&ピース(「アルコ&ピース D.C.GARAGE」)と空気階段(「空気階段の踊り場」)も好きです。

──受賞から現在までの5年を語っていただきましたが、これからの5年後はどうなっている、どうしたいと思いますか?

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love