僕の姉ちゃん

益田ミリ原作ドラマ『僕の姉ちゃん』姉弟を演じる黒木華&杉野遥亮 インタビュー「これ絶対面白いし、いい作品になる!」

10月の間、「マンガ」をテーマにお届けするTV Bros.WEBの「マンガ大特集」。本日は黒木華・杉野遥亮のインタビューを公開。

                                                 

益田ミリによるマンガ『僕の姉ちゃん』は、しっかり者だが弟には開けっ広げで辛辣な姉・ちはると、おっとりした優しい弟・順平による、つかの間のふたり暮らしが描かれた作品。女性向けファッション雑誌『anan』(マガジンハウス)で長期連載中で、現在まで4冊の単行本(うち3冊が文庫化)が発売された人気シリーズだ。

Amazon Prime Videoにて全10話一挙配信中で、2022年にはテレビ東京で放送される今作で、姉・ちはるを演じる黒木華と、弟・順平を演じる杉野遥亮にインタビュー。原作のシンプルなコマ割り、劇的な事件が起こるわけでもなくリビングを中心に繰り広げられる姉と弟による会話で構成された、あのマンガの絶妙な空気を映像化するにあたり、二人が意識したこととは。
                    

取材・文/TV Bros.編集部
Ⓒテレビ東京

「これ絶対面白いし、いい作品になる!」と思いました。(杉野)


僕の姉ちゃん2

──今作のオファーを受けたときの感想を教えてください。

黒木 まず原作を読ませていただき、すごく面白い作品だなと思いました。同時に、演じるのが楽しそうだなとも感じました。その上で、どういう風にして、原作の雰囲気を出していくのかなと思いました。

杉野 僕は作品のタイトルと内容、なにより黒木さんと共演できるということで「これ絶対面白いし、いい作品になる!」と思いました。

 

原作のちはると順平の距離感や二人の間に流れる空気を映像にのせることは意識しました。(黒木)


僕の姉ちゃん


──益田ミリさんによる原作のマンガでは、キャラクターの表情やコマ割りがシンプルな作品なので、実写化する際、原作の雰囲気を出すのがすごく難しいと思うのですが、お二人が役を演じるにあたり原作はどのように意識されましたか?

黒木 おっしゃる通り、何か事件が起こる作品ではないので、原作のちはると順平の距離感や二人の間に流れる空気を映像にのせることは意識しました。たくさんある原作のシリーズの中でも、どのエピソードを実写化するのか、監督はすごく悩まれたと思います。撮影前に、杉野さんと読み合わせをする機会があり、声のトーンや雰囲気、間について、監督と綿密に考えました。

杉野 常に頭の片隅に原作の「順平」という人物像はいたんですけど、あまりそこに縛られすぎないようにしていました。どちらかというと、一つ一つの現場にダイブする感覚でいました。


──今作で姉弟を演じたお二人ですが、お互いの第一印象はいかがでしたか?

黒木 杉野くんの第一印象は、すごくクールな感じだったので、結構シャイな方なのかなと思いました。撮影が進むにつれ、私がしかけることにも楽しんでくれているのが分かって、どんどんお話しさせていただくようになりました。

杉野 僕も全く同じで、初対面の本読みのとき、黒木さんはすごくクールな方なのかなと思っていたんです。でも過ごす時間が多くなると、関西弁でお話ししてくれたり、お茶目なところやくだけたところを見せてくれて、日数が経つごとに、どんどん打ち解けていきました。

──TV Bros.本誌でも連載している片桐仁さんが今作に出演されますが、片桐さんが「仕事終わりに、ふと華ちゃんと話すシーンが楽しかったです」とお話されていました。黒木さんは、片桐さんとどんなお話をされたんでしょう?

黒木 そのシーンは、実はその説はガセだったというホルモンの語源について世間話をしているシーンなんですが、台詞を言い終わった後も台本にない語源にまつわる話をお互いに調べて話してました。

──最後に、この作品の魅力と、この作品を見ていただく視聴者の方にメッセージをお願いします。

杉野 僕はこの作品が「家族の暖かさ」や「兄弟愛」、「本音で話すことの大切さ」のような、人の本質を考えるきっかけになったと今でも思っていて、すごくホッとする温かい作品だと思います。コロナ禍で家にいる時間が多い中で、ぜひこの作品を選んでくれたら嬉しいです。

黒木 姉ちゃんの発言にハッと気づかされたり「わかる!」と共感できたり、弟の素直さに癒されたり、姉弟の会話が日常生活での疲れや、コロナ禍で人に会えない辛さを癒す作品になっていると思います。ゆったりとした時間を過ごせる作品になっているので、ぜひ気楽に見ていただければと思います。

【プロフィール】
黒木 華(くろき・はる)
●1990年3月14日生まれ。大阪府出身。2010年、NODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』でデビュー。主な出演作品に、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』、『日日是好日』、『浅田家!』、ドラマ『重版出来!』、『凪のお暇』、『イチケイのカラス』、舞台『ハムレット』、『ウェンディ&ピーターパン』など。現在、映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が公開中。次作は2022年1月28日(金)公開の『ノイズ』が控えている。

杉野遥亮(すぎの・ようすけ)
●1995年9月18日生まれ。千葉県出身。2017年公開映画『キセキ―あの日のソビト―』で俳優デビューしたのち、さまざまなドラマや映画で活躍。映画『東京リベンジャーズ』が大ヒット公開中。10月6日からスタートするドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系)に出演。

僕の姉ちゃん

【番組情報】
『僕の姉ちゃん』
ユーモラスで辛辣な姉・白井ちはる(黒木華)と、姉に翻弄されるが素直に話を聞いてくれる弟・白井順平(杉野遥亮)は、両親不在のつかの間、二人暮らしをしている。仕事を終え帰宅した部屋で、お酒を飲み、それぞれ好きなものを食べながら、恋・仕事・趣味・人生にまつわる会話を繰り広げる。姉弟だからこそのぶっちゃけトークで炸裂する“姉ちゃんの本音“は、一見ひねくれていて意地悪なように聞こえるが、実はしごく真っ当で、順平は妙に納得してしまう。
【配信】 Amazon Prime Video にて にて全話配信中。
【放送】 テレビ東京にて 2022 年放送予定

<TV Bros.WEBの「マンガ大特集」記事一覧>

西野七瀬の2021年のマンガ事情【「言霊荘」インタビュー】

・『映像研には手を出すな!』大童澄瞳インタビュー

・『婚姻届に判を捺しただけですが』高杉真宙インタビュー

『マンガ沼』川島・山内が語る大人になっても冷めないマンガ愛「マンガを読むのが至福の時間」

・マンガ好き必見のガチマンガトーク番組『川島・山内のマンガ沼』の収録現場に潜入

岡村靖幸×浦沢直樹 対談「負荷があったからこそ、生まれた名作がある」

・日本のウェブトゥーン業界に必要なのはどう考えても作品の紹介記事だろ【2021年10月マンガコラム

・益田ミリ原作ドラマ『僕の姉ちゃん』姉弟を演じる黒木華&杉野遥亮 インタビュー

0
Spread the love