SKE48チームS新公演「愛を君に、愛を僕に」を観に行ってきました。劇場公演観覧リポート①

小室哲哉プロデュースによる、SKE48・チームSのオリジナル新公演『愛を君に、愛を僕に』が、去る5月28日(土)に、名古屋・栄にあるSKE48劇場にて初日を迎えた。SKE48のオリジナル公演としては、『手をつなぎながら』公演(2009年・チームS)、『制服の芽』公演(2009年・チームS)、『ラムネの飲み方』公演(2011年・チームKⅡ)に続き『愛を君に、愛を僕に』公演が4作目で、実に11年ぶりとなる待ちに待ったオリジナル公演だ。ということで、この公演のゲネプロと初日を、SKE48ファン歴13年の(浅)と、ファン歴そろそろ1年の(和)が観覧してきました。これは、劇場公演を観たふたりの正直な感想と興奮を、そのままお伝えするリポートです。なお、6/6(月)はチームKⅡによる『最終ベルが鳴る』公演、6/7(火)はチームEによる『SKEフェスティバル』公演の観覧リポートをお送りしますので、本日から続けてご覧ください。

取材・文/浅井加枝子 構成/和田恵実



5/26(木)『愛を君に、愛を僕に』公演ゲネプロ1日目、観覧前の(浅)と(和)

(浅) ついにSKE48、チームSオリジナル新公演が始まるんだなあ(しみじみ)。今までの公演も楽しかったけど、やっぱり「今まで見たことのない公演を観る」という興奮が抑えられないね。しかも小室哲哉プロデュース。全体のイメージはどうなるのか興味津々。これはSKE48ファン全員が感じることだと思うよ。

(和) 私なんて劇場公演自体そんなに回数観てないから、それが今回オリジナル新公演だなんて、もうワクワクが抑えられないです!

(浅) いや、アンタ最近何度かチケットを当てて客席で観ているでしょ。「何回か客席にいるのを発見した」って、メンバーの数名から報告ありましたよ。

(和) (笑)。客席だとメンバーのみなさんと目線が合って、いわゆる「レス」をもらえるんですよ。それがめちゃくちゃうれしくて、DMM配信で観るのも好きだけど、劇場の客席で観るのは格別だなあと、そんな幸せを知ってしまいました。普通にファン。

(浅) 知ってしまったのか…。それはもう引き返せないな。引き返す気も無いだろうけど。では、今日のゲネもレスがもらえるように、がんばって応援してください。取材だけどな!

ゲネプロ観覧が終わった(浅)と(和)

(浅) ………。

(和) …(浅)さん、目をつぶって、どうしました?

(浅) ……スゴイ! 文章を書く身としては一発目がチープな表現で申し訳ないけど、『愛を君に、愛を僕に』公演、めちゃくちゃイイ! 長く待った甲斐あった! で、何がスゴイって、まずメンバー全員の気迫がすごかった。この公演を完成させるために、厳しいレッスンがあって、汗と涙をいっぱい流して、時には挫折も味わって、つまずいて心折れそうになって。壁をひとつずつ乗り越えて……と、そんなことは誰でも想像がつくことなんですよ。遊びのサークルじゃないんだから、一生懸命なのは当然です。でも、チームSはちゃんとその先まで進んでいた。「この曲のどこを聞かせたいのか」とか、「どんな表情で曲を表現するのか」とか研究して理解して、その答えを客席に全力で投げかけていた。完全に自分たちの公演に仕上げてきたね。自分たちの公演を見せるという気迫が胸に響いたよ。

(和) 確かに。私も1曲目の表題曲は、先日MV撮影で拝見したときとはまた違う気迫を感じました。幕が開いた瞬間からブワーって鳥肌が立ちました。

(浅) 全体曲でのソロ部分も、ピンのスポットライト感があって良かったね。「おお、来た!」って感じで。公演全体も、カッコイイとかカワイイとか色っぽいとか、見どころが詰め込まれていて興奮が止まらなかったよ。ステージでピッタリ合う靴音に身震いした!

(和) 私は劇場公演でのユニット曲というものを初めて観たので、それが感動でした。ユニット曲ってメンバーのキャラが反映されていて楽しいですね! しかも曲やダンスの表現バリエーションに富んでいて。ユニット1曲目の『恋せよ乙女 エクスプロージョン!』がめちゃくちゃカワイイ!

(浅) ユニット曲が入ると盛りだくさん感があって、余計に楽しいよね。早くほかのチームでも復活してほしい。しかしこの新公演のチームSは、この間までのSとは全く違う。こんな言い方するのもアレだけど、自分たちが向かうベクトルが定まったというか、メンバーの意識が変わったというか。とにかく新しく生まれ変わった感じ。これは「シン・チームS」だな。

(和) そこ「シン」にしなくてもいいですよ。

(浅) いや、なんとなく最近「新」を「シン」って書きたくて。「新・チームS」で、「真・チームS」であり、「神・チームS」かもしれないじゃん。

(和) ずいぶん盛り込みましたね。では、ゲネプロ後のメンバーのコメントをもらいましょう。


ゲネプロ後のメンバーコメント

松本慈子(まつもと ちかこ)
チームSリーダー
1999年11月19日生まれ
大阪府出身

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ