成長が止まらない! ニッポンの社長が見据えるこれからのビジョン【2022年3月連載「これから芸人百景」第9回ニッポンの社長】

https://tvbros.jp/hit/2022/02/07/28436/

注目のお笑いコンビを紹介する『OWARAI Bros.出張版これからの芸人百景』第9回は、ニッポンの社長。『キングオブコント』では2020年、2021年に決勝へ進出するなど、創造性のあるネタに定評のあるふたりに、賞レースや番組出演などを通して感じた思いを聞いた。

企画・構成/竹村真奈 村上由恵(タイムマシンラボ)

   取材・文/高本亜紀 撮影/大槻志穂

 

■『キングオブコント』は優勝するつもりだった

――昨年の『NHKお笑い大賞』(NHK)では予選・決勝ともに満場一致で完全優勝、そして『キングオブコント』(TBS系)では2年連続決勝進出と、賞レースで結果を残した1年でしたよね。

 『キングオブコント』に関しては、準々決勝くらいですかね? 優勝するんじゃないかなと思ってたんですよ。ルミネ(theよしもと)で決勝にかけたネタをやらせてもらったときも、周りの芸人からは「これは優勝だな」っていう声ばっかりでしたし。

ケツ 確かにそうでしたね。

 客観的に見ても優勝しそうなネタやなと思っていたので、決勝行く前から優勝したあとにどういうスタイルでどういうチャンピオンになろうかとか考えてたんです。で、最初はマイペースに出たい番組だけ出させてもらって、やりたいことだけやっていこうと思ったんですけど、想像する期間が長すぎて、最終的には『キングオブコント』のためにいろんな番組に出ようという考えに変わっていったくらい、優勝を前提として1ヶ月くらい、ずーーっといろんなことを考えてたんです。だから、実際に決勝で4位やったときいうのは嘘みたいっていうか。あれ? 俺が思ってた感じじゃないなっていう感じでした。

ケツ 『キングオブコント』は前の年も決勝へ行かせてもらっていて。その次の年に決勝へ行けないっていうことは前の年より(ネタの力が)落ちてるっていうことやから、2年連続で行きたいなとは僕も思ってました。それに、僕も優勝すると思っていたので、辻さんがおるところとかほかの芸人さんに対しても口に出して「優勝する」って言うてたんですよ。けど……言い過ぎたんですかね?(優勝する)感触はあったんですけど、予定とは違う感じになってしまいました。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ