OWARAI Bros.WEB版「同級生~ときどき幼馴染」連載第6回銀シャリ・鰻×暮れの酉

OWARAI Bros.WEB版「同級生~ときどき幼馴染~」連載第1回前編 ミキ×相席スタート・山添

OWARAI Bros.WEB版「同級生〜ときどき幼馴染〜」連載第1回後編 ミキ×相席スタート・山添

OWARAI Bros.WEB版「同級生〜ときどき幼馴染〜」連載第2回 真空ジェシカ・川北×令和ロマン

OWARAI Bros.WEB版「同級生〜ときどき幼馴染〜」連載第3回 コロコロチキチキペッパーズ・ナダル×ゆにばーす・川瀬名人

OWARAI Bros.WEB版「同級生〜ときどき幼馴染〜」連載第4回 囲碁将棋×ライス

OWARAI Bros.WEB版「同級生~ときどき幼馴染」連載第5回 しずる・KAƵMAとモグライダー・芝 大輔

お笑い芸人・銀シャリ鰻 和弘。占い師・暮れの酉。まったく違う業種のこのふたりは、実は元高校のクラスメイト。そんな縁もあり、今では『酉と鰻とうらナイト』(MBSラジオ)で共演している。視聴者の悩みに占いでアドバイスするラジオなのだが、鰻は占いを信じていない……! ふたりの高校時代エピソードと、占いへの向き合い方をお届けする。

構成/竹村真奈 村上由恵(タイムマシンラボ)
 取材・文/佐々木 笑 撮影/大槻志穂

■高1の鰻、鼻毛でビッグウェーブを起こす

──おふたりは高1と高3のときに同じクラスだったとのことですが、お互いの印象を教えてください。

暮れの酉 すごい賑やかなわけではなくて、どちらと言うと、クスッと笑わせる人みたいなイメージです。高1の時かな? 鰻くんが教室で鼻毛の話をしてたのめっちゃ覚えてんねん(笑)。

 僕、外見疎いんですよ。ワックスとかも一切つけたことなくて寝癖のままだったし、鼻毛もめちゃめちゃ長かったんですよ。そしたら女子から、小さい声で「鰻くん鼻毛出てるよ」って言われて。

暮れの酉  「めっちゃ長い!」とか言って、その場で抜いた鼻毛を女子に見せてたような。

 周りは「鼻毛出てる人、ありえへん」ってマイナスな反応するじゃないですか。でも、僕的には恥ずかしいとも思わなかったんで。

暮れの酉 周りも引く感じじゃなくて「うわあ!」って明るく盛り上がってて、鼻毛でビッグウェーブを起こしてました。僕はそれを離れたところから静かに見てたんですけど、楽しそうな雰囲気がちょっと羨ましかったわあ。

 そんなん、もう忘れてました(笑)。

暮れの酉 それと、高3のときは僕の教科書に落書きしてたやんな?

 端っこにパラパラ漫画を書いた記憶、今思い出した。勝手に教科書取るわけないし……なんでやったっけ?

暮れの酉 いや、勝手に取ったんやで? なかなかクオリティ高かったからビックリしたんや。あと、僕の正岡子規にも変な落書きしてたよな?

 これほんまに高校時代のエピソードやないですよ、精神年齢めちゃめちゃ低いな。

■暮れの酉は、高2の文化祭でビッグウェーブを起こす

 (暮れの)酉も今のままですよ。静かで独特な世界観があるような感じだったけど、タロット占いを大々的に始めた高2からは、休み時間に占ってほしい人が周りに集まってた気がしますね。ほんま、その頃からよく当たるって評判やったんすよ。

暮れの酉 高1のときはひっそりしてる系を演じてたんですけど、高2のとき、タロットカードを持って学校に行ってからはわりとわちゃわちゃと。

 高3の文化祭では、廊下に椅子と机置いて占いやってたんですよ、勝手に。クラスの出し物をほったらかして。

暮れの酉 うるさいな(笑)。

 で、そこにむちゃくちゃ長蛇の列ができてて「なんの列だ?」と思って見たら、先頭に酉がいたんですよね。そういえばあれ、先生に何も言われなかったん?

暮れの酉 なんも言われへんかったよ。ていうか、先生もお客さんとして来てた。

 先生は何の悩み相談するん?

暮れの酉 悩み相談っていうより、単に「占ってみて!」みたいな感じやったな。実は校内不倫とかの悩みあったんかな? 今やったら邪推が働くねんけど……。

──鰻さんも、その長蛇の列にお並びに?

 並ばないですよ。だって僕、占いあんまり信じてないですもん。

暮れの酉 ほんまにいつもこの調子やからな。

■占いを信じない鰻が暮れの酉を軌道修正

──占いをあまり信じてない鰻さんとの“占いラジオ”はいかがですか?

暮れの酉 逆に、すごい付き合いやすいです。僕は占いがある人生がすべてになっちゃってるから、多分ちょっとズレてるんですよ。だから、僕が占いに対する姿勢でちょっとおかしくなってるときに救われます。結婚したいって言ってる人に「この時期まで待ったほうがいい」って結果が出ることもあるんですけど、鰻くんは「結婚はスタートでしかないから」とか、ラジオで名言も言ってて。

 「結婚をゴールとしたらあかん」って話? いや、結構ベタよそれ(笑)。目標にはしていいと思うんですけど、それが幸せのゴールじゃないんで。幸せも苦労も、結婚してからあるからね。

暮れの酉 僕たちは占いをしていて、どうしても結婚するタイミングで幸せが決まるみたいなすり込みがあるんですよね。 でも、よく考えたらそうやわって。グッとなってるときに軌道修正してくれるんですよね。学びというか、現実に引き戻してもらう瞬間があります。

──信じていないとはいえ、19歳のときにプライベートで暮れの酉さんに占ってもらったことがあるとのことで。卒業後のご活躍は、風の噂で知っていたんですか?

 知ってましたね。だって、高校のときから既に働いてたやろ?

暮れの酉 高2で占いの教室に通い出して、そこのおじいちゃん先生にすごく世話をしてもらったんです。「君みたいに覚えのいい子はいない!」とかめっちゃあげてもらって気分がよくて。卒業する1カ月前からお店に所属してました。

 多分、天才です。めちゃくちゃ向いてたんでしょ。一緒にラジオをやって、ようやく占いの入り口くらいまではわかってきましたけど、占いって勉強したからって全員ができるようになるものではないんですよ。酉は、言葉のチョイスとか話し方が素晴らしくて、絶妙にうまい。元の性格のよさもあると思います。

暮れの酉 そんなに持ちあげないで。今、結構悩みをひとりで抱えちゃう人が多いから、そういう人が頼ってくれることが多いかもしれないですね。 やっぱり、思い当たる悩みを助けるのが占いなんでね。

 優しいんですけど、情をそこまで入れ込まないような気がしますね。よく言うと、人に干渉しないで「結局人は人」って思ってるタイプ。それも占い師に向いているところだと思います。

暮れの酉 その通り。バレてるなあ。あんまり干渉しすぎちゃうと、人の人生に巻き込まれちゃいますからね。

──累計8万人以上占ってきたとのことですが、印象的だった人はいますか?

 あれ面白かったで。会社のお金をちょろまかした人が「僕はバレずに逃げ切れますか?」って相談しにきた話。これは犯罪とかではないけど……。

暮れの酉 いや、犯罪よ(笑)。

 横領罪か。そういう人も占いに来るって聞いたとき、衝撃的でしたよ。

暮れの酉 そういう類のことをした人が占いに来て、「僕、今どんな相が出てますか?」とか聞いてくることもあります。悲喜交交の、いろんなお話が集まるのが占いですよね。

■鰻と奥さん・橋本・暮れの酉の相性は?

──鰻さんの奥さんも同級生だったとのことで。

暮れの酉 休み時間によく占いにきてくれて、仲よかったかなあ。あの子、昔っから可愛かったね?

 クラスの男友達が奥さんと同じ中学で、その男友達と奥さんが喋ってるのを見かけて、その後に「あの子誰?」って聞いて。でも、僕は誰にも好きとは言ってませんでした。

暮れの酉 鰻くんは高校時代、恋愛の面をあんまり見せへん人やったからな。

 そうなんすよ。ちょっと……硬派ぶってたんですよ。

暮れの酉 奥さんからは「百貨店で働こうと思うねんけど、どうかな?」とか、進路の相談も受けてたよ。

 僕はその情報をほかから仕入れて、高校卒業後に友達と百貨店までその様子を見に行きました。でも、緊張するんで遠目からちょっと見て挨拶するくらいの程度。

暮れの酉 はぁ〜! シャイボーイや。

──鰻さんと奥さんの相性を占ったことは?

暮れの酉 ないない。だって、聞かれたこともないからね。 

 信じてないっていう証拠でしょ?

暮れの酉 でも、相性めっちゃいいやん。

 あ、そう?

暮れの酉 鰻くんがダイヤモンドで、奥さんは土の星やねん。ダイヤモンドって土から取れるやん。だから、奥さんがエネルギーをしっかりくれる感じ。でも、あんまり僕の前では見せたことなかったけど、意外と時々感情が爆発する……?

 ああ、するする。めちゃめちゃわかる。これ、なんであたるんですかね? 不思議でしゃあないです。信じてないけど当たるんですよ。

──(鰻さんと暮れの酉さん)おふたりの相性はいかがですか?

暮れの酉 実は、こっそり見てます(笑)。

 へぇ〜、どうやったん? 何にも聞いてない。

暮れの酉 言ってなかったな。ダイヤモンドっていうのは、水を生み出すエネルギーなんです。僕は水なので、この人にパワーをもらってるんです。

 いいにはいいんや?

暮れの酉 うん、めちゃめちゃ。鰻くんからすると、自分の力をぶつけていく先が水になるから、「言いたいこと言うわ」みたいなイメージがあるんですって。ちなみに、60個の組み合わせがあるんですけど、その60分の1で橋本さんと僕が一緒なんです。鰻くんからすると、我々は楽にいれる存在。僕たちからすると、鰻くんから力をもらえるんです。

──ちなみに鰻さん、『M-1』(テレビ朝日系)前に神頼みなどをしたことは?

 神社とかは多少行ってましたけど、それも、本当の理由は原付に乗りたいから。大阪から、伊勢神宮とか出雲大社とか行ってました。ここぞってときはちょっと頼りたくなりますけど、目に見えないものはあんまり信じてないですね。

暮れの酉 でも、ほんまはそれが理想やと思うで。普段から占いを重視しすぎると、「人生占いで決めたん?」みたいな感じが……プロですけど、しちゃいますもんね。迷ったりとか、答えがわからへんときにテストみたいな感覚で使ってくれたらいいんです。かりそめの答えを作る感じでね。

鰻 和弘(銀シャリ)
1983年8月31日生まれ、大阪府出身。2005年NSCで出会った橋本 直とコンビ結成。2016年『M−1』優勝。2021年6月より暮れの酉とともににラジオ『酉と鰻とうらナイト』(MBS)のメインパーソナリティをつとめる。ポッドキャスト『銀シャリのおトぎばなし』(オールナイトニッポン)、YouTube『銀シャリチャンネル【公式】』URL配信中。

 

暮れの酉
18歳にして占い師デビュー。古今東西の占術を学び、その豊富な知識と技術を活かし、占いアカデミーの講師も務める。毎週金曜『占いリアリティSHOW どこまで言っていいですか?』(テレビ東京)にレギュラー出演。YouTube『暮れの酉【鳳凰数術】公式チャンネル』配信中。

 

 

0
Spread the love