COMITIA138&第三十三回文学フリマ東京で気になったもの。

「コミティアとはプロ・アマを問わないマンガ描きたちが自主出版した本を発表・販売する展示即売会です。」

コミティアについて

「文学フリマとは入場無料の文学作品展示即売会です。小説、詩歌、評論・研究、ノンフィクションなど様々な文学作品を出店者が自ら手売りします。ジャンルも純文学からSF、児童文学からアイドル評論まであり、出店者・来場者の年代層も10代〜90代まで幅広いイベントです。来場者は見本誌コーナーで各ブースの作品見本を自由に立ち読みすることができ、ブースで作品を購入することができます。」

文学フリマの楽しみ方

【筆者プロフィール】
ふぢのやまい
●1994年生まれ。漫画研究。編著に『「百合映画」完全ガイド』、ZINE『霊障』。


 コミティアにサークル参加しました。
 コミティアは自主制作のオリジナルマンガを中心に、イラスト・小説・評論などなどを主に冊子形式で頒布される即売会です。冊子形式とありますが、ペーパーやディスク形式や単語帳のような形だったり、実際にはかなり多様な形式で頒布されており、そのあたりも商業媒体ではなかなかできない制作物となるコミティア独自の魅力にもなっているかと思われます。
 今回は東京ビッグサイト青海展示棟で開催される最後らしく、観覧車に近い会場との別れを惜しむ声もチラホラ。次回COMITIA139からは東京ビッグサイト東4・5・6ホールに戻るみたいです。
 コロナ以前以降との違いは?と聞かれると、なかなか難しいのですが、正直入退場の煩雑さをのぞけば大きな変化はないのかな?という気もします。ただやはり参加に必要なチケットの役割を果たすカタログが発行を抑えているせいなのか、なかなか入手ができませんでした(自分も売り切れで買えず)。

 今回のコミティアでは6月、9月の開催よりも感染状況が落ち着いていることもあり、前回までのように当日欠席するサークルによる空席が目立つような状況でもなく、本の売り上げの勢いがかなり伸びているように感じる声をまわりでは聞きました。実際、私自身も売り子をしながら「今回のCOMITIA138で久々にイベントに買いに来ました」というお話もチラホラ伺いました。最初から通販を告知しているような大手サークルでも(というかそうであるほど)、とにかくバンバン売れている状況だったように感じます。ただSNSでの告知も行っていないような極小サークルになってくるとなかなか手に取ってもらえず…という状況が続き、全く売れてないサークルは全く売れてない、そんな二極化が進んでいるような印象もあります。私個人の想像なのですが、要因としてサークル前での立ち読みを遠慮し合う雰囲気も影響しているのではないかと感じました。会場での見本誌スペース、見本誌読書会の縮小などもそのあたり影響しているのかもしれません。いずれにせよ「読んで面白かったから買う」ではなく「読んだことあって知っているor聞いたことがあるから買う」がもっと強くなっているような(そんなに関係ないのかもしれません。そもそも14時以降は撤退するサークルばかりですし…)。


マンガ


おそらく一番の話題の藤想『ケモ夫人』

https://twitter.com/kanon_pic/status/1462433281517899787?s=20

つくみず

https://twitter.com/tkmiz/status/1458400407340793860?s=20

鬼頭莫宏

https://twitter.com/mohiro_kitoh/status/1462627231792914434?s=20

あたりの超大手は買えず…。

立藤ともひろ『限界!富士登山日記』

https://twitter.com/uguisucolor/status/1461916477024468993?s=20

とにかくページ開いただけで圧がすごい立藤ともひろさんの富士登山レポマンガ。本当に一瞬で売り切れていた。登りながら一息ついていくときのデフォルメされた顔がどれもかわいい。そこはかとなく黒田硫黄を思わせるタッチ。あとがきを読んではじめて富士山が女人禁制だったことも知りました。そしてその禁止を破り富士山に登った『高山たつ』なる人物もすごい。

さ巫女『合宿免許完全必勝法』

https://twitter.com/s35_mmsg/status/1459348536990916612?s=20

「女子大生が教習所を破壊する百合漫画」、ほんとうにそう。謳われている広告とのギャップ、「死に覚え」できない理不尽さ、みんな真似する頭文字D…。構成がうますぎるし、ディティールのひとつひとつに笑わせられた。ヤンマガで受賞したが公開されることのない『ジャスコ行こ!』もその公開されなさから読みたくなる。

『一壷天』

https://twitter.com/s_otamin/status/1459853628370472972?s=20

10人のコミティア作家によるなんでもありなアンソロジー雑誌。「なんどもあり」なそのわりに多摩丘陵の大学建築、千里ニュータウン、京急油壷マリンパーク閉館に寄せて…などひと癖ある土地へ愛のある記事が並ぶ。東京工科大学八王子キャンパスは圧倒されますよね。

西瓜士 『ストランディング速報』

https://twitter.com/Fortyone_go/status/1461919885374623745?s=20

クジラの漂着とそれに翻弄される人々を描いた短編。コピー本ながら12pでここまで雰囲気を出せてしまうのが恐ろしい。前作よりもより荒々しいタッチと洗練された吹き出しの中を暴れまわる方言がとてもよかった。


クドウナオコ

https://twitter.com/kudounanako4/status/1457672142716235779?s=20

https://beetail.base.shop/(通販ページ)
サンプルページを見れば一目でわかるようにとんでもない密度で描かれたSF?ファンタジー?漂流譚。大友というより諸星?メビウス?あたりに影響をうけたのだろうか。

甘盛かふぇいん

https://twitter.com/momyoraratityan/status/1462178369320062980?s=20


迫力のあるタッチで圧倒的な個性を持っている甘盛かふぇいん。今回はストーリーマンガを配布していたが一瞬で完売。海外でも人気が出てきているらしく、ますます今後の作品が読みたい。

モイタ『ナマズが一匹』

https://twitter.com/73mt73/status/1460932255791005699?s=21

完全に表紙買いだったが、この雰囲気そのままに独自の切なさと文学性を持った百合マンガ。村上春樹の『シェエラザード』を思い出しました。

芦藻彬『SCISSIONE/分裂』

https://twitter.com/akiraturu/status/1462070644049252357?s=21

イタリアの建築家カルロ・スカルパが手掛けたブリオン家墓地という建築を探索するというあらすじのマンガ…なのだが、リングを使って、分岐していくループマンガ(!?)だった。キネトスコープ的な読書体験が新鮮で楽しい。


たいぼく『おしりにトンネルできて入院しました』

https://twitter.com/taiboku/status/1463887696590356483?s=20

久々のたいぼく先生の新刊。痔瘻を図解入りで説明されると本当にキツい。

評論


『漫海』

https://twitter.com/squid87res/status/1436962923872587782?s=20


海外マンガ紹介Youtuberげそにんらによる海外マンガ雑誌、漫海。前回大変な反響を呼んでおり、今回も「バンド・デシネを知るための必読文献10」なる無料ペーパーと併せて出店。第2号も楽しみ。

東北芸術工科大学漫画研究同好会『Melt Vol.1』

https://twitter.com/geikou_manken/status/1465262340002041860?s=20

自身もマンガ家である佐藤タキタロウ氏編集の雑誌。『ルックバック』のあの舞台にもなった「東北芸術工科大学」の部誌という体裁ながら、エッセイから編集後記に至るまで作りこまれている。対談をしている吉野マト先生含め、執筆者が全員2000年以降の生まれであるのがおそろしすぎる。

第三十三回文学フリマ東京


めずらしく(?)文フリとコミティアが同日開催ではなかったので、なか1日を挟んでコミティア後の疲れた体で文フリも巡りました。今回の文フリの会場は東京流通センター第一展示場。疲れていてモノレール乗り過ごして羽田空港まで行きましたが…。 文フリのほうが、読者と作家の距離が近くていつもビビります。


評論批評

『痙攣 Vol.2 もう一度ユートピアを 国内音楽特集』

https://twitter.com/BLUEPANOPTICON/status/1462056871120949248?s=20

音楽批評同人誌。自分も執筆者なのでここで紹介するのも憚られるのですが、文フリですれ違う人ほぼ全員が持っていた。伏見瞬『ART-SCHOOLと「出口なし」の無意識』がよかった。「根深い愚かさと共にしか生きられない人間のために、罪深い夢に憑りつかれたままの人間のために、ART-SCHOOLは存在している」。

 


『サブカルチャーと生存 第六次生存報告書』

https://twitter.com/subcul_survival/status/1462389042029350915?s=20

「自殺者本読書会 第二回」がとにかく刺激的。前号でも二階堂奥歯や山田花子などの変に神格化されがちな対象を精緻に読んでいて感動があった(もちろん参加者たちが気概を持っている切実さゆえのことだろうけど)。誰しもがハマっていたことすら忘却したい「あの頃」の本に対して、懐古でも再評価でもなく、インターネットである種のバズを狙って行うでもなく、ある種の距離感を保ちつつ、読書会を行い読める形にまとめあげた点を評価したい。

『100mをありえないような速さで走る50の方法』

https://twitter.com/mogerukiriyama/status/1462569272585043975?s=20

一冊丸ごと柴田聡子の歌詞考察本。著者がフリッパーズギターのミニコミを過去に出していたからか、柴田聡子に「文脈」があることに驚かされる。


『奇書が読みたいアライさんの「全2巻のSFコミックはすべて名作!」SP』

https://twitter.com/SF70687131/status/1459478200698880001?s=20

いまやすっかりツイッター上の読書クラスタでは有名なアライさんによるマンガレビューコピ本。毎度のことながら、手広さとあらすじをなぞるだけにとどまらない博識ぶりにビビる。ウエダハジメを「富野由悠季を理解しすぎて本家の向こう側へ到達してしまった」と称していて言い得て妙だと思った。


『謎の物語ブックガイド』

https://twitter.com/kimyonasekai/status/1465991020995170312?s=20

丁寧にあらすじ紹介が書かれているブックガイドと思いきや、そのどれもが断絶するかのようにぶつりと途絶える。それもそのはず、本書は「物語中で提示された謎が謎のまま終わってしまうという<リドル・ストーリー>を紹介したブックガイド」である。了解できる人がどれほどいるのかはわからないが、紹介されている作品タイトルを見るとだいたい納得してしまう。コルタサルやデ・ラ・メアが並ぶ「物語自体が謎につつまれている作品」が一番読んでいて楽しかった。物語自体が謎につつまれている作品があらすじをすらすらと思い起こせるほど親しみやすい作品であるはずもなく、こうしたガイドブックは本当に助かる。

小説


『異界觀相』

https://twitter.com/zo_Q_kai/status/1464760956454686725?s=20


短歌から論考、実験小説まで、独特な文章が続く冊子ではあるが、アルドラ(短期派遣龍アルバイトドラゴン)による『統失日記』が日記と称していながら、題材が題材だけにどう形容するのが正しいのかすらわからないが、そのフィクション性が群を抜いていて読みごたえがあった。ベケットの名前が唐突に出てきたり、ラストで猫の墓に向かったり、どこまで作為的なのかが気になる。個人的には『クリーン、シェーブン』を思い出しました。

『岡田睦作品集』

https://twitter.com/teketeke12345/status/1464546698814836737?s=20

とびきり今回の文フリで話題になっていた作品集。
生活に困窮し、私小説作家で…と来ると重い文体を想像してしまうが、びっくりするほどユーモラスで軽い。たとえばこんな1行目、「オシッコして、手洗いを出たとたん、ストレートパンチを喰らった」(『As Time Goes By』)。表紙の川崎ゆきおの雰囲気がマッチしている。

本村トマソン『探さないでください』 

https://twitter.com/tomasonmotomura/status/1462637563152257031?s=20

まったくのノーマークだったのだが、友人に勧められて購入。長嶋有とか柴崎友香のエッセイのようだなと思い浮かんだが、すっとぼけた比喩と文体の中で切実さをきらめかせながらずっとすっとぼけていくのに誠実さを感じた。今回の文フリで一番の収穫。

『機関精神史4号』も買ったものの、話題となった「四方田犬彦6万字インタヴュー」の圧にやられてまだ全然読めてない。

https://twitter.com/Neo_Mannerism/status/1462391348758134789?s=20
https://twitter.com/cydonianbanana/status/1466685837501157377?s=20
https://twitter.com/Qtanka/status/1463004334266859525?s=20

その他購入したものでSF短編アンソロジー『無花果の断面』で石井僚一の名前を見つけてうれしかったし、青松輝個人誌『demotape』、『untitled』もよかった。『カモガワGブックスVol.3』、『圏外通信 2021 裏』、まつきりん『わたしたちのエンドロール』などは売り切れで買えず。いつだってほしいものがあとから出てくる。みなさん通販よろしくお願いいたします。

 

0
Spread the love