安藤玉恵×ともさかりえ<後編>「稽古場で松尾さんからいろいろな言葉をもらうのが楽しいです」【松尾スズキがおくる二人芝居『命、ギガ長スW』まもなく上演!】

2019年に松尾スズキと安藤玉恵によって上演された二人芝居『命、ギガ長ス』が帰ってきた! 認知症気味の80代母親とニートの50代息子という、世間的にはにっちもさっちもいかない親子をポップにユーモラスに描き、ラストでは替えのきかない二人の関係に切なくも希望を感じさせられた作品が、キャストも新たに再演されるという。初演にも出演した安藤玉恵と、松尾作品には初挑戦となるともさかのスペシャル対談を前後編でお届け。後編では、松尾演出の不思議について語り合う! 初演経験者の安藤にともさかが聞いておきたいこととは?

撮影:為広麻里(安藤玉恵)、大槻志穂(ともさかりえ) 取材・文:石本真樹 構成:末光京子

ヘアメイク:大和田一美(APREA)(安藤玉恵)、伴まどか(ともさかりえ)

スタイリング:salon de GAUCHO(Kei)(安藤玉恵)、斉藤くみ(ともさかりえ)

★『命、ギガ長スW(ダブル)』スペシャルインタビュー記事一覧はこちら

 

東京成人演劇部vol.2『命、ギガ長スW(ダブル)』

松尾スズキが2019年に書き下ろした伝説の二人芝居が蘇る!

宮藤官九郎×安藤玉恵、三宅弘城×ともさかりえのダブルキャストで上演

2019年に、松尾スズキが“演劇を始めた頃の素朴な喜び”を求めて立ち上げた「東京成人演劇部」。その旗揚げ公演となったのは、松尾スズキと安藤玉恵による二人芝居『命、ギガ長ス』だった。8050問題というシリアスなテーマを扱いつつも、人間の可笑しみや切なさ、親子の愛を感じさせる濃密な芝居は話題を集め、チケットは連日完売に。そして2022年、『命、ギガ長スW(ダブル)』とタイトルを改め、宮藤官九郎と安藤玉恵によるギガ組と、三宅弘城とともさかりえによる長ス組のダブルキャストで再演が決定!

<あらすじ>

80代で認知症気味の母親・エイコと、ニートでアルコール依存症の50代の息子・オサム。そんな彼らのドキュメンタリーを撮るため、映像作家志望の女子大生・アサダは二人に密着していた。パチンコに依存し、なぜかうまい棒ばかりを食べ続けるエイコと、エイコの年金をあてにして働きもせず酒を飲み続けるオサムだが、アサダは彼らの本心を掴めず、ドキュメンタリー作りは難航する。アサダのVTRを見た彼女の所属ゼミの教授・キシは、ある問題を指摘する。エイコとオサムには秘密があったのだ―――。

<スタッフ・キャスト>

作・演出 松尾スズキ

出演 ギガ組…宮藤官九郎×安藤玉恵 長ス組…三宅弘城×ともさかりえ

★3月4日より、東京公演(下北沢、ザ・スズナリ)がスタート。大阪、北九州、松本公演あり。

★公演詳細は、公式ホームページへ。

 

松尾さんと同じスーパーに通っていることが心強い

――絶賛稽古中ということですが、松尾さんの演出はいかがですか?

 

ともさか 私は初めましてなので、そもそも初めてご一緒するということへの緊張感がすごいです。ホン読みのときとかも、本当に吐きそうになるぐらい緊張していましたから。でも、とても細やかで優しい方なので、稽古が進むにつれて緊張がほぐれてはきました。松尾さんとご近所さんだったことも発覚して、私の心の扉が開いて(笑)。今はご近所だということが、心の支えになっている部分もあります。

安藤 同じスーパーマーケットに行ってるということですもんね。

ともさか そうなんです。生活のエリアが一緒だと、不思議と心が落ち着く感じがして(笑)。

安藤 心強いですよね。

ともさか はい(笑)。稽古場で松尾さんからいろいろな言葉をもらうのが楽しいです。

安藤 視覚的に「これやってみて」という細かい指示がすごく瞬発的ですよね。稽古をしていて止まったときに、「ちょっとあそこはこういう風に変えてみて」といった指示がすごく速い。瞬間的に思いついたことを的確に伝えてくださって、実際にやってみたら面白くて、本当にすごいです!

ともさか わかります。明確だからキャッチしやすいし、「なるほど」とすぐ腑に落ちる。確かに松尾さんに言われると、今までなんとなくモヤッとしていたことがしっくり来たなと感じるんです。一本線が通った感じがするというか。

安藤 そうそうそう。そうなんです!

 

――ともさかさんは今回、あえて安藤さんと松尾さんの初演を見ずに挑まれているそうですね。

 

ともさか 見るの怖いです、絶対ヤダ!(笑)

安藤 絶対ヤダ、わかる。

ともさか エイコがギターを弾くシーンと、エイコからアサダに変わるときにどれくらい様子が変わるのかを知りたかったので、その2つのシーンだけは拝見しました。

安藤 アサダからエイコに変わるときには、ほうれい線とかも描くんですよ。

ともさか やっぱり、いちいち描いているんですか?

安藤 着替えて描いて。

ともさか 描いては消して。

安藤 そうそう。

ともさか 大変! それが気になっていて、今日聞こうと思ってたんです(笑)。

 

――稽古も別々なので、安藤さんがアドバイスすることもあまりないんですね。

 

安藤 まったくないです(笑)。

ともさか 聞きたいことはもちろんたくさんあるんですけど、どうにか私と三宅さんで成立させないといけないと思っていて。

安藤 そうですよね! 本当にホンが面白いから、初演のときから他の誰かがやっているのを見たいと思っていたんです。だから今回嬉しくて、いつ長ス組の舞台を見ようかなと今から楽しみで。初日に見るか、松本の千秋楽で見るか、ゲネにしようか…(笑)。

ともさか 私、怖くて見れない! これだけはお願いすればよかったと後悔していることがあって。私たち長ス組を一日早く終わらせてもらって、松本の大千秋楽で安藤さんたちギガ組のお芝居が見たかった!

安藤 じゃあやっぱり私も松本にします!

ともさか 見たいけど、どうしよう…(笑)。

 

客席が揺れる、小さな空間での二人芝居

――東京のザ・スズナリからはじまり、他の地方もわりとお客さんを間近に感じる小さめな劇場ですよね。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ