フォールガイズのガイズは竹内力より大きい! えなこも登場「東京eスポーツフェスタ2022 」イベントレポート!

ゲームはそもそもメタバース!引き続き話題を集めているeスポーツの競技会と関連産業の展示会「東京eスポーツフェスタ2022」が、2022年1月28日(金)~30日(日)、オンライン上にて開催された。

取材、文、撮影・TV Bros.編集部

東京eスポーツフェスタ2022公式ページ

会期中はeスポーツ競技大会や関連産業展示会、セミナー、学習企画など eスポーツに関するさまざまなコンテンツが公式 WEB サイトや動画配信チャンネルなどで配信された。今回はその中でもオープニングの模様や、eスポーツ競技会など特に印象に残ったパートをイベントレポートとしてお届けする。

小池都知事えなこも登場のオープニング

オープニングのセレモニーでは、東京eスポーツフェスタ2022の名誉委員長も務める小池百合子東京都知事からビデオメッセージが届いた。

Eスポーツが世界中のプレイヤーと、オンラインでコミュニケーションをとりながら行えること、競技人口も年々増え、産業の市場としても広がっていること、そして年齢や性別など様々で多様な個性を持った人々が同じルールで楽しめることが大きな魅力であり奥深さだ。この東京eスポーツフェスタ2022でさらにeスポーツの裾野が広がり、関連産業のビジネスの発展にもつながることを期待していると話した。 

実際、今回の競技大会の中でも親子で参加するファミリー部門の競技などがあり、親は昭和の時代のように高橋名人と一緒に子供のゲームを1時間までだと止める存在ではなく、一緒にプレイし大会にも参加する時代になったのだなと、eスポーツの新たな魅力を再確認できた。

写真右・一般社団法人日本 e スポーツ連合 会長・岡村 秀樹氏

また、実行委員会の特別顧問一般社団法人日本 e スポーツ連合会長・岡村 秀樹氏は「2022年9月に中国で行われるアジア大会にて正式にメダル競技として実施されることになった、そこへの選手の派遣をまさに進めている。今年が新たに(eスポーツの国際競技としての)元年になるのではないかと思う。ただ、そこにひとつ課題があるとすれば『アンチ・ドーピング』であり、eスポーツのさらなる振興のため啓発、啓蒙の起点にして行きたい。また幅広い分野、世代への産業振興の波が東京を起点に拡がっていくことを願っている」と話した。

さらに公式アンバサダーのえなこも登場し、「衣装の胸や腕のパーツに配されているロゴが気に入っている」と自身もデザインに参加したという衣装のポイントについて話していた。

公式アンバサダー えなこ
左から、東京 e スポーツフェスタ2022アシスタントMC 阿部 麻美、メイン MC平岩 康佑、公式アンバサダーえなこ、一般社団法人日本 eスポーツ連合・会長岡村秀樹氏、アシスタントMC初美 メアリ

ブランド豚 TOKYO Xをかけた企業同士の熱戦!企業交流戦

次なるステージは企業交流戦。関連産業の展示会に参加した企業とゲストのえなこを加えた17名で様々な仕掛けのあるステージを進んでいき、最後まで残った1名が勝者となるゲーム「Fall Guys: Ultimate Knockout」 で競い合った。

参加者は年齢も、性別もバラバラでアバターで参加する選手もおり、eゲームの競技会らしいラインナップとなっていた。そしてここに公式アンバサダーのえなこもゲスト参戦。「リリース当時からプレーしているゲームなのでぜひ勝ち残りたい」と意気込みを語った。メイン MC 平岩康佑氏は「ゲーム自体がリリースから何度もアップデートされ様々なステージが追加され難易度が上がっており、突発的なトラップに巻き込まれないか、やり込んでいるステージが来るかどうかという運の要素も大きく、そこに加え、いかに多くのステージをやり込んでいるかが大事になる」と説明していた。

フォールガイズのガイズはとにかく大きい

実際のゲームが始まると問題なく第1ステージをクリアしたえなこだったが、第2ステージでは配信画面が間に合う間もなくえなこが脱落。早くも波乱の展開に!大会自体は第2ステージは8名、第3ステージは6名、第4ステージは4名と次のゲームへの挑戦者が絞られていき、第5ステージで1名の優勝者が決まる。その熱戦の合間に平岩アナは「フォールガイズの世界観はとても可愛らしいがキャラクターのガイは身長180cm以上ある」という豆知識を披露。竹内力よりガイズの方が大きいということが判明した。また、公式で発表されたガイの骨の画像が公開されていたが、えなこは「結構不思議な生き物だ」と素直な感想を話していた。

そんななか交流戦は進んでゆき、本来優勝者が決まるはずの第5ステージでも決着がつかず試合は延長の第6ステージに。株式会社オブジェクトとeスポーツユニフォームブランド「ジートリガー」の一騎打ちの延長戦に突入!

この最終決戦を制したのは 株式会社オブジェクトの高橋麻理さんだった。優勝した高橋麻理さんは普段は声優をしているという事で、事務所スタッフにお肉をゲットした喜びを伝えた。普段は声優espots部としても活動しているのでこれからも声優としてeスポーツを盛り上げたいと話していた。

途中敗戦したえなこは「悔しすぎて落ちたとも言えなかったけれど良い思い出になった」とこの対決を締めくくっていた。

えなこ選手と優勝者の高橋麻里選手

世界レベルのドライブシミュレーターでの戦い!「グランツーリスモSPORT」決勝大会!

もうひとつ気になったステージが二日目の「グランツーリスモSPORT」決勝大会。「グランツーリスモSport」は、自動車メーカーとのパートナーシップにより車の挙動までも再現実際のレースコースも再現しているリアルドライブシミュレーター。今回の決勝では予選を勝ち上がった8名が決勝に参戦する。
実況はスポーツキャスターの村田晴郎氏。


解説は全国都道府県対抗eスポーツ大会2019 2020優勝者の山中智瑛氏が行う。

実況の村田氏は「eスポーツ全体が盛り上がっているがその中でも『グランツーリスモSPORT』は本物のレースに近いような擬似体験ができるので楽しみにして欲しい」とコメント。一方、解説の山中智瑛氏は今回は非常に若い選手が多くそんな選手たちが経験のある選手特に宮園拓真選手にどう立ち向かって行くかが楽しみだと話した。

今回の決勝出場者8名の中でも宮園拓真選手はグランツーリスモSPORT」の世界大会でも優勝している文字通りのワールドチャンピオン。世界レベルの彼にどれだけ若い選手が肉薄できるかというのが見所の、非常にレベルの高い決勝大会だ。

加えて、今回のレースの舞台「東京エクスプレスウェイ南ルート外周り」は東京首都高速道路をモチーフにしたコースでとにかくアクセルを踏み込む時間の長いコース。見覚えのあるコースを普段決して出せないスピードでレーシングカーが駆け抜けて行くところに爽快感を感じる舞台だ。

先ずは10分間のタイムトライアルを行いグリッド(レースの走行順)を決めて行く。山中氏によると「実際のレースと同じように先行する車の後ろにピタリとつくことで空気抵抗を落とし車のスピードを上げる『スリップストリーム』も発生するので、それをどのように狙って行くのかも戦略の一つ」とのこと。ただ、それを発生させるにはコンマ7秒以下に先行する車との距離を調整する必要がありその距離を保つにはかなりの技術が必要だ。加えて、車の種類にもポイントがある。端的に言えばコースにあっている、そのコースで早く走ることのできる車が有利。今回で言えば”プジョーVGT”がそれに当たる。 ただ混戦になると加速力のある”NISSAN GT-R”が有利になる可能性がある。実際決勝参加者の車はこの2台のどちらかが多く、選手ごとの戦略が分かれる形となった。

そして、コース中にある走行スピードを落とすためのS字クランク(シケイン)も非常に大事なポイント。これをクラッシュせずにどう走行して行くかもポイントだ、ここで4輪とも脱輪する(4輪すべてがコース外にはみ出した場合)とコンマ数秒のペナルティが発生してしまうのだ。

決勝進出者のEDGE選手、とかり選手の両名は 高校生のドライバーであり実際のカートのレースでもドライバーとしても活動している。リアルでもeスポーツ上でも日本のレース界の未来を担うレーサーでもある。まだ免許を取得できないタイミングで実際の運転に非常に近い体験のできる「グランツーリスモSPORT」のようなeスポーツのレーシング界への貢献は非常に大きいのだ。

タイムトライアルの結果ポールスタートは、とかり選手、2位EDGE選手、3位宮園選手

三つ巴の決勝レース

決勝レースではとかり選手が自身の得意戦法である先行逃げ切りの形で首位を独走する形でスタート。対する宮園選手は追い抜くタイミングを狙い3番手でチャンスを狙い、さらに後続が続く。解説山中氏は、「宮園選手は実際には抜くチャンスはあるが1位になるチャンスを狙いあえてこの位置にいるのでは」と分析する。


全15周のレースも中盤、先頭集団にいたEDGE 選手が脱落し、それ以降のレースは”とかり選手”、”CRV選手”、”宮園選手”の3者の争いになっていく。解説の山中氏が話すには「宮園選手が待っていたのはトップのとかり選手と2位のCRV選手の車間距離が0.7秒以下になるタイミング」だ。そのさらに0.7秒以下の位置に自分のプジョーVGTをキープし続け、さらなるスリップストリームが発生する瞬間を狙っている。

高校生のトップeゲームプレイヤー達 記事最後にはえなこフォトギャラリーも

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。有料会員登録は 会員登録はコチラ

投稿者プロフィール

TV Bros.WEB
TV Bros.WEB
テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額800円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。
0
Spread the love