日本中を沸かせたゲーム音楽の魅力を伝える4番組を前後編でご紹介! SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2021 Online 音楽番組大特集!後編

 国際的な競技大会の入場曲に使われた事も記憶に新しい”ゲーム音楽”。その魅力をもっと深掘りできる音楽番組をスクウェア・エニックスが、1996年の初開催以来、毎年秋に行なわれている日本最大規模のゲームイベント『東京ゲームショウ』(TGS)で、4番組公開することが決定!ならばということで、テレビブロスでは前後編で”ゲーム音楽”の魅力を様々な角度からご紹介します。後編の今回は”ゲーム音楽”界のレジェンドたちが登場です!

取材・文 山口哲生
撮影 笹森健一

SQUARE ENIX MUSIC TGS 2021 スペシャル音楽番組

Youtubeニコニコ生放送Twitchの各チャンネルで配信

■番組スケジュール
・10/1(金)21:00~Lounge Jam – SQUARE ENIX MUSIC TGS 2021 Special Live –
・10/2(土) 14:15~植松伸夫の「山男はモテると聞いて…」
・10/2(土) 22:00~ SQUARE ENIX JAZZ LIVE PAINTING 
・10/3(日)15:30~教育番組「世界のOKABE」

■TOKYO GAME SHOW 2021 ONLINE 「SQUARE ENIX MUSIC」特設サイト
https://www.jp.square-enix.com/music/sem/page/tgs2021/

米・Time誌で「革新者」として紹介される作曲家 植松伸夫

 『ファイナルファンタジー』シリーズを始め、音楽を手がけたゲームタイトルは30作超え。ゲーム音楽ファンからの熱狂的な支持はもちろんのこと、ゲーム音楽制作者だけでなく、他分野のアーティストにも大きな影響を与え、米・Time誌の「Time 100: The Next Wave – Music」で、音楽における「革新者」のひとりとして紹介されるなど、世界的にも評価されている作曲家、植松伸夫。現在は音楽制作会社ドッグイヤー・レコーズを設立し、オーケストラコンサートや自身のバンド・EARTHBOUND PAPASでのライヴを開催するなど、多岐にわたる活動をしているが、TSG2021のスペシャル企画として、植松によるトーク番組『植松伸夫の「山男はモテると聞いて…」』が、10月2日(土)14時15分から配信される。

https://www.youtube.com/watch?v=NW22Xxekjhc

 この番組は、植松がスクウェア在籍時に共に過ごしていた河盛慶次(スクウェア・エニックス/ミュージックディレクター)と、伊勢誠(スクウェア・エニックス/サウンドディレクター)の2人を、山奥にあるロッジに招くというもの。子供の頃にボーイスカウトに入っていたこともあって、実はアウトドア派という植松。『山男』という番組タイトルの通り、薪割りをしていたり、「友達が来るので、コーヒーを淹れようと思って」と、生豆を煎り出したりと、世界的巨匠のレアな一面も映像に収められている。

 また、番組では、SQUARE ENIX MUSICのTwitterアカウントにて「#教えてノビヨ師匠」というハッシュタグで募集していた“植松伸夫に相談したいこと”についても回答している。音楽にまつわるものはもちろん、フランクなものまで、多岐にわたる質問に笑顔で答えていく植松。付き合いの深い河盛、伊勢の2人も、「意外だった」「初めて聞いた」と驚くエピソードが次々に飛び出す。そのなかでも、好きなバンドの話や、その演奏の魅力やリズムについてなど、音楽についての話題になると、真剣な表情になったり、言葉の端々に熱を帯びたりと、氏が今もなおひとりの音楽ファンであることがひしひしと伝わってきた。

 番組後半では、焚き火を前に思い出話に花を咲かす3人。当時の制作環境についての話から、スクウェア時代にあったハワイ・ホノルルオフィスでの話など、気心の知れた間柄だから生まれたエピソードばかりだったのだが、番組ラストでは、これから自身が取り組みたいことについても明かしている。

 ゲームファンだけでなく、音楽フリークにとっても必見のプログラム『植松伸夫の「山男はモテると聞いて…」』は、10月2日(土)14時15分から配信スタート!

クリエイター達の”即興”教育番組「世界のOKABE」

https://youtu.be/219K7Fz9EQo

  スクウェア・エニックスが配信するTGS限定スペシャル音楽番組。ラストを飾るのはこの番組! 2010年の初作品発表以降、深遠なストーリーや幻想的なサウンドなど、独創的な世界観で熱狂的な支持を集めている「NieR」シリーズ。今年2月から正式サービスが始まったシリーズ最新作のスマートフォン向けタイトル「NieR Re[in]carnation」も1500万ダウンロードを突破し、全世界のゲームユーザーから熱い視線を注がれている。そんな「NieR」シリーズの中心人物である岡部啓一(「NieR」シリーズ:コンポーザー)と、ヨコオタロウ(「NieR」シリーズ:クリエイティブ・ディレクター)によるTGS2021スペシャル番組、『教育番組「世界のOKABE」』が、10月3日(日)15時30分から配信される。

 タイトルからして一体どんな内容なのか少し想像がつきにくいかもしれないが、この番組は、ヨコオが番組のために作ったストーリーに対して、岡部がそれに合った楽曲を作り、ひとつの物語を完成させるというもの。“教育番組”とタイトルにあるのは、超一流クリエイターが、普段は見ることのできない仕事の裏側を惜しげもなく公開していて、ゲーム業界の未来を担うクリエイターの卵にとって、たくさんのヒントやアイデアが詰まったプログラムになっているからだ。

完全新作の『物語の世界観、音楽』が完成していく

 番組は、ヨコオ主導でプロットを作成していくところからスタート。自身がいつもどのようにプロットを作っているかを、ユーモアを交えながら説明しながらも、凄まじいスピードで手を動かしていくヨコオと、実際に楽曲を作ることを想定しながら、ヨコオの発想を聞きつつ、自身のオーダーも出していく岡部。そんな2人のちょっとした駆け引きを交えたやり取り見ていた、番組の司会進行を務める齊藤陽介(「NieR」シリーズ:プロデューサー)が、「たまにはハッピーな話でもいいじゃん……」とポツリ。実際にどんなストーリーになったのかは、番組をご覧いただきたい。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love