幹葉「ハッピーになれる内容でリスナーに恩返しを」『YOKOHAMA RADIO APARTMENT 笑顔モリモリらじお☆彡』(神奈川・FMヨコハマ)

今後の展開に期待大なスピラ・スピカの幹葉がDJを務める『YOKOHAMA RADIO APARTMENT 笑顔モリモリらじお☆彡』(神奈川・FMヨコハマ)は、彼女の明るさと軽妙な阿波弁での語り口が特徴的な、リスナーに楽しさや笑顔をもたらしてくれる番組だ。
そんな幹葉がラジオに魅せられたきっかけや、ラジオに打ち込む理由をインタビュー。リスナーが笑顔になれるのは、彼女のラジオDJへの道に意外な苦労があったからこそ。気持ちが落ち込んだときは、ラジオで彼女に元気を分けてもらおう!

取材・文/やきそばかおる 撮影/ツダヒロキ

※発売中の「TV Bros.11月号あいみょん特集号」での記事に入りきらなかったお話を掲載しています

 

<プロフィール>
幹葉(みきは)(スピラ・スピカ)●徳島県生まれ。2018年にスピラ・スピカのボーカルとしてメジャー・デビュー。『ガンダムビルドダイバーズ』や『その着せ替え人形は恋をする』をはじめとした多数のアニメソングを担当している。出演番組にラジオでは『スピラ・スピカ 幹葉のちょっと喋らせて~!』(福岡・FM FUKUOKA『あにぺろ』内コーナー 毎月第一火曜午後9・00~)、『A-Voice -road to musician スピラ・スピカのやっほーラジオ』(徳島・FM徳島 毎月第四金曜午後9・00~)、テレビでは『なすなかにしのゲームキングダム』(BSイレブン 毎週火後11・00~)がある。

<番組情報>
『YOKOHAMA RADIO APARTMENT 笑顔モリモリらじお☆彡』
神奈川・FMヨコハマ 毎週水曜午後10・00~11・20
出演 幹葉
●番組名の通り、聞けば思わず笑顔になるような話題や音楽をリスナーに届ける、阿波弁と語り口が特徴的な幹葉の生放送番組。今年4月の改編で放送時間が大幅に増え、気合十分。ハッシュタグは「#スピモリ」。

年の差を埋めるのは、愛なんです! 尾関高文(ザ・ギース)&広本瑠璃(OCHA NORMA)『年の差ラジオ』(広島・RCCラジオ)

「「テレビブロス8月号ラジオ特集号」」の記事
  • 関西ラジオ界のスターが夢の対談!ラジオでつながる“師弟”<完全版>浜村淳×福島暢啓(MBSアナウンサー)【テレビブロス8月号ラジオ特集号】
  • 「リスナーの心の隅にいつもいるような存在になれたら」森谷佳奈(BSSアナウンサー)【テレビブロス8月号ラジオ特集号】
  • 大先輩・横山雄二アナの欠席裁判!? 河村綾奈(RCCアナウンサー)が『ごぜん様さま』(広島・RCCラジオ)で学んだこと
もっと見る

 

「FMヨコハマってやばいラジオ局だな」(笑)

幹葉さんはラジオでもライブのMCでも、いつも阿波弁でたっぷりと喋っています。ところが子供の頃は人見知りで、たくさん喋るようになったのはデビューしてから。人から「阿波弁が面白い」と褒められる度に嬉しくなってどんどん話すようになっていったそうです。

 

――幹葉さんといえばミュージックビデオのひとつに映像を見ながら早口で話しているバージョンがあって、幹葉さんは噛まずに喋っているからすごいです。

 

ラジオに出させてもろうているうちに噛まずに喋れるようになったというのもありますが、噛んでも噛んでいないふりをして強行突破する術も覚えました(笑)。それにしても、あのひたすら喋っているミュージックビデオを許してくれるスピラ・スピカのスタッフさんは寛大ですよね(笑)。

 

幹葉さんの番組『笑顔モリモリらじお☆彡』が始まる前は夕方の番組『Tresen』のなかの約20分間のコーナー「Starry Forest」を担当していました。そのコーナーは今年の3月末で終わることは知らされていたものの、4月からは『レディアパ』枠で80分番組になることは知らされていませんでした。「Starry Forest」の最終回の日、スタジオでサプライズとして新番組が始まることを明かされ、幹葉さんは嬉しさのあまり、号泣してしまいました。

その際の動画はこちら

――リスナーの皆さんも驚くほど、生放送で泣いてましたね。

 

新番組のことを知らされる前は、大好きな番組が終わってしまうからといって私が悲しんでいるわけにはいかないから、泣くのをこらえてたんですよ。そしたら目の前に4月以降のタイムテーブルが置いてあってDJの植松哲平さんとSakuちゃんに「ちょっと見てみる?」と促されて見たら、水曜の夜10時の欄に私の名前が書いてあって「私、これからも喋っていいんだ!」と思ったら泣けてきました。スタッフさんや私のマネージャーも含めてみんながグルになってあんなに素敵なサプライズをしてくれるなんて「FMヨコハマってやばいラジオ局だな」と思いました(笑)。

 

出演後はラジオ好きなマネージャーさんと改善点を洗い出します

 

――『笑顔モリモリらじお☆彡』の反響はいかがですか?

 

ラジオをやっていなかったら出会えなかっただろうという方々からもメッセージが届くようになりました。インスタグラムのフォロワーさんも神奈川の方が増えたりして。なかにはハガキで送ってくださる方もいらっしゃって、「ライブの開催やテレビに出る時は、ラジオでお知らせしてくださいね」とか似顔絵とか書いてありました。こういう出会いがあるのはラジオの素敵なところですね。

 

――幹葉さんはFM FUKUOKAやFM徳島でもレギュラーコーナーを持っているほか、各地のラジオ番組にゲスト出演した時は必ず盛り上げるところもすごいと思います。

 

ラジオで出会った人は本当に良い人ばかりなんですよ。例えば、“柴田の聡”(※)とはFMヨコハマの番組『Route 847』の企画でドライブデートをしたことがあるんですが、柴田の聡はなめらかな声でオシャレ! 私を優しく包み込んでくれるし髪型もいつもキマっています(笑)。FM802『802 Palette』のDJの豊田穂乃花さんにもお世話になっています。落ち着いたトーンで話しているのを聞くと、私も見習いたいなと思うし、ほかにもデビュー当初からゲストで出演させていただいているKBCラジオ『ドォーモ×ラジオ』の長岡大雅さん、CROSS FMのコウズマユウタさん、CBCラジオでいつも青ツナギを着ている酒井直斗さん、FM大阪の小早川秀樹さんはいつも話を上手に引き出してくださいます。特に男性は声が大きい人が多いですね(笑)。声が大きいと話しやすいです。あとは、男女問わず真面目な人が多いですよね。私もどんなゲストが来ても対応できるようになりたいです!

 

――ラジオから学ぶことは多そうですね。

 

そうなんです! しかも自分の番組にゲストをお招きするようになって、ゲストの方が楽しく話してくれるのがとても嬉しくて! ゲストの方のことを調べたり、曲を聴いたりして、どんなことを一緒にお話ししようかなと考えるのも楽しいです。ゲストでラジオ出演するときに、アンケートを書いたりすることがあるんですが、初めましてのDJさんだったりすることも多いので、自分のことを知ってもらえるようにいつもたくさん書くようにしています。

 

――アンケートを書く時のこだわりはありますか? 

 

各項目のはじめの部分にできるだけ「なんだこれは?」と気にしてもらえるような一言を書いてから詳しく書くようにしています。その話がイマイチやったらいけないので“保険”としてほかの話も書きます(笑)。 

 

――そこまでやってるんですか! 

 

とにかくラジオが好きで、いただけるラジオの仕事は全てきちんとやらせていただきたいんです。だから私は何時でも出演OKです(笑)。マネージャーさんもラジオが好きな人だから、私がラジオに出演したあとはふたりで番組を振り返って改善点を洗い出します。 

これからも芯の部分は変えずにソロだからこそできることを

 

――幹葉さんは9月からはスピラ・スピカのソロ・プロジェクトとして新たな一歩を踏み出しましたが、いかがですか?

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ