連ドラ初出演を果たした若手女優 吉田あかり SPECIAL INTERVIEW「変幻自在で唯一無二の存在に」

9月25日にseason1の最終回を迎えた、オトナの土ドラ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』に谷村愛美役で出演した吉田あかりがTV Bros.WEBに初登場。今年に入って映画初出演、初主演を務め、同作で連ドラ初出演を果たし、今もっとも勢いのある若手女優のひとり。今回の撮影では抜群のスタイルに加えて凛とした表情で17歳とは思えないほどの大人っぽさを見せてくれた。

撮影/横山マサト

1秒でも長くこの場にいたい

ーー今回の作品が連ドラ初出演でしたね。いかがでしたか?

正直緊張はしました。少し素人っぽいことを言ってしまうと、普段テレビやスマホの画面を通して見ていた方々が、隣にいらっしゃって一緒にお仕事をさせていただけることは嬉しいことなんですが、大きなプレッシャーを感じました。追いつくなんて恐れ多いですし、まずはみなさんの足を引っ張らないようにたくさんレッスンへ行き、台本を読み込んで、マネージャーさんに何度も確認をしてもらいました。

ーー大学生役をするにあたって意識したことはありますか?

大学生がどんな感じかイメージが湧かなかったので衣装合わせの時に監督さんとお話をさせていただきました。その時に「あなたの役はこの作品に出てくる中で、唯一幸せな女の子だから、そのままキャピキャピやってくれればいいんだよ」と言ってくださいました。普段から結構ハイテンションなので特別な役作りとかはなかったんですけれど、今の若者の間で流行っていることやものなどに対しては結構疎いのでそのあたりは調べました。

ーー不安や緊張はありましたか?

初めての連ドラ出演で不安しかなかったので、監督さんに「ここをこういうふうにやりたいのですが大丈夫ですか?」と聞いたり、難波要一役の須賀健太さんにアドバイスをいただいたりしました。昔から演技レッスンでは積極的にアドリブをするタイプだったんですけれど、いざカメラの前になると口も頭もまったく動かなくなってしまって(笑)。リハの時に何度かアドリブをしたのですが、その時に須賀さんが「さっきの良かったよ」とか「もっとこうやった方が面白いよ」というアドバイスくださって心強かったです。最初の頃にあった不安は回を重ねていく毎に解消していきましたし、演技も結構ノリノリにやっています(笑)。

ーーお芝居は楽しいですか?

楽しいですね。1度お芝居が嫌になってしまった時期があったのですが、やっぱり現場へ行くと本当に楽しくて今回のドラマの現場で1秒でも長くこの場にいたいっていう気持ちが沸いてきて、もっと演技のお仕事をやっていけたらいいなと思いました。

ーー今後どんなお仕事に挑戦したいですか?

演技では不良の役やいじめっ子といった物語の中でしかできない、現実の自分とはかけ離れた役に挑戦したいです。あとは、芸能界に興味を持ったのがテレビに映っていた方だったのですが、その中でもファッションショーでキラキラしたところでランウェイを歩くことに憧れを持っていたので、モデルさんのお仕事はずっと続けていけたら嬉しいなと思っています。

野望はあります

ーーどんなファッションが好きですか?

今は2000年代のカルチャーに興味があるので、「Y2Kファッション」(2000年を想起させるデザインを主軸とするコンテンツ全般)はすごく大好きで、普段はアルバローザやLB-03といった、当時のB-girlやギャルの方が着ていたファッションをすることが多いです。

ーー何がきっかけで2000年代のカルチャーに興味を持ったのですか?

両親の影響でヒップホップやストリートのカルチャーに興味を持ちました。小さい頃から常に家や車ではヒップホップが流れていましたが、正直自分が興味を持っていたというより流れてるから聞いているという感じでした。そこから小学校高学年くらいでSNSに興味を持ち始めた時に、ニコニコ動画のネットラッパーさんにハマったのをきっかけに自分からヒップホップを聴き始めるようになりました。勉強は大嫌いですが、自分の興味がある分野なら突き詰めるタイプなので、そこからはいろんなことを調べていきました。

ーー好きなアーティストさんはいらっしゃいますか?

私のファンの方ってヒップホップのヘッズの方が多いのでよくInstagramの質問箱等で「好きなラッパーさんや今キテるラッパーさんは誰ですか?」と聞かれるんですけど、私自身、この曲の誰が好き! っていうことが多いので1番を決めるのは難しいんですよ(笑)。その中でも今私がハマっているのが「キングギドラ」さんです。言葉選びがきれいで繊細で言い回しがすごく上手なんですよ! あとは昔の曲って聞いていると背景が出るというか、自然と畳が見えてくるじゃないですけど、今の音楽に比べて言葉に重みがあるなと感じます。すみません。熱く話しすぎてしまいました。私ってヒップホップの話になると同年代よりも少し上の方々との方が話が合うんですよ。父仕込みなので(笑)。

ーー小さい頃からのヒップホップ英才教育を受けられていたんですね。

今となっては父に感謝ですね(笑)。今、若い世代に2000年代のカルチャーが流行っているので、Z世代達が昔のカルチャーを盛り上げていって当時の2000年代のようなカルチャーを新たに作っていけたらいいなと思います。私自身も欲を言えばそういうカルチャーの中で先陣を切って名前が上がるような人になれたらいいなという野望はあります(笑)。SNSで見せる私とモデルの私とドラマや映画で見せる私と…いろんな顔を見せることができる変幻自在で唯一無二の存在になりたいです!


<チェキプレゼント!>
吉田あかりさんのサイン入りフォト(チェキ)を2名にプレゼント! ご希望の方はpipipi@tokyonews.co.jp 宛に件名に「TV Bros.WEB 吉田あかりSPECIAL INTERVIEW」を、本文に「ほしいチェキのふたりの名前」、「住所」、「氏名」、「年齢」、「TV Bros.WEB有料会員登録時のメールアドレス」を明記の上、ご応募ください。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。ご応募の締め切りは、10/29(金)17時までです。


吉田あかり(よしだあかり)
●2004年1月2日生まれ。東京都出身。
今年5月公開の映画「ペテロの帰り道」映画初出演にして初主演を務めた。谷村愛美役でレギュラー出演する 『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』Season2がWOWOWプライム、WOWOWオンデマンドで10月10日(日)後11:00~放送・配信予定。


0
Spread the love