エリザベス女王と競馬【藤田菜七子 2022年9月号 連載】

「藤田菜七子のここだけ馬なし」の記事
  • エリザベス女王と競馬【藤田菜七子 2022年9月号 連載】
  • 久しぶりの重賞、WASJ、そして25歳の誕生日を迎えて【藤田菜七子 2022年8月号 連載】
  • 久しぶりの重賞レースへ【藤田菜七子 2022年7月号 連載】
もっと見る

 

9月8日、世界中から愛されたエリザベス女王がお亡くなりになり、その死を悼む声が寄せられています。JRAでも、10日、11日に競馬が開催された中山競馬場、中京競馬場をはじめ、各施設で半旗の掲揚を行いました。

意外に思われるかもしれませんが、エリザベス女王は競馬に情熱の一端を傾けた“馬主”であり、生産牧場を持つ“生産者”であり、競馬を愛した世界最高の“UMAJO”なのです。

 

エリザベス女王が初めて馬に乗ったのは、私よりずっと早い、5歳の時。本当かどうかわかりませんが、幼かった頃にレースを経験したことがある…という話も伝わっているそうです。

もしも、エリザベス女王が、ジョッキーとしてレースに出ていたら――。

想像するだけでも、ワクワクしてしまいます。

エリザベス女王の勝負服は、紫のロイヤルカラーを基調にしたデザインで、袖は赤。ジョッキーなら誰もが一度はあの勝負服を身にまとってみたいと思ったことがあるように、私も、夢のまた夢で遠すぎてカケラを見つけるのも難しいくらいですが、女王の勝負服を着てレースに出てみたかったという気持ちが、心のどこかにありました。

今その女王は、王室が所有するアスコット競馬場に程近い、ウィンザー城で静かにお眠りになっています。

3年前、世界騎手招待競走のシャーガーカップのメンバーに選んでいただき、アスコット競馬場をこの目で、耳で、身体で体感させていただきましたが、とにかく自然が豊かで、日本とはまるで違う空気の競馬場でした。

毎年6月に開催される英国主催のロイヤルアスコットでは、馬車に乗ったエリザベス女王が、ウィンザー城からアスコット競馬場までお越しになり、競馬を楽しみ、そして栄光を手にしたジョッキーにお言葉をかけてくださると聞き、いつか私も…と、思っていました。

一度だけ、私がエリザベス女王のお姿を拝見した時は、遠すぎてお顔もはっきりとは見えないほどでしたが、黄色のドレスを身にまとったそのお姿は眩しいくらいのオーラに包まれていました。

 

日本の競馬も、女王陛下とは深い関わりを持っています。

私が生まれる20年以上前、1975年に来日された女王陛下の冠を戴き誕生したのが“牝馬最強決定戦”エリザベス女王杯です。

私はまだ一度も参戦できていませんが、ファンの皆さんからも愛される牝馬とのコンビでこのレースに出ることが、たくさんある私の夢のひとつです。

女王とのご縁はこれだけではありません。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ