【5月号 藤田菜七子 連載】連載、再スタートです!『菜七子のここだけ馬(ば)なし』

連載、再スタートです!

「コラムを書いてみませんか?」

 編集部からお話を頂いたのは、今から2年前。’16年に騎手免許を取得し、JRAのジョッキーとしてデビューしてから2年が経ったころでした。

「私でいいんですか?」

「藤田騎手がいいんです!」

「何を書けばいいんでしょう?」

「なんでも、好きなことを書いてください!!」

「いや…でも…」

 尻込みする私の背中をそっと押してくれた(中には思いっきり、どんと押してくれた方もいましたが)師匠の根本康広先生をはじめとする関係者のみなさん、先輩、毎月読んでくださった読者の方々、応援し続けてくれるファンのみなさんには感謝しかありません。

 悩んだ挙句、最初に書いたのは自己紹介。書き出しは――。

「はじめまして。日本中央競馬会…というより、JRAと言ったほうが馴染みがあるし、親しみやすいですよね。そのJRAで騎手をしている藤田菜七子です…」という文章でした。

 今さらですが(笑)。なんか、恥ずかしいですね。

 改めて振り返るってみると、この連載中にもいろんなことがありました。

 JRA女性最多勝記録の更新。GⅠ初騎乗。招待していただいたスウェーデンでの『ウィメンジョッキーズワールドカップ』優勝。イギリス・アスコット競馬場で開催された『シャーガーカップ』への参戦。はじめての重賞勝利。目標にしていたフェアプレー賞の獲得。JRA100勝達成。そして、はじめての落馬骨折…。

 競馬以外でも、千葉ロッテZOZOマリンスタジアムでの始球式や、『徹子の部屋』『さんまのまんま』への出演など、両手に抱えきれないほどたくさんの経験をさせていただきました。そのすべてのシーンを鮮明に覚えています。

 どれかひとつを選んで、と言われても、ひとつに絞ることが難しいくらい、どの経験も私にとってはとても大切で、未来につながる糧だと思っています。勝利も、怪我も、なにひとつ無駄なことはありません。

 デビューしてから5年目を迎えますが、今年も変わらずに次の1勝を目標に、1鞍1鞍を精一杯乗らせていただきたいなと思っています。

 紙のTV Bros.は、前回で終わり。寂しいようなほっとしたような気持ちでいるところへ、また、編集部から連絡をいただきました。

「紙から電子に移行しますが、引き続き、連載をお願いします!」

「えっ!? 私…ですか?」

「藤田菜七子騎手にお願いしたいんです!!」

 いつか見た光景。デジャヴです。

 普段は、競馬のことや、馬の話、次のレースの話がほとんどで。ひとつひとつ言葉を選んで、慎重に話をすることが多いのですが、このコラムは、枠にはまることなく、自由に、そのときどきに感じたことを、自分の言葉で綴って来れたような気がしています。

「本当に、私でいいんですか?」

「ぜひ! よろしくお願いします!!」

というワケで、Web版TV Bros.の新連載、気持ちを新たに、ここからスタートです!

 

 

 

©鈴木 愛子

<プロフィール>
ふじた・ななこ●’97年茨城県生まれ。競馬騎手。4月25日にJRA所属女性騎手として初めてJRA通算100勝を達成。『みどりのマキバオー』の作者つの丸先生描き下ろしの藤田菜七子キャラクターを用いたグッズ(トートバッグ・フェイスタオル・ステッカーの3アイテム)と、馬券入れサコッシュ、オリジナルロゴステッカーが、開催中の競馬場「ターフィーショップ」にて絶賛発売中! ファーストドキュメントBlu-ray『騎手 藤田菜七子』がポニーキャニオンから発売中!

バックナンバーはこちら!

【藤田菜七子 連載】ここだけ馬なし

投稿者プロフィール

TV Bros.編集部
TV Bros.編集部
テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額800円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。
0
Spread the love