宮藤官九郎×三宅弘城<前編>「面白いセリフを言えることが役者冥利に尽きるというか」【松尾スズキがおくる二人芝居『命、ギガ長スW』まもなく上演!】

2019年に松尾スズキと安藤玉恵によって上演された二人芝居『命、ギガ長ス』が帰ってきた! 認知症気味の80代母親とニートの50代息子という、世間的にはにっちもさっちもいかない親子をポップにユーモラスに描き、ラストでは替えのきかない二人の関係に切なくも希望を感じさせられた作品が、キャストも新たに再演されるという。初演で松尾が演じたニート息子役に起用された、宮藤官九郎(ギガ組)と三宅弘城(長ス組)のスペシャル対談を前後編でお届け。前編では、戯曲から感じる今作の魅力について語る。それぞれの共演者への思いも明らかに!

撮影:為広麻里 取材・文:石本真樹 構成:末光京子

スタイリング:チヨ(コラソン)

★『命、ギガ長スW(ダブル)』スペシャルインタビュー記事一覧はこちら

 

東京成人演劇部vol.2『命、ギガ長スW(ダブル)』

松尾スズキが2019年に書き下ろした伝説の二人芝居が蘇る!

宮藤官九郎×安藤玉恵、三宅弘城×ともさかりえのダブルキャストで上演

2019年に、松尾スズキが“演劇を始めた頃の素朴な喜び”を求めて立ち上げた「東京成人演劇部」。その旗揚げ公演となったのは、松尾スズキと安藤玉恵による二人芝居『命、ギガ長ス』だった。8050問題というシリアスなテーマを扱いつつも、人間の可笑しみや切なさ、親子の愛を感じさせる濃密な芝居は話題を集め、チケットは連日完売に。そして2022年、『命、ギガ長スW(ダブル)』とタイトルを改め、宮藤官九郎と安藤玉恵によるギガ組と、三宅弘城とともさかりえによる長ス組のダブルキャストで再演が決定!

<あらすじ>

80代で認知症気味の母親・エイコと、ニートでアルコール依存症の50代の息子・オサム。そんな彼らのドキュメンタリーを撮るため、映像作家志望の女子大生・アサダは二人に密着していた。パチンコに依存し、なぜかうまい棒ばかりを食べ続けるエイコと、エイコの年金をあてにして働きもせず酒を飲み続けるオサムだが、アサダは彼らの本心を掴めず、ドキュメンタリー作りは難航する。アサダのVTRを見た彼女の所属ゼミの教授・キシは、ある問題を指摘する。エイコとオサムには秘密があったのだ―――。

<スタッフ・キャスト>

作・演出 松尾スズキ

出演 ギガ組…宮藤官九郎×安藤玉恵 長ス組…三宅弘城×ともさかりえ

★3月4日より、東京公演(下北沢、ザ・スズナリ)がスタート。大阪、北九州、松本公演あり。

★公演詳細は、公式ホームページへ。

 

漏れ聞こえてきて、いつのまにか決まっていた

――宮藤さんと三宅さんが松尾(スズキ)さんの演出で、しかも同じ役を演じるというところから興味深いのですが、今回のお話を最初に聞いたときのお気持ちを教えてください。

 

宮藤 忘れちゃった…。いつだったっけな。なんかちょっとずつ漏れ聞こえてくるんですよね、いつも。三宅さんもやるということは、三宅さんから聞いたような気がする。大体いつもそうなんですけど、いつの間にか知ってた感じだから最初の気持ちは覚えてないなぁ。今年の公演スケジュールが送られてきて「本当にやるんだ…!」って思ったような気もします。

 

――スケジュールが送られてきて、有無を言わさずやることになった感じですか?

 

宮藤 いや、一応、有無は言いましたけど(笑)。そこからはいつの間にかやることに決まっていて、今、だんだんと近づいてきているという感じです。

三宅 僕は(大人計画の)社長から、「やるよね?」と、やることが前提の雰囲気で「『命、ギガ長スW(ダブル)』宮藤くんとやらない?」と言われて、「はい、やります!」と答えました(笑)。企画も松尾さんのホンも面白いですし。松尾さんから宮藤くん、僕というのは『悪霊-下女の恋-』(2013年※)の流れもあったので、またこの流れだとは少し思いましたけど。

宮藤 ああー!そうか!

※『悪霊-下女の恋-』…松尾作・演出の4人芝居。1997年の初演で松尾が演じたタケヒコを、2001年の再演で宮藤が、2013年の再々演で三宅が演じた。

 

――松尾さんと安藤(玉恵)さんの初演をご覧になっているということですが、初演を見たときの感想を教えてください。

 

宮藤 初演のとき、僕の隣の席が吹越(満)さんだったんですよ(劇中の効果音をすべて吹越が担当)。なんか変だなーと思って(笑)。舞台から吹越さんの声がするし隣にいるしで、「え? 吹越さん出てないのに、なんで吹越さんの声がするんだろう?」と思ったら、効果音が全部吹越さんだったんですよね。それもあって、初演は特別な感じで見ていました。松尾さんはときどき、効果音を人の声でやったり、舞台上で効果音を出したりということをやるんですよね。

三宅 前も何かのときにやってたよね? あれだ『王将』(2000年)だ。

宮藤 そうそう。『命、ギガ長ス』は東京成人演劇部という、大人計画とは違うユニットで、少人数で、しかもスズナリということもあって、なんて言えばいいんだろう…。あまり好きな言い方じゃないけど、原点回帰というか、原始的な表現に一度立ち返るみたいな、そういう感じを受けましたね。

三宅 そのときの松尾さんは大きな規模の作品が多かったから、もう一回、こういうDIYなことをやりたいんだろうなと。作品に温かみを感じたんですよね、なんというか、作品の空気感が温かいというか。

 

なんだかわからないけど、なんとなくわかる面白み

――お二人とも松尾さんの演出を受けられるのは久しぶりだと思うのですが、稽古が始まってみていかがですか?

 

宮藤 僕はすごいラクです。ラクにやれているのは初演に出ていた安藤さんが相手だからで、そういう意味ではすごく頼りにしています。半分初演のキャストだから、ついていってる状態です。三宅さんたちのほうがそういう意味では大変なのかなと。なんか僕はラクして申し訳ないなという感じです。

三宅 こっちはちょっと焦りがありますよね。「ハンデじゃないか! ハンデじゃないか!」ってよく言ってます(笑)。

 

――三宅さんとともさかさんは共演経験が豊富ですが、ともさかさんがインタビューで、稽古場での三宅さんが「私が知っている三宅さん像ではない初めての感じ」だとおっしゃっていました。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ