司会者が一番面白いことを言う番組!?『復活!令和もお笑いマンガ道場』vol.2 柏村武昭インタビュー

昭和後期~平成初期にかけての大人気番組『お笑いマンガ道場』が、令和の時代に帰ってきた! 『復活!令和もお笑いマンガ道場』は、現代版らしくナイツの土屋伸之、野性爆弾のくっきー!に足立梨花、漫画家の島本和彦が登場しつつも、車だん吉と司会・柏村武昭は27年前の放送と変わらず出演します。

今回は、そんな伝説の番組の復活を記念して、当時と変わらぬ名司会ぶりを見せた柏村に、今回の復活について、そして鈴木義司、富永一朗ら、かつての共演者らとのエピソードを語っていただきました。

取材・文/やきそばかおる

スタッフも復活!1990年をまたいで実感した「テレビの笑い」の変化とは『復活!令和もお笑いマンガ道場』vol.1

『復活!令和もお笑いマンガ道場』
中京テレビ 9/26(日)午後4・25~5・30
※「hulu」で見逃し配信
※中京テレビ公式チャンネル(YouTube:https://www.youtube.com/c/ChukyoTV)で事前配信中

出演/柏村武昭 磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 【回答者】車だん吉 島本和彦 くっきー!(野性爆弾) 土屋伸之(ナイツ) 足立梨花

  • 1976~1994年に放送された『お笑いマンガ道場』(中京テレビ)が令和の時代に復活。当時のセットを再現した中で、お題に沿って回答者たちがマンガを披露し、その面白さを競う。柏村、車の往年のやりとりのみならず、“令和”の回答者たちのマンガの完成度は見ものだ。

 

 

司会席に座って実感「確かに27年経ったんだな」

――『お笑いマンガ道場』復活おめでとうございます! 27年ぶりに復活するという話を聞いた時、どう思われましたか?

いや、本当に生きてて良かったと思いましたね(笑)。だんちゃん(車だん吉)とは同級生なんですけど、髪の毛が薄くなってきたこと以外は昔と全然変わりません。昔はよく一緒に飲みに行ってて楽しかったです。余談だけど、薄毛に関するネタを放送すると一番厳しかったのはなぜか僕の故郷の広島だったそうです(笑)。

――柏村さんも車だん吉さんも頭の回転の速さが凄まじいですね。

僕は77歳になった今も、毎日3キロ以上歩いて鍛えてますからビンビンに元気ですね。ゴルフだってまだ80台。昨日も86だったしバリバリです。野球の実況だってできます。今もラジオの生放送をやっていて、新聞を4紙とってますからね。新聞によって好き嫌いはありますけど(笑)。

――柏村さんはパネラーの回答に対してジョークで返しますが、その辺りの感覚はどうやって鍛えていますか?

昔(1977年〜1988年)、ラジオ番組『柏村武昭のサテライトNo.1』(広島・RCCラジオ)を放送していたことが大きいです。生放送の番組で28%という日本一の聴取率をとりました。西日本6局ネットで放送していて公開録音をやったら3600人も集まったんです。ハガキで小話を送ってもらう「コント小話」は非常にレベルが高くて『サテライト』で読まれなかったら『欽ちゃんのドン! といってみよう』(ニッポン放送)に出していた人もいるほどです(笑)。あの頃に引き出しに入れたものが多いです。

――今回の『復活!令和もお笑いマンガ道場』の収録でも大いに盛り上がり、柏村さんは「僕はもう怖いものはない」っておっしゃってましたね。

27年経って司会席に座ってみると「確かに27年経ったんだな」と思います。若かった頃は楽しむ余裕がなかったけど、こないだの収録では自分が楽しんでましたね。

――ナイツの土屋さんが「この番組は司会者が一番面白いことを言う番組」と言ってました。

パネラーとの受け答えが楽しいのが『マンガ道場』の良いところですから。かつては僕が富永(一朗)先生に対して「よくそれでプロをやってますね」と平気で言っちゃってました(笑)。

――パネラーのラインナップも20代から70代までバラエティ豊かでした。

漫画家の島本(和彦)先生は60歳。あんなに面白い先生だと思わなかったですね。くっきー!さんは結構真面目で堅実。土屋さんも頭がキレて面白いし、足立梨花さんは漫画がうまいし、お色気ネタも入れてくるし、思ったことをハッキリと喋ってくれるからとてもやりやすかったです。川島なお美さんとはまたちょっと変わった雰囲気でしたね。

――1980年代のセットを再現したところも面白いですね!

当時のセットの雰囲気だったのでプレッシャーを感じませんでした。さらにアシスタントとして磯貝初奈アナウンサーと一緒に進行したのも良かったですね。磯貝さんも1980年代風のファッションでした。しかも彼女は東大出身。すごく爽やかで素敵でツーといえばカーと返ってくる感じだったので「中京テレビも良い人材を見つけてきた」と思いましたね。

三谷幸喜の発言にビックリしてひっくり返りました(笑)

1976年に始まった『お笑いマンガ道場』は中京テレビで始まり、好評を受けて全国で放送されるようになり大ヒット。さまざまな方面に影響を与えました。ダウンタウンの松本人志も『お笑いマンガ道場』のファンで「おまけコーナー」にハガキを送っていたとのこと。そのことが縁で1992年には『お笑いマンガ道場』のメンバーが『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)の「結婚前提戦士ラブラブファイヤー」のコントに登場したこともありました。

――『マンガ道場』の影響力はすごかったですね。

ずいぶん前だけど、(ビート)たけしさんにお会いした時に「それでは第1回戦!」って言いながら僕のまねをされました(笑)。

――脚本家の三谷幸喜さんは『マンガ道場』のスタッフのひとりだったそうですね。

『マンガ道場』のレギュラー放送の終了から何年か経って、NHKの番組で三谷さんが「僕の原点は『お笑いマンガ道場』なんですよ」と言ったことがあって、ビックリしてひっくり返りました(笑)。僕は三谷さんのことは全く覚えてなくて、作家の大岩賞介さんが連れてきた若手の作家の中に三谷さんがいたんです。三谷さんが大学在学中で、東京サンシャインボーイズを旗揚げする頃の話らしいです。

『お笑いマンガ道場』といえば、漫画家の鈴木義司さんと富永一朗さんとの罵り合いも人気でした。鈴木先生が富永先生を「オバケナマコ」「デブの恵まれない人」などと揶揄すれば、富永先生は鈴木先生を「土管に住んでる貧乏人」「アホウドリ」とキャラクター化して対抗していました。

――鈴木先生と富永先生は普段から仲が良かったそうですね。

気心が知れている親友で、お互いにリスペクトしていました。でも性格は対照的で、例えば東京駅で待ち合わせをすると、富永先生は駅の喫茶店で朝食を食べて、この時間までなら新幹線に間に合うというところまで計算するような性格だったから待ち合わせ時間にキッチリと現れるけど、鈴木さんは大雑把なところがあって全然現れないんです。電話をしたら「今、起きたんだ。すぐに行くよ。先に行っておいてくれ」って。それでも収録には間に合ったんですよ。要領が良かったんでしょうか(笑)。鈴木先生は原宿に住んでいたからよく遊びに行きましたし、ご馳走になりました。一方、富永先生とは私生活で飲んだことはほとんどなかったけど、先生は広島が大好きだから広島の話をよくしましたね。先生は当時、広島カープの阿南(準郎/監督として1986年にチームをリーグ優勝に導いた)にアドバイスをしたことが自慢でしたが、僕が「先生が教えたから阿南は打てなくなったんでしょ?」って言ったら怒っちゃいました(笑)。富永先生の糖尿病は60歳を過ぎてから分かったんですけど、糖尿病になっても絶対にへこたれない強い意識があったから90歳以上まで長生きしたんだと思います。僕も今、糖尿病の境界線にいるんだけど、富永先生にアドバイスをもらいたかったです。

――番組がスタートするにあたり『マンガ道場』のキャスティングを決める際、鈴木先生が富永先生を推薦したそうですね。

鈴木先生が富永先生を誘ったら面倒くさがって「名古屋に行きたくない」って言って断ったらしいです。「楽しい番組にするから来てよ」と誘っても「行かない」って断ったから「うまいものを食わせるからどう?」って言ったら「じゃあ行く」って(笑)。中京テレビさんは美味しいものをたくさん食べさせてくれました。蓬莱軒のうなぎを初めて食べた時は感動しました(笑)。

――川島なお美さんとの思い出も多いのではないでしょうか?

なお美ちゃんとはよくゴルフに行ってました。僕はなお美ちゃんのゴルフの“師匠”ですからね。彼女が初めて40台を出したのも僕と一緒に回った時でした。なお美ちゃんがゴルフを始めたばかりの頃、彼女が打つ前に素振りを必ず3回も4回もするんです。僕は「毎回そんなに素振りをしたら40分以上遅れちゃうよ。『素振りは1回』というのは日本の憲法で決まってるよ」って言ったら妙に納得してました(笑)。彼女は広島東映カントリークラブが好きで、そこで初めて47ぐらいのスコアを出しました。亡くなる1年前に彼女がミュージカルで広島に来た時は僕に「東映カントリーに連れてって」って言ってくれました。最後の舞台でも熱演してましたね。

――そうなんですか…。そのほか、印象に残っている出演者は?

三波豊和くん。慶応大学の放送研究会の出身で、いつも「柏村さん、早く辞めて僕に司会の座を譲ってくださいよ」って言ってたから「譲らないよ!」って言い返してました(笑)。今はゴルフの番組を楽しそうにやってます。

山陰と静岡などでは『水戸黄門』の再放送よりも視聴率が良かった

――『復活!令和もお笑いマンガ道場』の先行配信を観たり、『お笑いマンガ道場』のエピソードを聞くと改めて番組のすごさを感じます。

『復活!令和もお笑いマンガ道場』は動画で公開してそんなに日にちが経っていないのに、再生回数が40万回(8月19日現在)を超えました。しかも本編ではなくて先行配信の予告編ですよ。それだけ期待してくれてる人が多いんですよね。『お笑いマンガ道場』は山陰と静岡などでは『水戸黄門』の再放送よりも視聴率が良かったそうです。余談だけど、静岡でロケをやった時に、富永先生の提案で、浜松でうなぎを食べて帰ることになったんだけど、僕らが食べているのを視聴者の皆さんがどこかから聞きつけたようでサインを求める行列ができちゃったんです。鈴木先生はサインを書くのがすごく早いけど、富永先生はものすごく丁寧に書くからなかなか終わらなくて、新幹線を遅らせたことがあります。鈴木先生が「富永、早く書けよ」って言ってたのを覚えてます(笑)。

――今後、再び復活するとしたら「この人にも出てほしい」という要望はありますか?

米倉涼子さん。すごい人だから尊敬しています。ブロードウェイに憧れて、ついに『CHICAGO』の舞台に立っちゃったんだから努力家ですよね。『マンガ道場』に出て「私、失敗しないので」って言ってほしいです(笑)。

<プロフィール>
柏村武昭(かしむら・たけあき)●1944年広島県生まれ。1966年に地元の中国放送(RCC)入社。局アナとして『サテライトNo.1』(RCCラジオ)などで人気を博し、退社後はフリーとして全国放送の番組に出演。広島の夕方ワイド『柏村武昭のテレビ宣言』(広島テレビ)は平均視聴率が20%を超えるなど、ローカル番組としては異例の高視聴率を獲得。2001年に参議院議員選挙に当選し、防衛庁長官政務官などを歴任した。

 

0
Spread the love