西野七瀬『恋は光』バナー

西野七瀬『恋は光』インタビュー 雨の日でも「傘を持たないから、いつも友達の傘にいれてもらいます(笑)」

ドラマ『あなたの番です』『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』などヒット作への出演が続くなか、映画『孤狼の血 Level 2』での演技が高く評価され、第45回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞・新人俳優賞を受賞した女優・西野七瀬。サイコキラーに刑事、ホステスや専業主婦…ジャンルの異なる作品で役柄に縛られず様々な役を巧みに演じる彼女の最新出演映画『恋は光』は一風変わった恋愛映画だ。

           

映画『恋は光』予告

今作は恋をしている女性が「(比喩ではなく文字通り)光輝いて視える」という特異体質を持った文系男子大学生・西条(演:神尾楓珠)と彼を取り巻く3人の女子大学生がそれぞれの「恋」に悩む物語。あらゆる恋愛映画にありがちな展開を排し、個性豊かな登場人物たちが「恋」についてひたすら議論に議論を重ね、思考を深めながら物語は展開していく。西野が演じる北代は、西条の小学生からの幼馴染で、男女問わず誰にでも気さくに接する女子大学生だ。

       

TV Bros.WEBでは今作を2日連続で特集。前編の1日目は主人公・西条を演じる神尾楓珠へのインタビュー、後編となる2日目の今回は西野七瀬への単独インタビューを公開。1ヶ月間の岡山オールロケで撮影された今作の制作秘話に加え、6月17日という梅雨時期に公開される今作にちなんで「雨」にまつわるエピソードを語ってくれた。 

■映画『恋は光』特集

前編 神尾楓珠インタビュー
後編 西野七瀬インタビュー

撮影/倉持アユミ
取材・文/編集部

【Profile】
西野七瀬(にしの・ななせ)
1994年5月25日生まれ、大阪府出身。2011年に乃木坂46の第1期メンバーのオーディションに合格し、デビュー。17年に映画『あさひなぐ』(英勉監督)で主人公を演じ、18年末に同グループを卒業。以降、数々の作品に出演。主な出演作にドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」、「あなたの番です」、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」、「ホットママ」、「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」、「言霊荘」、「恋なんて、本気でやってどうするの?」、映画出演作に、『一度死んでみた』、『鳩の撃退法』、『あなたの番です 劇場版』などがある。『孤狼の血 LEVEL2』(21/白石和彌監督)では、日本アカデミー賞の優秀助演女優賞および新人俳優賞を受賞した。

      

初挑戦の「地声」の演技


──今作で西野さんが演じる北代は、恋愛相談も親身に聞いてくれて、釣りなどのレジャーにも楽しんで参加する、西条にとって最高の「友達」ですよね。そんな気さくな北代をとてもナチュラルに演じられているので、西野さんに北代の部分がそもそもあるのかなと感じたのですが、どんなアプローチで演じられたんですか?

西野七瀬(以下、西野):嬉しい。でも台本が届いて読んだ時点では全然分からなかったんです。独特な言葉遣いだし、癖のある喋り方をしているので「どうやって演じよう?」と思って、最初は割と不安が大きくて。


映画『恋は光』キャラクター動画
〈西条の幼なじみ・北代〉

                                       

──特に西条と会話しているときは男友達同士で話しているような口調ですよね。

西野:そうなんです。現場に入る前の本読みの段階でも、監督のイメージと合わなくて私も「どうしよう…」と思っていて。撮影に入って間もないころ、神尾くんと雑談しているのを聞いていた監督が「その感じのままで、北代を演じてみてほしい」とおっしゃったんです。私の地声は低いし、普段の声を出してお芝居することなんて、これまでやってこなかったから自分の中では少し違和感があったんですけど、やってみたら監督の中で「それがいい!」ってなったみたいで。そのきっかけのおかげで私も「なるほど!」と思い、それからの撮影は割と安心してできました。だから自分が北代に近づいたというより、北代を自分側に近づけるというやり方で演じてみたら私もやりやすかったし、監督もしっくりきたんです。

──西野さんが演じる北代だけではなく、西条や東雲(演:平祐奈)も喋り方が独特です。カメラが回っていないとき、出演者の皆さんはそれぞれの役の話し方に引っ張られませんでしたか?

西野:それはなくて、みんなも普通に雑談していましたけど、神尾くんはカメラが回ってない時もずっと「西条」でしたね。神尾くんとは初共演で、私は普段の神尾くんを知らないから、カメラが回ってない時との違いがあまり分からなくて。「めちゃくちゃ西条だけどね〜」と思っていたんですけど、本人は「いや、全然違うでしょ!」って言ってましたね(笑)。

──撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

西野:現場はすごく楽しかったです。普段、映画やドラマをやっているとたくさんのスタッフさんがいることに慣れていたんですけど、今作の撮影には照明部とか録音部がいなくて、みんなでやるんです。監督が基本的に自然光を使って撮影されるということもあったんですけど、たまに照明を焚きたい時はみんなでやって、照明の中に入ってしまったセミを取ったり(笑)。すごくミニマムなチームで、録音部もワンマン、衣装部もワンマンだったのでスタッフさんはきっと大変だったと思うんですけど、それが私にとって新鮮でした。

──西野さんは普段から恋愛映画をご覧になりますか?

西野:私、あまり観ないんです(笑)。

──私もあまり自分から観ることがないんですけど、今作は恋愛映画でありがちな展開がなくて、すごく楽しめましたし、面白かったです。

西野:私も試写で観て「すごく面白い!」と思って。いわゆる「胸キュン映画」とはまた違って、登場人物がひたすらテンポよく話し合っているのがすごくいいなと思いましたし、多くの人に観てほしいですね。

──それに一つ一つのシーンの画がすごく綺麗なんですよね。

西野:そうなんですよ〜。岡山県ですべて撮ったんですけど本当に素晴らしくて! 撮影がない休みの日でも私は岡山に残って過ごしていました。素晴らしいロケーションで撮ったので毎シーン、綺麗なんです。

雨でも片手が塞がるから
傘を刺さない


──今作は6月17日公開=梅雨ということで、「雨」にまつわるトークテーマを用意しております。先にインタビューした神尾さんは「“雨”で連想する映画といえば?」という質問に、『おおかみこどもの雨と雪』と回答されました。

西野:細田守監督の! いいですよね〜。

──西野さんにとって「雨」が印象的な作品はありますか?

西野:今、パッと思いついたのがあるんですけど…。え〜、でもあれ、雨だったかな? 真っ先に思いついたのは『流星の絆』(TBS系)っていうドラマで、確か事件が起こる日に雨が降っていたような…。

──事件現場に駆けつけた三浦友和さん演じる刑事が、傘でゴルフの素振りをしているんですよね。

西野:そうそうそう! それです(笑)。

──西野さんはインドアなイメージがありますが雨の日はどんな過ごし方をされますか? 

西野:小雨とかなら全然平気なんですけど、確かにあまり外に出たくないですよね。私、傘をさすのが嫌いなので基本的にささないんですよ。いつも友達がさしている傘にいれてもらいます(笑)。片手が塞がるのが嫌なんですよね。

──雨に降られやすい人を「雨男」「雨女」なんてよく言いますけど、西野さんは映画・ドラマの撮影中によく降られやすいタイプですか?

西野:私は全くないですね〜。今作の撮影でもほとんど晴れていて、去年撮影していたドラマの撮影では一度だけ大雨があったんですけど、その時はスタッフさんが屋根を作って大変そうでした。でも「雨女」「雨男」とか…私はもう「関係ない!」っていう感じです。

──そのご様子だと西野さんは「雨男」「雨女」を信じてない?

西野:なんの関係もないのに〜と思っちゃいます(笑)。でも何故だか、みんな言いたくなるんですよね。海外でもその文化ってあるのかな?

「華があるけど普通に見える」
稀有な存在


──小林啓一監督が西野さんを今作にキャスティングした理由として「華があるけど普通に見える人ってなかなかいないのですが、そこが北代にぴったりだなと思いました」とお話しされていました。その「華があるけど普通に見える人」という評価について、どう思いますか?

西野:え〜、めっちゃ嬉しいです(笑)。私にとって、褒め言葉ですね。

──「普通に見える」と言われることに、ご自身で思い当たる節ってありますか?

西野:え〜、なんでなんだろう? でもそれはきっとそれぞれが持っているもので、逆に言えば自分ではどうしようもできないものですよね。不思議ですね(笑)。

──華やかな芸能界にいるからこそ、常日頃から普通でいることを意識している…ということもなく?

西野:そうですね。そこを意識して自分に制限を課しているということはないんです。ただ、自分が思ってる以上のものに思われるとあまり居心地がよくないなあ、と感じることはあって。そういう時に「全然普通だけどなあ」と思うことはありますね。だから小林監督にそんな風に「華がある」と思っていただけるなんて意外でした。

──「華がある」と言われたことの方が意外なんですね。

西野:意外ですよ! 自分では華があると思ってないので…。 

──そんなことないです。華がない人は昨日、登場しただけで7万人の観客をどよめかせて日産スタジアムをあんなに揺らすことはできないですから。

西野:あはは(笑)。ありがとうございます。でもあれは演出とかいろんなことがあってみせていただいていることですからね(笑)。

※取材は5月16日に行われ、前日の5月15日に西野は日産スタジアムで開催された乃木坂46の10周年ライブにサプライズ出演していた。

──現在、出演ドラマ『恋なんて本気でやってどうするの?』が放送中、また舞台『みんな我が子』が東京・大阪で公演期間中(5/10~5/30)で、そして昨日(5月15日)は乃木坂46のライブにサプライズ出演されパフォーマンスを披露、その翌日には今作『恋は光』の完成披露試写会に登壇されるのを見ると、とても忙しくされているかと思いますが今の精神状態はいかがですか?

西野:精神状態ですか(笑)? 「超健康、毎日楽しい!」って感じです。

──とはいえ外部から分かるだけでも連日こんなにも色んなお仕事をやっていると色んな感情が入り混じって、大変なのではないでしょうか?

西野:大変ですけどそれも楽しんでいますね。一人になってから、視野が広くなったり人と話すことが好きになったり、いろんな変化がありました。考え方もそれまではネガティブだったんですけど、今はポジティブ…とまではいかないんですけどかなり楽観的になりましたし、ネガティブなことも明るく笑いながら言えるようになって、かなり快適に過ごしています(笑)。  

                 


【映画情報】

『恋は光』キービジュアル

©秋★枝/集英社・2022 映画「恋は光」製作委員会

恋は光

2022年6月17日公開

TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

■出演:神尾楓珠、西野七瀬、平祐奈、馬場ふみか、伊東蒼、宮下咲
■脚本・監督:小林啓一
■原作:秋★枝「恋は光」(集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ刊)
配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA

                  


関連記事

西野七瀬『LIFE!夏』インタビュー「実家のテレビには自然とお笑い番組がついていました」

西野七瀬の2021年のマンガ事情「気になったらすぐ調べるようにします!」【「言霊荘」インタビュー】

西野七瀬バナー

伊藤万理華 書き下ろしコラム「ただいま」【『WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい』特集】

伊藤万理華

乃木坂46・与田祐希にこれまでのカルチャー遍歴を聞いてみた。【『量産型リコ』放送スタート直前インタビュー 】

ハマ・オカモト&齋藤飛鳥が4月から新生活を迎えるあなたに贈る言葉【「新生活、どう過ごした?」インタビュー

かまいたち・白石麻衣の「ウラ」聞いちゃいました! 【『ウラ撮れちゃいました!』インタビュー】

ウラ撮れちゃいました

小林涼子×松村沙友理が結婚観を語り合う『花嫁未満エスケープ』SP対談

関連キーワード

0
Spread the love