眞珠院にて悲恋の姫・八重(演・新垣結衣)に思いを馳せる【『鎌倉殿の13人』ドラマをもっと楽しむための舞台研究<三島・伊豆編>5日連続特集第3回】

イべント「大河ドラマ『鎌倉殿の13 人』グランド・プレミアin 伊豆の国」 に合わせてゆかりの地を訪ねるルポ第3回。『鎌倉殿』の第1回でも意外と勝ち気なキャラで印象的だった八重(新垣結衣)にまつわるスポット・眞珠院に向かう。北条政子役の小池栄子が事前に訪れたら悪天候に見舞われたと番宣番組やパブリックビューイングの前のトークショーでも語っていた、ひじょうに気になる場所である。
八重は伊東祐親の娘で、源頼朝(大泉洋)と悲恋を経験し、彼との間にできた子供・千鶴丸とも哀しい別れをする。その末、身投げしたとか、義時(小栗旬)と再婚したとか諸説ある謎多き人物。『鎌倉殿』では第2回『佐殿の腹』で、江間次郎という身分の下の者のところに嫁に行かされそうになってひと悶着あったが……。
取材・文/木俣冬 撮影/ツダヒロキ

小栗旬「そんな感じのファミリー像です」【『鎌倉殿の13人』ドラマをもっと楽しむための舞台研究<三島・伊豆編>5日連続特集第1回】

『鎌倉殿の13人』ドラマをもっと楽しむための舞台研究<三島・伊豆編>5日連続特集 記事一覧

現下の期待と推察~重要な5つのキーワード【2022年度NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』追跡不定期コラム第1回】
『鎌倉殿の13人』を観る前に! おすすめ必読書【『鎌倉殿の13人』不定期連載第2回】
三谷幸喜の過去作で予想する『鎌倉殿の13人』の第1回放送【『鎌倉殿の13人』不定期連載第3回】

北条寺、願成就院、北条氏邸宅跡、北条義時館跡…
『鎌倉殿』ゆかりの地の1つ、韮山

三島でも三嶋大社のほかにもう一箇所立ち寄ったが、それについては後日、記すことにして、まずは伊豆の国、韮山駅へ――。韮山は伊豆でも指折りの温泉街であるのみならず、平成27年に世界遺産になった反射炉(金属を溶かし大砲などを鋳造するための溶解炉)もある注目の地域だ。

 

新幹線の三島駅から伊豆箱根鉄道を使って19分ほどの韮山駅。駅前には『鎌倉殿』のラッピングバスにも出くわした。これは幸先がいい。ついでに言うと駅のそばの書店には、『鎌倉殿』関連書籍が並び、テレビブロスの版元・東京ニュース通信社の『鎌倉殿の13人THE BOOK』も売っていた。駅前に書店があることに感動(昨今リアル書店が減っているので)。

韮山駅のすぐそばに大河ドラマ館ができて、近くの旅館の宴会場でイべント「大河ドラマ『鎌倉殿の13 人』グランド・プレミアin 伊豆の国」の会見も行われた。眞珠院をはじめとして北条家関連スポットはどちらかというと隣の伊豆長岡駅が最寄りのようだが(反射炉も)、時間と体力に余裕があれば、韮山から伊豆長岡をぶらりと歩くのもいいかもしれない。
韮山には北条義時(小栗旬)の墓のある北條寺、北条時政(坂東彌十郎)の墓のある願成就院、北条政子産湯の井戸、会見で時政役の坂東彌十郎が「ぼくんち」と呼んでいると語った北条氏邸宅跡、北条義時館跡、会見で宗時役の片岡愛之助が訪れたと語った宗時の供養塔のある成福寺、二代将軍頼家にまつわる光照寺、源頼朝が流された地ともいわれ、頼朝と政子像のある蛭ヶ小島、義時乗馬訓練の丘・上の馬場、義時が再建した豆塚神社などがある。土地の全体像を眺めるには守山の展望台に登りたい。ブロス取材班は、会見がはじまる前にどれだけ見学が可能か熟慮したすえ、いくつかに絞った。取り急ぎ八重にまつわる眞珠院は外せない。

政子と八重に共通する伝説「愛のお守り」梛の葉

富士の山すそ、どこからでも顔をのぞかせている富士山の頂きと南北を流れる狩野川。こののどかな風景を見ながら歩くのは晴れていたらとても気持ちがいい(ブロス取材班は車移動しました)。

三島も伊豆の国市もどこにいても富士山を見ることができる。会見で実衣役の宮澤エマが「自然の中で生活した豪族の話なのだということが理解できます」「今、目にしている山々はきっと、あの頃も見えていた山だと思いますし、地続きなんですよね」と語っていたが、当時の人たちも富士山を常に目にしていただろう。『鎌倉殿』の第1回のタイトルバック明け、京都から時政が戻って来る場面の背後に大きな山が映っていたが、富士山だと思うのだ。
日本一高い山・富士山を見ている生活と、比叡山はあるけど囲まれた山は低い京都の生活ではたぶんだいぶ違うだろう。海の近い伊豆と海のない(北にはあるが)京都。その環境の違いも想像に難くない。源氏再興のために力を貸すことになる坂東武士たちのスケール感やおおらかさは富士山パワーから得られたものかもしれないと思った。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ