SKE48 28thシングル『あの頃の君を見つけた』発売記念!「あの頃の私」と「あの頃の初恋」を聞いちゃいました、スペシャルインタビュー 全6回! 第1回は鎌田菜月×末永桜花!

夏ですね、今年もめちゃ暑いですね。でも、どんなに暑かろうが「夏」と言ったら「SKE48」! 水しぶきが似合う、元気で爽やかなイメージのSKE48にピッタリの、夏曲の季節がやってまいりました。タイトルは『あの頃の君を見つけた』。アイドル曲に興味のない人でも、聴くと自然に口ずさんでしまうような、耳に残る爽やかな旋律と、甘酸っぱい青春を感じる歌詞。ぜひ1度は聴いて、遠い(遠くない人もいるでしょうが)青春の記憶をたぐり寄せてください。

そして新曲『あの頃の君を見つけた』発売記念として、SKE48新曲選抜メンバーにインタビュー! 曲の聴きどころ、MVの見どころ、推しどころ、裏話などを聞きました。さらに新曲タイトルにかけて、「あの頃の私に言いたいこと」と「初恋の君」も! 

インタビュー記事は全6回。8月3日~5日、10日~12日に配信します。全部見てねー!

 

撮影/高岡 弘 構成・文/浅井加枝子

©2021 Zest,Inc./AEI

本日のインタビュー・メンバー

 

 

鎌田菜月(かまた なつき)

チームE所属。愛称「なっきぃ」。1996年8月29日生まれ。愛知県出身。

 

 

末永桜花(すえなが おうか)

チームE所属。愛称「おーちゃん」。2002年2月26日生まれ。愛知県出身。

 

SKE48の夏曲は「切ない夏、切ない青春」

 

――「夏と言えばSKE48!」そして「9月でもまだ暑い夏」と、ファンのみなさんは盛り上がるわけですが、9月1日発売の新曲の聴きどころと、MVの見どころを教えてください。

 

末永 曲調はすごく爽やかで夏っぽいんですけど、歌詞が少し切なくて「はじける夏」というよりも「キュンとくる夏」な感じなのがポイントです。
ダンスももちろん見て欲しいですけど、歌詞もしっかり聴いてほしいなと思います。

鎌田 「切ない夏、切ない青春」という感じだよね。歌詞を読むと切なさが伝わるんですけど、聴く人によって「懐かしいあの日」と感じたり、「今の自分のことだ」って感じたり、いろいろだと思います。
また、今聴くのと何年もあとになってから聴くのでは、イメージが違うかもしれません。

末永 私は12歳のときにSKE48に入って、それからずっとSKE48と学業の両立だったので、実はこの歌詞にあるような「淡く切ない恋」みたいな青春は経験できなかったんです。

鎌田 「SKE48が青春」だったからね。

末永 そうそう。それでも歌詞を読んでキュンとした! MVでは「こんな青春もしてみたかったなー」って思ってました!

鎌田 MVに出てくる情景は、制服、自転車、放課後の廊下。青春の王道という感じのシチュエーションだよね。

末永 そして海とサイダーとアイス! まさに夏! 

鎌田 海と言えば…。おーちゃん(末永)はあまり気付かなかったと思うけど、MVの海辺ダンスシーンの撮影で、私は比較的後列だったのよ。そうすると最初はよかったんだけど、何度か撮るうちに段々潮が満ちてきて…。そうすると立ち位置が海と砂浜の境になって、足はほとんど海の中。実はまだ水が冷たく感じられる時期だったので、足は冷えるわ衣装は濡れるわ。

末永 そんな大変なことがあったんですか(笑)。

鎌田 MVには映っていないと思うけど、波に足を取られる鎌田でした(笑)。

末永 それと、撮影の砂浜はSKE48の18枚目のシングル『前のめり』と同じ場所なんですよね。もう、これだけでも感動しちゃいました。

鎌田 それ! あの頃はふたりとも選抜じゃなかったからMV撮影に行けなかったけど、実際に砂浜に出たら「ここだー!」って感動したよね。

末永 そしてある意味SKE48らしく、撮影当日は雨に降られたり。でも急に晴れ間が出てきて「今だー!」って。

鎌田  それについては私からひと言。今まで「鎌田は雨女」疑惑がSKE48内にあったんですよ。でも、私は菅原(チームE・菅原茉椰)が雨女なのではないかと思っていたんですね。そうしたら私の出ているシーンではパアーッと晴れて、菅原のシーンでは雨が降ってきたので、やっぱり「雨女は菅原茉椰」で確定だと思います。

末永 どうだろう(笑)。

――それでは『あの頃の君を見つけた』にかけて、「あの頃の私に言いたいこと」を教えてください。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love