押井守のサブぃカルチャー70年「漫画の巻 その2」【2021年11月号 押井守 連載第32回】

今回も前回に引き続いて「漫画」の話題。「漫画を雑誌で語る」という方針での前置きを終え、ついに『ガロ』と『COM』のお話です!
取材・構成/渡辺麻紀

バックナンバーはこちら

当時の少年漫画の一線を超えた表現があった『ガロ』と『COM』

――漫画というサブカルを語っていただいていますが、押井さんはそれを作家ではなく、漫画雑誌の在り方や歴史で語ったほうが本質に近づけるとおっしゃっています。前回は、月刊から週刊へとシフトしていった1960年代後半から1970年代初期についてでした。前回、押井さんは、少年漫画と少女漫画の歴史は微妙に違うとおっしゃってましたけど……。

少年漫画は「週刊」がメインになって大きく変わったものの、少女漫画の場合はそこまで影響はなかったんじゃないかと思っているんだよね。私が男だからかもしれないけど、週刊少女漫画誌の印象が薄いんですよ。

少女漫画界の新御三家と呼ばれていてた萩尾望都、山岸凉子、竹宮惠子が活躍していたのも月刊誌じゃない?

――調べてみると、萩尾望都の『ポーの一族』は『別冊少女コミック』と『フラワーズ』、山岸凉子の『アラベスク』は『りぼん』で月刊誌。でも、竹宮惠子の『風と木の詩』(1976~1984年)は『週刊少女コミック』から『プチフラワー』ですね。ちなみに池田理代子の『ベルサイユのばら』(1972~1973年)は週刊の『マーガレット』です。

そうか……でも、私の印象はやはり月刊誌なんですよ。

私が密かに思っているのは、女子はあまり漫画にお金をかけたくないんじゃないかということ。単純に男女を比較した場合、漫画にお金をかけるのは絶対男子じゃない? 漫画のみならずゲームもアニメも男子がお金をつぎ込む。

つまり、何を言いたいかというと、サブカルにお金をかけるのは男のほうだってことなんです。女子の場合、洋服やお化粧、美味しいものや旅行……それこそお金をかけたいジャンルがたくさんある。でも、男の場合、これって決めたら、そこにガンガンつぎ込むからね。有償資源にお金を投下するのは、明らかに男子のほうなんです。

――私の知っている女性は、ジャニーズにお金をつぎ込んでいますよ。コンサートに行き、そこでグッズを買い、追っかけで地方のコンサートにも行く。

そんなの大したことないよ。男子の場合はもっとつぎ込むから。おそらくアイドルへの資金投下は男子が90%。ゲームに課金する廃課金者と重課金者はほぼ100%男だから。

――女子は、カタチとして残るもののほうが好きなんじゃないですかね。ブランドを買い漁るなんていうのは女子のほうが多そうじゃないですか。

ブランド品は虚栄心だよ。女子はまんべんなくばらまき、まんべんなく欲しがる。一方、男子はコレと決めたら一点集中。そこにしかお金を投下しないから、ほかのことはどうでもよくなる。

しかも男子の場合は、好きになると「プロ」という顔が見えてくる。プラモもゲームも、すぐに「プロ化」したくなって、仕事にしようと思うようになる。

男子がアニメにハマると「アニメーター」という文字が頭に浮かんでくるけど、女子の場合でそうなった人はあまり聞いたことがない。漫画も同じ。漫画家志望は圧倒的に男子が多い。

さっき言った「新御三家」を支えたのも実は男子なんです。かつてないほど男子が群がった。とりわけ萩尾望都の『ポーの一族』だよね。山岸凉子の『アラベスク』だって男子がたくさん読んでいたんだから。

――『ポーの一族』は吸血鬼ものだから男子が読むのもわかりますが、『アラベスク』はバレエ漫画。それでも男子が読んでたんですか?

そういう固定概念を崩したのが3人なんだよ。それに、彼女たちはアドニス・シリーズでブレイクした。少年愛の作品。

――萩尾望都は『ポーの一族』と『トーマの心臓』、山岸凉子は『日出処の天子』、竹宮惠子は『風と木の詩』。みんなやおい系というか腐女子系というかBL系というか、そっち系でしたね。

テーマも固定概念を壊しているんですよ……って何の話だったっけ?

――押井さん、「漫画を雑誌で語る」とおっしゃってますよ。

そうそう。だから月刊誌の時代の漫画は付録や読み物もあって、子供の好きなものを詰め込んだ、いわば幕の内弁当だった。それが週刊誌になって、漫画だけに絞り込んだ厳選スタイルになり、怒涛のように漫画を読める時代になったんです。

で、ここからがやっと本題なんだけど、月刊誌で漫画を読んでいた子供が中学生、高校生になって週刊漫画を読むようになり、そのまま大学生になる。今と同じで、みんななかなか漫画を卒業できない。

でも、だからといって『鉄腕アトム』で満足できるかというとそんなことはない。子供時代と同じ漫画じゃ満たされなくなる。

描いているほうも、もう少し作家的なものを描きたくなる。石ノ森章太郎はその典型で、もっと作品を、もっと漫画の表現を突き詰めてみたい、漫画の文学的要素を追求したいとか、そういった個人的野心をもった作家だったからなおさらだよね。

手塚治虫も絶えず新しい漫画に挑戦したい人だった。子供向けはもちろん、大人向け、歴史漫画、もっと危ない漫画も描いていた。

そういう読者や作家の受け皿として登場したのが『ガロ』と『COM』だったんだよ。

――押井さん、やっとその名前が出てきましたね。

はい。この2誌は最初から作家主義だった。作家の描きたいものを描かせる。年齢層も高めで小学生は無理。中学生も難しい。高校生以上なら何とか。そういう世代をターゲットにして創刊した。

『ガロ』は青林堂という小さな出版社で、確かその前身は貸本だったと思うよ。創刊したのは名物編集長(長井勝一)と白戸三平。『カムイ伝』でスタートし、白戸三平が一枚看板だった。

一方、『COM』は虫プロ系(虫プロ商事)から出ていて、手塚治虫が看板。手塚治虫の『火の鳥』が連載されていた。つまり、白戸三平か、それとも手塚治虫か。このふたりは明らかに違うどころじゃなくて、はっきりと違う文化なんですよ。『サンデー』と『マガジン』の比じゃないくらい違っていたんだから。本当に、徹底的に違う文化! だから、真っ二つに分かれたんです。

当時の私の認識では、『COM』はプチブル的。中産階級的な印象だった。でも『ガロ』はもっと先鋭的で、はっきり言っちゃうと「アカ」だよ。何せ『カムイ伝』なんだから、テーマは階級闘争。反権力であり、反社会的。

漫画の表現もまるで違っていたよね。『ガロ』は暴力とエロ。『COM』は爽やかな印象だった。いわば(石井いさみの)『750ライダー』の感じってわかる? バスケシューズの世界なんだから。

――押井さん、それだと普通の漫画とあまり変わらないんじゃないですか?

それでも、当時の少年漫画の一線を超えた表現はあったんです。雑誌の意図が「漫画の表現そのものを変えて行こう」だから。石ノ森の描いていた『ジュン』という作品なんて、ほとんど文字がなくて、サイレントに違い漫画、究極的な表現を目指した実験的な漫画だったんですよ。

『COM』は、いわば手塚治虫の実験誌みたいなもので、『ガロ』はプロレタリアート。新左翼的な学生や、尖がった漫画を目指している者が支えていた。白戸三平は抜群に画力があったけど、ほかの作家はそうでもなくて、ウリはヘタウマだった。ヘタウマの元祖と言ってもいいくらいなんじゃないの?

この『ガロ』の流れを汲んでいるのが『月刊コミックビーム』。『ビーム』も、いつ休刊になるかと言われ続けてもう20年以上(2021年12月号が創刊26周年記念号)もがんばっている。

――押井さんも参加していた徳間書店の漫画誌、『月刊COMICリュウ』はまるで『ガロ』みたいじゃなかったですか。丸尾末広とか吾妻ひでおも描いていた記憶があります。

あれは編集長の趣味だよ。私も「これで大丈夫なのか?」って言ったくらいだから。私も『リュウ』の立ち上げには一枚かんでいて、創刊号のおまけDVDを製作した。『女立喰師 パレスチナ死闘篇』だよ。製作費は●●●万円と恐ろしく安く当然、足が出ちゃったんだけど、この作品をきっかけに『女立喰師』シリーズが立ち上がった。そういう意味では赤字でも作った甲斐はあったんです。

――そうでしたね。

で、また話を戻すと、この2誌の創刊によって、大学生以上の大人が読める漫画誌の需要があることが証明されたわけですよ。

――いわゆる青年誌というカテゴリーですね。では、その話は次でお願いします!

 

<解説>

『ガロ』こと『月刊漫画ガロ』は、1964年から2002年まで青林堂が刊行。1998年には『ガロ』の元編集者たちによって青林工藝舎が設立し、『ガロ』の意志を継いだ隔月誌『アックス』が刊行され、今に至っている。同誌の作品にはつげ義春の『ねじ式』、水木しげるの『鬼太郎夜話』、杉浦日向子の『百日紅』等がある。

また『COM』は、1967年から1973年まで虫プロ商事から出版されていた漫画誌。看板漫画は手塚治虫の『火の鳥』シリーズで『黎明編』から『乱世編』まで9編を連載した。そのほかの連載には出﨑統の『悟空の大冒険』。また、手塚治虫や石ノ森章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄を始めとした12人の作家による競作漫画『トキワ荘』も掲載された。『COM』からキャリアを始めた作家には諸星大二郎、あだち充、竹宮惠子、長谷川法世、西岸良平等がいる。

※次回第33回は12月13日(月)配信予定です。

<プロフィール>
押井守(おしい・まもる)●1951年東京都生まれ。映画監督。大学在学中より自主映画を制作。1977年、竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)入社。スタジオぴえろ(現・ぴえろ)を経てフリーに。主な監督作品に『機動警察パトレイバー the Movie』(1989年)、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年)、『イノセンス』(2004年)、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008年)など。また、近著に『押井守のニッポン人って誰だ!?』『誰も語らなかったジブリを語ろう』、『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』、『シネマの神は細部に宿る』、『押井守の人生のツボ』(すべて東京ニュース通信社刊)など。

『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』が絶賛発売中。

長らく入手困難だった本書が、増補版として待望の再登場!
およそ40年にわたって親交を結んできたスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーとの最初で最後の(!?)往復書簡、押井監督と長年タッグを組んできた盟友・石川光久プロデューサー(株式会社プロダクション・アイジー代表取締役社長)、スタジオジブリ等で長らくプロデューサーを務めてきた高橋望氏との本音がぶつかり合う鼎談を新たに加えた増補版です。

投稿者プロフィール

TV Bros.編集部
TV Bros.編集部
テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額800円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。
0
Spread the love