【7月号 大森靖子 連載】『大森靖子の超一方的完全勝利』

錯乱と水鉄砲、狙いを定めて放物線を描く、どうして真っ直ぐに届かないのか、どのように孤を描いて、どのように個を欠いて目的までどんな感触で辿り着くか、そしてそれが痛みであったとして、それをつらいと思うか、喜びと感じるか、興奮するのか、その辺りまで想定などしたところで面白みがない。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love