押井守のサブぃカルチャー70年「宣弘社の巻」【2020年9月号 押井守 連載第4回】

連載第4回となる今回のテーマは、『月光仮面』、『隠密剣士』など数々の名作を生みだしながらもあまりその功績を語られてこなかった制作プロダクション「宣弘社」について。『ウルトラマン』シリーズなどの特撮作品でその存在が燦然と輝く円谷プロダクションとの比較、宣弘社作品の思想性など、今回も大いに語っていただきました。

取材・構成/渡辺麻紀

連載第0回(無料)はこちら
前回の連載第3回(「月光仮面の巻」)はこちら
連載バックナンバーはこちら

宣弘社作品は一言で言うとイデオロギッシュ
円谷作品には思想性はなく、大きなウリは特撮

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love