「“大人のPerfume”をお見せします」【2021年3月号 Perfume 連載】『たちまち、語リンピックせん?』

今回は2/14(日)に開催されたPerfumeファンクラブ会員限定生配信『P.T.A.TV Vol.12~BAR香』の話題をお届けします。
この日、発足13周年を迎えたPerfumeファンクラブ「P.T.A.」。これまでのイメージを一新した“大人のPerfume”をお見せする配信ということで、Perfumeによる「お悩み相談」やPerfumeの原点であるダンスをお見せする企画、TikTok撮影の裏側など盛りだくさんな内容でした。会員以外の方も配信冒頭の一部パートをYouTubeライブやインスタライブなどでご視聴された方も多いのではないでしょうか。
ということで、3人の気ままで楽しい語リンピック、スタートです!
構成/照山紅葉

[テーマ]「『P.T.A.TV Vol.12~BAR香』」
[言い出しっぺ]Perfume

2月15日はあ〜ちゃんの誕生日。Perfume全員32歳になりました!(のっち)

──早速ですが、前回の連載で皆さんがLittle Glee Monsterさんのお話をされたところ、ガオラー(Little Glee Monsterファンの愛称)の皆さんの反響がかつてないほどすごかったです。メンバーのmanakaさん(@im__mnk)もTwitterで触れてくださって。

あ~ちゃん キャー、うれしい!

のっち   manakaちゃん! びっくり。

かしゆか  こないだ録画してた『SONGS』(2021年2月6日放送・NHK総合)を観てたらもうボロ泣きで。うううう……ってティッシュどぼどぼになるほど嗚咽しながら一緒に歌ってました。

あ~ちゃん TOKYO FMの記事も読んだ?(2021.02.08 今夜のSCHOOL OF LCOK!生放送教室はLittle Glee MonsterからMAYU先生・manaka先生が来校!)

かしゆか  読んだ!

あ~ちゃん マジで熱いこと喋ってて。あのエピソードを見てリトグリちゃんの曲を聴いたらみんな絶対ハマると思います。やっぱり自分が好きな人が紹介するものは好きになるんだなと思ったし、やってくれたぜ! って感じでした。

  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

──あ~ちゃん、お誕生日(2月15日)おめでとうございます。

あ~ちゃん ありがとうございます!

のっち   Perfume全員32歳になりました!(拍手)

 

あ~ちゃん もう、びっくりですね。前日に私たちのファンクラブ「P.T.A.」で恒例の生配信企画(『P.T.A.TV VOL.12~BAR香』)をやらせてもらったんですけど、初めて行った収録先のお店の音響さんが、10代の頃に同じ事務所でよく一緒にストリートライブをやらせてもらってたPaniCrew(註1)のメンバーの方で。

(註1)PaniCrew(パニクルー)/1998年結成、2000年11月にシングル「ディスコネクション」でメジャーデビューしたダンスパフォーマンスグループ。植木豪、水野哲也、山本崇史、佐々木洋平、堀内和整、中野智行、森田繁範、笠原康哉。

のっち   それもびっくりした!

かしゆか  てっちゃんさん。

のっち   水野哲也さん。

あ~ちゃん もともとシュッとされてた方だったけど「なんか痩せました?」って聞いたら「いや~、痩せました!」とか言ってて超おもしろかったです(笑)。一緒に写真撮ったりして。アミューズの歴史ですよね。自分も32歳になって、ずいぶん長くやっとるわとも思う一方、でも始めたのも早いからまだまだ若いし、なんでもできるなとも思って。

のっち   てっちゃんさん、「俺もう45だよ〜」って言ってたね。

かしゆか  でも、見た目全然45歳に見えないから「お若いじゃないですか。私たちも32なんで」みたいな。Perfumeが中学生の頃、PaniCrewのメンバーの方に「おいしいレシピ」の振りを付けてもらったことがあるんです。

あ~ちゃん そうそう。堀内和整さん。

かしゆか  ホーリーさん! 懐かしい。

のっち   15年以上前だから。

あ~ちゃん 縁があるなあと思ったのは生配信の前に、豪さん(植木豪)が演出されている舞台を観に行ったんですよ。その前日にELEVENPLAYの公演(『border 2021』)で、たまたま豪さんとお会いして。

のっち   へぇーっ!

あ~ちゃん 「久しぶりーっ!」って声をかけてくれて「お久しぶりです! 明日、豪さんの舞台行きます!」「えーっ! 楽しみにしてて」って。その豪さん演出の舞台が、めちゃめちゃ面白くて。なんていうか、PaniCrewさんの意識、豪さんの意識みたいなものがその舞台にあるんよ。魂が着装しとるっていうか。不思議だなと思うんですけど、演出家さんの意図を汲みたい、それを自分はどうしてもやりたいです! って人たちが集まってるというか。ダンサーさん含めて。やっぱそれが、自分がかっこいいと思うものをやって、どうだい? って見せてることがやっぱりこっちも気持ちがいいし、かっこいいと思える。

のっち   うん。

あ〜ちゃん アイドルとかもそうだけど、やっぱりやらされてる感が1ミリでも出た途端に覚めることってあるじゃないですか。自分がこれをやりたくて“これが好きなんです、力になれたら!”みたいな全力の本人がそこにいるから、観ている側も気持ちいいし“応援したい!”と思う、みたいな。その感じが、さすがだなあと思った。もし自分が演出とか例えばした場合、自分の考えが、いや全部かっこいいなって思ってもらえる自信とかないし、自分のうしろに続いてくれる人なんかおるんかな? と思うけど、豪さんにはやっぱり世界ダンスで1位獲ってたりしてたじゃん? いまも現役でかっこいいダンスを踊り続けてるから、ダンサーたちも豪さんについていく。それがかっこいいなあと思ってたんよ。

のっち   うんうん!

あ~ちゃん そしたら次の日に同じPaniCrewのメンバーに会えたもんじゃけぇ、これはもう会うべくして会っとるわ! と思って。

のっち   ぶち上がるよなぁ。

あ~ちゃん ね? これはPaniCrewさんと何かの縁がもっとつながっていくんじゃないかなと思って手を合わせとるんじゃけど(しばらく目を閉じて拝むポーズ)。

のっち   あはははは!

──あ〜ちゃんが観に行かれた植木豪さん演出の舞台って『「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」Rule the Stage -track.4 -』ですか?

あ~ちゃん そうです! すごく勉強になりました。私はマスク2枚の上にフェイスシールドをつけて観覧したんですけど、チケット代にオリジナルデザインのフェイスシールドも含まれていて、それがめちゃかっこいいんです。さらにオーディエンスキットといってオリジナルのパーカーだったり、オリジナルのCDだったり、グッズがいろいろ付いてて。

かしゆか  それもチケット代に含まれてるんだ?

あ~ちゃん そう。だから“ここに迷い込んできた!!”っていう印象があったなあ。

のっち   『ヒプノシスマイク』の世界に入ってるような感じなんだ。

あ~ちゃん もう本当に“アニメのキャラクターが生きて出てきた!”みたいな。しかも劇中の楽曲がマジかっこよくて。KEN THE 390さんが音楽監督で、いまトップで活躍されてるラップの方が音楽を作っているから本物なんですよ。でも、お客さんは声援を送りたくても叫んじゃいけない。だからリズムに乗りながら、指でそれぞれのグループのサインを作って観てるんです。(指のサインを次々変えながら)これがイケブクロ、これがヨコハマ、シブヤ、シンジュク、ってやってて。背中しか見えないけど、それぞれのグループのキャラクターが出てきた瞬間、お客さんがみんな一回グッってなってて(笑)。きっといつもだったらキャーって叫ぶところ、その思いを腕に込めて。あれはすごい景色でしたね。

のっち   声優さんのライブとは別に、舞台版はまたオリジナルのキャストが出演してるんでしょ?

あ~ちゃん うん。高野洸くんとか阿部顕嵐くんがキャラクターに扮して出てくるんです。歌もみんなうまいし、音楽がマジでかっこいいから『Mステ』とか出てほしい! ライブもっとやったらいいのに。10分ぐらいラップがずっと続くんよ? 本当だったら腕を上げてノリノリで観るものだと思うんだけど、そこはこれなんで(片手のサインを小さく動かす)。

のっち   あはははは!

あ~ちゃん それで♪ダンダンダーン、ダンダーン、パ──ン!って曲が終わるんよ。そんなの絶対、キャーッ☆じゃないですか。あの世界に入り込んでいるから。また、付けてるフェイスシールドシールド越しの視界の歪みがリアルに見えて、本当に『ヒプノシスマイク』の世界にいるみたいな気持ちになる。

のっち   へぇーっ! 面白いね。目の前に一個、壁があることがよく作用してるんだ。

あ~ちゃん すごく面白かったし、舞台立つの、いいなぁって思って。刺激を受けました。

──また新宿ロフト(2006年4月19日開催のイベント「Rhythm of Fear」)で披露したPerfumeさんのヒップホップダンス、見せていただきたいです。

あ~ちゃん やりたいです! ヒールでやるようになってから、そういうのあんまりやらなくなったし。やったところでそっち風になんないんですよね。ヒールだと。

のっち   気づかれないよね? 

あ~ちゃん うん。気づかれないでそういうダンス踊ってること、結構あるんですけどね。それこそ、PaniCrewさんの曲とか踊りたいね?

のっち   踊りた──い!

あ~ちゃん ♪桜色の~、空を見上げ~(手を叩きながらPaniCrew「BASKET BALL」を歌い出す)。

のっち   懐かしい!

あ~ちゃん もう、一瞬であの時代の自分にトリップしますね♪

  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

あ~ちゃん 最近、BOYSTYLE(註2)さん、Buzy(註3)さんのベストアルバムがリリースされたんですよ。

(註2)BOYSTYLE(ボーイスタイル)/上原香代子、田野あさ美、村川絵梨、川田由起奈による女性アイドルグループ。2002年7月3日、シングル「Boys be Stylish!」でメジャーデビュー。
BOYSTYLE ゴールデン★ベスト
(2021年2月17日発売 2500円 インペリアルレコード)
BOYSTYLE初のベスト盤。8枚のシングル作品からカップリング曲を含めてセレクトしたベストアルバム。アニメ「ワンピース」オープニングテーマ「ココロのちず」を収録。

(註3)Buzy(ビズィー)/宮里真央、當山奈央、朝間ユリサ、丹羽麻由美、岩永幸子、竹田侑美による6人組女性ダンス&ボーカルグループ。2004年3月3日、シングル「鯨」でデビュー。BOYSTYLE、Perfume、小野麻亜奈、喜友名星、名取愛加らと共に音楽ユニットBEE-HIVEとしても活動。
Busy
(2021年2月17日発売 CD+DVD 2500円 インペリアルレコード)
Buzyの再発アルバムのスペシャルプライス盤。シングル4作品の作詞をポルノグラフィティの新藤晴一、作曲を本間昭光が手掛け、デビューシングル「鯨」から「パシオン」までを収録。

あ~ちゃん BuzyさんのアルバムにはミュージックビデオのDVDが付いていて、久しぶりに見たら衣装が結構めちゃくちゃ大人なんですよ。「一人一途」とか網タイツとか履いてて、黒い衣装で肌を見せて。でもあれって19とか20歳だから、自分に当てはめてたら♪繰りか〜えす、このポリリズム〜の頃で。そう考えたらBuzyさん、めちゃめちゃ挑戦してたんだなと思って。

かしゆか  楽曲的にも大人っぽかったもんね。

あ~ちゃん やっぱポルノさんが作ってるだけあって晴一さん節が効いてて、いい歌なんだよね〜。

かしゆか  そう! いい歌なんよ!

あ~ちゃん だからそれに伴うダンスとか考えたら衣装もそうなるんじゃろなと思った。「一人一途」の間奏の♪フッ、フッ、フッのところあるじゃん? それまではめちゃめちゃ歌い上げて、かっこいい感じだけど、あそこはイベントのときは結構笑顔だったんよ。侑美ちゃんとか、真央ちゃんも。だけどPV見たらそこもかっこいい表情で歌ってて。当時はそういうオーダーだったから自然にそうなってるんだろうなとか、年を重ねたことですごく冷静に見れました。楽曲の良さも色褪せないなぁと思って。

──今回のCD発売をきっかけにBOYSTYLEとBuzyが再評価されてほしいですね。

あ~ちゃん 本当ですね。当時の思いだったり、いま聴いてどう思うのかとか新たにインタビューとか受けてほしいです。そもそもCOLORさん(Buzyの前身グループ)、早すぎたんですよね。当時(1999年)韓国のプロデューサー(KIM CHANGHWAN)さんが楽曲を手がけていたり、韓国に合宿に行ったり。それっていま考えたらめっちゃ早いじゃないですか。20年前に“これからK-POPが絶対来るから”って。アミューズの会長は着目が早すぎて誰にも気づかれないことがよくあるんです。その歴史があってのBuzyだから。歌って踊って、1人が歌いあげる形もまだそんなになかったから斬新だったんだなぁと思って。私たちの中で、歌手としてアーティストとして“かっこいい”パフォーマンスも“完璧”と思っていたので、実際Buzyがどんなグループだったのか俯瞰でみれていなかったんですね。BOYSTYLEさん、Buzyさんのメンバーで当時の話をしてもいいよって方がいれば、ブロスさんで座談会してみたいです。

──BOYSTYLEさん、BuzyさんとのBEE-HIVE同窓会! ぜひお願いしたいです!

のっち   面白そう!

かしゆか  絶対BEE-HIVEの「シカゴ」の話(註4)になるよね(笑)?

(註4)2003年8月17日〜30日、札幌サンプラザホールを皮切りに全国7カ所をまわったBEE-HIVE「Performance Tour 2003 Summer Honey Harmony」内で上演されたミュージカル。オリジナルのブロードウエイ公演はボブ・フォッシーが振付も手掛け、1975年の初演以来「オペラ座の怪人」「キャッツ」に次ぐロングラン公演となっている。

あ~ちゃん 記事を読む人は“え? なにそれ?”みたいな(笑)。

かしゆか  いまでも覚えてるのが、池尻のスタジオで虫が出たこと、金縛りにあったこと……。

あ~ちゃん 懐かしい!

かしゆか  すぐ出てくる。みんなで全国回ったもんね。

あ~ちゃん あんなにお客さん入ってないのによく回ったよね?

かしゆか  期待の投資がすごかったんじゃない(笑)?

あ~ちゃん BEE-HIVEのツアーをいまでも覚えとってくれとる人、うちらの親と照山紅葉さんくらいしかおらんけんね(笑)。でもその座談会、今年実現できたらめっちゃ良いなぁ!

  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

──再び『P.T.A.TV VOL.12~BAR香』のお話の続きをお願いします。

あ〜ちゃん その場でPerfumeの曲名を出されて踊る「この曲、振り付け覚えてるかな?」のコーナーがマジやばかったね?

かしゆか  P.T.A.会員限定放送部分がやばかった!

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love