安藤玉恵×ともさかりえ<前編>「エイコの長ゼリフはいいですよね。グッときます」【松尾スズキがおくる二人芝居『命、ギガ長スW』まもなく上演!】

2019年に松尾スズキと安藤玉恵によって上演された二人芝居『命、ギガ長ス』が帰ってきた! 認知症気味の80代母親とニートの50代息子という、世間的にはにっちもさっちもいかない親子をポップにユーモラスに描き、ラストでは替えのきかない二人の関係に切なくも希望を感じさせられた作品が、キャストも新たに再演されるという。初演にも出演した安藤玉恵と、松尾作品には初挑戦となるともさかのスペシャル対談を前後編でお届け。前編では、戯曲の面白さについて語り合う! 母親でもある二人がグッとくるセリフとは――。

撮影:為広麻里(安藤玉恵)、大槻志穂(ともさかりえ) 取材・文:石本真樹 構成:末光京子

ヘアメイク:大和田一美(APREA)(安藤玉恵)、伴まどか(ともさかりえ)

スタイリング:salon de GAUCHO(Kei)(安藤玉恵)、斉藤くみ(ともさかりえ)

★『命、ギガ長スW(ダブル)』スペシャルインタビュー記事一覧はこちら

 

東京成人演劇部vol.2『命、ギガ長スW(ダブル)』

松尾スズキが2019年に書き下ろした伝説の二人芝居が蘇る!

宮藤官九郎×安藤玉恵、三宅弘城×ともさかりえのダブルキャストで上演

2019年に、松尾スズキが“演劇を始めた頃の素朴な喜び”を求めて立ち上げた「東京成人演劇部」。その旗揚げ公演となったのは、松尾スズキと安藤玉恵による二人芝居『命、ギガ長ス』だった。8050問題というシリアスなテーマを扱いつつも、人間の可笑しみや切なさ、親子の愛を感じさせる濃密な芝居は話題を集め、チケットは連日完売に。そして2022年、『命、ギガ長スW(ダブル)』とタイトルを改め、宮藤官九郎と安藤玉恵によるギガ組と、三宅弘城とともさかりえによる長ス組のダブルキャストで再演が決定!

<あらすじ>

80代で認知症気味の母親・エイコと、ニートでアルコール依存症の50代の息子・オサム。そんな彼らのドキュメンタリーを撮るため、映像作家志望の女子大生・アサダは二人に密着していた。パチンコに依存し、なぜかうまい棒ばかりを食べ続けるエイコと、エイコの年金をあてにして働きもせず酒を飲み続けるオサムだが、アサダは彼らの本心を掴めず、ドキュメンタリー作りは難航する。アサダのVTRを見た彼女の所属ゼミの教授・キシは、ある問題を指摘する。エイコとオサムには秘密があったのだ―――。

<スタッフ・キャスト>

作・演出 松尾スズキ

出演 ギガ組…宮藤官九郎×安藤玉恵 長ス組…三宅弘城×ともさかりえ

★3月4日より、東京公演(下北沢、ザ・スズナリ)がスタート。大阪、北九州、松本公演あり。

★公演詳細は、公式ホームページへ。

 

読むのが怖い! 松尾ワールド全開のすごい戯曲

――贅沢な試みにワクワクしています。今回、松尾スズキ作品初参加となるともさかさんから、戯曲を読んだ感想を教えてください。

 

ともさか 私、戯曲を読むのが怖くてギリギリまで読めなかったんです…。チラシの撮影が終わって、「始まっちゃうんだ」と実感して、これはもう読まなきゃまずいと去年の年末ぐらいに初めて読みました。

安藤 怖いですよね。

ともさか 怖さしかなかったです。読んでみて、「なんで引き受けちゃったんだろう」という後悔が押し寄せてきました。でも、同時に不思議な喜びも感じて。本当に素晴らしい戯曲なので、後悔や喜びといった感情が混ざり合う、複雑な気持ちでした。

 

――安藤さんは初演に続いてのご出演です。改めて戯曲を読まれて、何か変化はありましたか?

 

安藤 やっぱりすごいホンだなって。一度演じてはいるけど、「これ私…できるのかな」と思いました。認知症気味の母・エイコの長ゼリフは、覚えちゃえば大丈夫だと思うんですけど。

ともさか すごいですね! 大丈夫なんだ…!

安藤 覚えちゃえば。

ともさか 覚えちゃえば…確かに。稽古中、前の場面に戻ったりすると、自分がもう何をやっているのか、たまにわからなくなってくるんです。「これさっき言ったんじゃないか…」とか、幻がしゃべっているような不思議な気持ちになるんですよね。

安藤 なりますよね。よかった、同じ気持ちです。それを私は「松尾さんの魔法」と呼んでいます。魔法というか魔術のような感じです。

 

――松尾スズキワールド全開の作品だと思うのですが、お二人が特に好きなシーンやセリフを教えてください。

 

安藤 私は最後のお墓のシーン。エイコの「野田秀樹がセサミンのCMにでる時代だよ」からはじまる長ゼリフがすごく好きです。

ともさか 初演から時間が経っているのに、普遍的なセリフですよね(笑)。

安藤 エイコがうまい棒を食べ続けていた理由をしゃべるところも好きです。

ともさか 確かにエイコの長ゼリフはいいですよね。グッときます。

安藤 全部で4つくらい長いセリフがあるのかな? どれもグッときますよね。

 

――宮藤さんと三宅さんが演じるニートの息子・オサムが、お二人が演じるもう一つの役、ドキュメンタリー作家志望の女子大生・アサダに、「いろいろなことを“へて”ないからお祭りに参加できない」と語るシーンも印象的です。

 

ともさか わかります。まだ遠い未来ですが、自分の息子がそう答えていたりしたら…と想像するとたまらない気持ちになるというか。

安藤 そのシーンの少し前に、「人間には二種類あって、気づいたらお祭りに参加している人と、お祭りの参加の仕方がわからない人がいる」というところも面白くてすごく好きです。自分の子どもを重ねて見ると心配になりますけど。

 

母目線で考えると、どこか笑えないリアリティ

――お二人とも母親でもいらっしゃるので、エイコを演じるときには母目線でも考えますよね。

 

安藤 私、甘やかしがちなんですけど…ダメかな。

ともさか 甘やかしちゃいますよね。可愛いんだもん。

安藤 きっと、80歳と50歳になっても可愛いんでしょうね。

ともさか わかります。

安藤 もしかしたら私もエイコのようになっちゃうのかな…。

ともさか 他人事ではないというか。どこかで笑えない自分がいます(笑)。

安藤 そう、どこか笑えない…共感する部分もありますよね。

ともさか やっぱり息子がいますから。女の子だったらまた少し受け止め方が違ったんでしょうけど、息子というところで生っぽさが出てきて、胸に詰まるところがあります。

 

――オサムとエイコの親子に密着するアサダ役に関してはいかがですか?

 

安藤 どうですか、ともさかさん。

ともさか アサダの稽古がまだあまりできていないので、何のプランもありません(笑)。まだ、喫茶店で似顔絵を渡されて、大学教授のキシ先生とホテルで会うシーンの前くらい。

安藤 そっかそっか。少しいやらしい雰囲気になるシーンもこれからなんですね。

ともさか そうなんです。

安藤 なにしろ20歳ぐらいの女性を40いくつの私がやるわけですから。若くて比較的キャピキャピした女の子の役なので、初演のときは、まずは声を高くするのに昔の映画の吉永小百合さんを見て参考にしました。あとオサムさんに憧れられている部分を意識しながら、「どういう女の子だったらいいのかな」とか考えたりはしましたけど。でもセリフをきちんと言えるかどうかが一番重要なので、とにかくセリフを頑張りました。

 

――稽古はどのような雰囲気で進んでいるのですか?

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ