「実況で改めて考察する『1.4事変』」清野茂樹(実況アナウンサー)【私にとっての「1.4事変」】

1999年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で行われた「橋本真也VS小川直也」戦は、プロレス史に残る“事件”となった。小川の常軌を逸した攻撃に、なすすべもない橋本が終始防戦。結果、収拾がつかないまま没収試合となったが、セコンド陣の乱入や不穏な試合展開に、会場は騒然。小川の猛攻や橋本の無残な姿、当時の現場監督・長州力の激高、大仁田厚の同大会参戦、黒幕とされたアントニオ猪木の存在……さまざまな事象が複雑に絡み合って起きたであろうこの事件は、関係者の間接的な証言はあっても当事者の証言がないため、22年経った今も「1.4事変」として、ファンの間で長らく解明が望まれていた。

そんな中、当事者である小川がテレビ番組『こやぶるSPORTS超』(カンテレ)に出演して、突如この事件に関して初めての証言を行い、界隈に激震が走った。

暴走王・小川直也が初激白!「1.4事変」の真実&「人生を変えた銀メダル」と悲願の金メダルを託した子供たちへの熱き想いとは―(【こやぶるSPORTS超】チャンネル カンテレ公式)

このたび、緊急コラム企画として、22年にわたってこの事件の解明に努めたプロレス識者3名に、自身にとっての「1.4事変」とは何だったか、今回の証言に際しての思いを綴ってもらった。

第2日目は、連載『神田伯山の“真”日本プロレス延長戦』でもおなじみの実況アナウンサー・清野茂樹。まさに自身の専門分野である「実況」で、再び「1.4事変」に迫る。

<プロフィール>
清野茂樹(きよの・しげき)●1973年兵庫県生まれ。広島エフエム放送(現・HFM)でアナウンサーとして活躍。『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系)で数々の名実況・名言を生み出した古舘伊知郎アナウンサー(当時)に憧れ、宿願だったプロレス実況の夢を実現すべく、2006年フリーに。2015年には新日本プロレス、WWE、UFCの実況を行い、前人未到のプロレス格闘技世界3大メジャー団体を実況した唯一のアナウンサーになる。『真夜中のハーリー&レイス』(ラジオ日本)のパーソナリティーとしても活躍。

実況で改めて考察する「1.4事変」

文/清野茂樹(実況アナウンサー)

 

橋本真也と小川直也のいわゆる「1・4事変」について、筆者はテレビ観戦組であった。この試合については当時からファンの間でいろんな推理が飛び交っているものの、ほとんどの人が記憶だけで語っているのではないだろうか。そこで、筆者は当時の放送を録画したビデオテープを引っ張りだし、久々に再生したのであった。

 

ウィーン…ガシャガシャ。

 

 

さあ、我が家では現役、東芝のビデオデッキが音をたてて動き出しました。22年という時空を超えたタイムカプセル。画面には松本引越センター、キューピーコーワゴールドAという懐かしのCMに続いて…さあ、小川直也、続いて橋本真也の入場だ! 今は亡き“破壊王”、忘れられた新日本プロレスとUFOの三番勝負、その決着戦、両者がリングインを果たしたところで…・再びCM!

 

うーん、味わい深い深夜帯のCMの景色であります。2時間ドラマ終着駅シリーズ「街」とテロップが出ました、片岡鶴太郎、松村雄基、小林綾子、岡江久美子に名古屋章と、キャストの顔ぶれに22年という月日の長さを感じます。おっと、CMが空けて再び東京ドーム、いよいよ試合開始のゴングが鳴った!

 

小川直也、ひきしまった肉体、サウスポーに構えている! 黒のスパッツのレガース、さらにはオープンフィンガーグローブを着用しています、当時は30歳。対する橋本はちょっとやりにくそうな構え、橋本ローキック! ん、小川が合わせた、左ストレート! 顔面に入った! 総合格闘技を見慣れた現在の視点からは、橋本の構えが非常に危なっかしい! 無免許運転を見ているようであります!

 

橋本、小川をロープに押し込んだぞ! まだ髪が黒々としているレフェリーのタイガー服部がブレイクを命じますが、橋本、右手でレフェリーを払いのける! あっと右手がチョップのように服部の顔面に入った! ん!? こんなシーンがありましたっけ? あ、いや、私、完全に忘れておりました…顔面を気にしている服部レフェリー、どうやら橋本のチョップが目に当たったようだ! 頭を下げた橋本の鼻からは血がしたたり落ちる! 先ほどのパンチのダメージか?

 

あっ! 小川が橋本の右脇を指して、テイクダウン! マウントポジション! 小川、鉄槌! 危ない! 橋本、動けない! さらには腕ひしぎぃーーっ、と、なんとか橋本、ロープに逃れました! ここまでは小川のワンサイド…橋本は何とか組み付いてロープに押し込んでいく。服部レフェリーがブレイクを命じますが、橋本がレフェリーにヒザ蹴り、タイガー服部が崩れ落ちて場外でうずくまっています! そう、このシーンはハッキリと記憶しております!

 

レフェリー不在の中、試合は続行! またしても小川マウント、橋本動けないぞ! ぎゃ、後頭部を踏みつけた! 顔面にキック! 橋本転がって場外、花道に横たわる! 真っ先に駆けつけたのは山崎一夫、エプロンには藤田和之。UFO側から佐山サトル、そして永田裕志、中西学、佐々木健介、平田淳嗣が橋本のそばに駆け寄ってきた。エプロンサイドで飯塚高史がジェラルド・ゴルドーの胸をつき押しますが、ゴルドーが握り拳で牽制! ここから緊張感が高まります! 山崎が小川に詰め寄っている!

 

さらにUFO側からは4代目タイガーマスク、村上和成の姿。エプロンサイドで平成維震軍の小原道由が大声を出しているあたりが、異常事態を物語っております! その後ろでケンドー・カシンは静観の構え。これはたいへんなプロブレム! プロブレム! プロブレム! そして、ここでゴング! 出た! 小川の飛行機ポーズ、そして、マイクを握った! その一方でリング上には選手が続々と集まってきます!

 

田中リングアナが無効試合と判断したというレポートが、真鍋アナから入りました。試合時間は6分58秒、真鍋アナものちに大仁田劇場に巻き込まれることになろうとはこの時点では想像もしていないはずだ!

 

小原とタイガー、安田と村上がやり合う! 健介は小川に何か言っている! のちに二人もドームで一騎打ちをする運命にあるわけですが…あっっと、長州だ! 長州だ! 長州力が花道を駆け抜けてきた! リングサイドのカメラマンを蹴り飛ばしてリング内。小川は青コーナーによじ登る。その周囲をUFC陣営、ゴルドー、村上、タイガー、最前線には佐山サトルが盾になっている。のちに雑誌でもよく使われる、あのシーンです!

 

長州が小川に詰め寄りますが、橋本が長州を制止する! 長州が永田にトゥーキック! かなり興奮しています、長州! ウインドブレイカーを脱ぎ捨てた! しかし、小川はすでにリングを降りて足早に去って行く! いったいどうなるんだーっ! と、期待を持たせたところでCM!『たけしの万物創生紀』の番宣だ。ああ、忌まわしきTPGの記憶が甦るっー!

 

 

と、ビデオを見ると、思わず実況してしまったわけだが、今でも不可解なことが多い。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love