SKE48のたまにはアツく語らせて! vol.6「野球をアツく語らせて!」

SKE48のメンバーが、大好きなものについて激アツで語り倒す連載『SKE48のたまにはアツく語らせて!』。アイドルという「枠」とか「たしなみ」とか「しがらみ」など一切を考えず、ただひたすらに「ここが好き!」というトークを繰り広げる連載です。テーマは毎回変動。たまに注ぐ愛が激しくて、トークの内容がマニアック過ぎることもありますが、そこは「好きなんだからしょうがないよね」という気持ちで適当に流してお楽しみください。そしてSKE48のメンバーを巻き込んだ妄想トークも! 

今回のテーマは「野球」。プロ野球だけじゃなく、高校野球も含め、広く野球を愛する3名がアツく語ります。3人が野球を観始めたきっかけはほのぼの話。しかしハマり始めてからの「推し活」や「推しグッズ」はディープ話! 「好き」って、自分で止めるの難しいよね。推し活はSKE48ファンのみなさんなら「俺らとやってること同じじゃね?」と感情共有できると思います。

取材・構成・文/浅井加枝子

今回のトークテーマ「野球をアツく語らせて!」


トークメンバー/仲村和泉&日高優月&藤本冬香

仲村和泉(なかむらいずみ)
チームS所属
2000年3月15日生まれ
大阪府出身

日高優月(ひだかゆづき)
チームKⅡ所属
1998年4月1日生まれ
愛知県出身

藤本冬香(ふじもとふゆか)
チームKⅡ所属
1998年4月3日生まれ
広島県出身

野球は観るだけじゃない、体感してこそ野球ファン!


――まず、みなさんいつぐらいから何きっかけで野球ファンになりましたか?

日高 いつからかははっきりわからないんですけど、家族みんな野球ファンだったんですよ。だから子どもの頃から放送のある日は必ず家のテレビで野球を観るし、家族と球場で観戦もしていたんです。それで大人になっても野球大好きのまま。母と兄はジャイアンツ推しなんですよ。それでドラゴンズファンの父は私を味方に取り入れて(笑)、以来私はドラゴンズファンに。

藤本 私は広島出身なんですけど、小学校5年生のときに新しい球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)が出来たから行ってみようよと、家族と友だちの家族の合同で行ったのが、今思えばきっかけです。球場へは小学生の頃は家族と行き、中高生のときは友だちと一緒に。でも大学生になったらみんな予定が合わなくなって結局ひとりで通うようになりました。きっかけは「球場を見に行った」だけな割に、その後がガチな広島東洋カープのファンに(笑)。

仲村 私は特定の球団ファンというわけではないんですけど、中学3年生のときに高校野球を観に行ってそこから野球ファンになりました。そしてSKE48に加入してから、SKE48メンバーのみんなで観戦に行ったことがあるんですけど、そのとき野球観戦の楽しさを知って、以来ずっとプロ野球ファンです。高校野球は今も大好きですよ。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ