【2022年3月号 爆笑問題 連載】『最後の仕事』『ウォーキングデッド』天下御免の向こう見ず

バックナンバーはこちら

 

<文・太田光>
最後の仕事

 齢九十を超えた老人は、テーブルの上の一葉の写真を眺めていた。
 若き日の自分と満面の笑みで握手をしているのは、ロナルド・レーガン。当時のアメリカ大統領だった。
 写真を見つめる老人の目は心なしか柔らいだようにみえた。
「……貴方は、絵になる男だった」
 ハリウッドで西部劇に出ていたというだけのことはあり見栄えがした。背が高く威圧感があったが、笑うとその笑顔は輝くようで、一瞬でその場の主導権と注目度を独占した。言葉にせずとも、主役は私だ。というように。
 四十年近く前になる。
 冷戦。東西の緊張は極致にまで高まっていた。米ソの軍拡競争は精神的にも経済的にも限界まできていた。世界中の人々が、いつ核戦争が起きても不思議ではない。と、常に覚悟していた。
 老人はジッと写真を見つめている。
「……あの時貴方と私は、世界の注目の的だった」
 ロナルド・レーガン大統領と対談する必要がある。
 そう決めたのは彼だった。
 第二次世界大戦後。共産主義の国であるソヴィエト連邦と、自由主義の代表であるアメリカ合衆国は二つとも核保有国であり超大国で、決して交わることがない敵対する者同士として世界に君臨してきた。
 あり得ないと思われていた両国のリーダーの対面が実現したのは、スイスのジュネーブ。
 奇跡のツーショットを世界中が驚愕の眼差しで眺め、熱狂した。
「あの頃の私達の仕事は、大したものだった」
 二人で重要なことを確認しあった。
「核戦争は許されない。そこに勝者はいない。ソ連と米国は、軍事的優位を志向しない」
 それはシンプルな思考だったが、実現するにはあまりにも複雑だった。
 二人は何度も会い、グチャグチャに絡み合った鉄の鎖をほぐすように、丁寧に、大胆に共通の目的に向かい、ひとつひとつを解いていった。それは困難な作業だった。
 二人は時にお互いの誤解を解かなければならなかった。
「あなたが先生ではないし、私が生徒ではない」
 レーガンは彼より二十歳も上だった。時としてその態度は子供を諭すようになる。彼は父のような大統領に何度もそう言わなければならない場面があった。
「もちろん」そう言ってレーガンは笑った。
「わかっています。私は自分の立場を説明しているだけだ」
 それでもアメリカとレーガンは、自分と自分の祖国に、気がつくと教えるという立場を取りたがった。その度に「我々は対等である」ということを念押ししたものだ。とはいえ、二人の関係は概ね良好だった。どちらも何としてもこの会談を成功させなければならないという強い意思があった。互いの家族を紹介し合い、酒を飲み、散歩もした。そして根気よく話し合った。
 大陸弾道ミサイル・戦略爆撃機、中距離核戦力・戦略防衛構想。
 互いの国の内部からもいくつもの妨害があったが、その都度二人でとことん話し合い、大国のプライドや意地を捨て、軍縮、核撤廃という青臭い目標に向かって政治生命を、いや、自分自身の生命をかけた。
 世界は二人が次々と成し遂げていくことを奇跡を見つめるような目で見守り続けた。
 INF全廃条約調印。
 共同声明では、世界中が歓喜し、互いに祝福し合った。
 人類の喜びの手応えを確かに感じた。歴史は大きく転換し、新しい時代に入るのだ。人類滅亡の不安はなくなり、世界は真の平和をようやく手にしたのだ。人間は、よちよち歩きの子供から、ようやく分別のある大人へと成長したのだ。
 それまで世界を覆っていた黒い雲が一気に晴れて青空が見えていくようだった。
 今、テレビでは老人の祖国の現在の指導者が演説している。それはとても攻撃的なメッセージだった。対するアメリカの現在の指導者もまた、応戦する形で強い言葉を発している。
「我々の頃とは違う」
 老人は、テレビに映るよく知る現在の指導者を見つめた。
 彼と初めて会ったのは、いつだったか。
 痩せて、眼光の鋭い青年だった。直立不動で自分に敬意を表していたが、鋭い目の奥には、一瞬敵意が見えたような気がした。しかし、この青年がこれからこの国を率いていく人物になるだろうことは、瞬間的にわかった。
 テレビの中の男は、痩せっぽちだったあの頃とは見違えるように逞しくなり、貫禄があった。
 戦闘は続いている。爆撃を受けた町が映る。
 老人はテレビから目を逸らし再び写真を見る。
「見てくれ。私と貴方の仕事が壊れようとしていく。私達が作った世界が……」
 老人は深くため息をつき、シワだらけになった自分の手を見つめ、再び写真の中で握手している相手を見た。
「貴方はこの世界を見ずに済んで羨ましいよ。カウボーイ。どういうわけか……私は長生きをしすぎたようだ」
「ケケケ、弱気だニャぁ」
 突然、ヘンテコリンな声が聞こえた。
 見ると部屋の隅っこに奇っ怪で白い小さな動物がいて笑っている。
 耳が長くてウサギのようだが、顔は完全にネコのウサギネコだ。
「お前は?」
「ケケケ、ウサギだニャ」
 老人はジッと見る。
「ネコだろ」
「失礼ニャ! どう見てもウサギだニャいかストロイカ!」
「何を言っているんだ?」
「ケケケ、どうでもいいニャ! おまえ、ずいぶん弱気じゃニャイストロイカ?」
「ふざけてるのか?」
「まぁニャ」
「……ふん。弱気か……確かにお前の言う通りだ。私はもう老いぼれだ。まさか人生の最後にきて、自分が成し遂げたものを否定される姿を目撃することになるとは思いもしなかった。誰だって弱気にもなるさ」
「でもまだ生きてるニャ」
 老人は力なく笑う。
「これが生きてるというならばな。私にはもう何の力もない。日がな一日こうして、テレビで、自分の過去の功績が破壊されていく様子を見ながら、何も出来ずに死を待つばかりの毎日だ。お前なんかにこの気持ちがわかるか?」
「ケケケ、おれにわかるわけニャイニャ。テレビの中の連中に聞いてみるんだニャ」
「何?」
 画面には空爆を受け、瓦礫と化した町で血を流し、ボロきれのような服を着て、泣き叫ぶ赤ん坊を抱いた母親が、『誰かこの子を助けて!』と、叫び続けている様子が映し出された。
「あそこにも、ニャにも出来ずに死を待つばかりの人がたくさんいるニャ……おそらくおまえより先にその日がくるニャ」
 老人は画面から目が離せなかった。
「ケケケ、お前たち二人の功績か。ケケケケ……笑わせるニャ」
 ウサギネコは蔑むように笑った。

「確かにお前たちはよくやったニャ。でもこの世界を作ったのはお前たちじゃニャイ、お前たちが名前も知らニャイ顔も知らニャイ小さな小さな人間たちだニャ……お前たちが作った世界?……ケケケケ! ぜんぜん違うニャ。この世界をつくったのは、お前たちが会ったこともニャイ、話したこともニャイ、無名で、ちっぽけニャ、大勢の人たちだニャ。お前たちがコクミンと呼ぶちっぽけニャちっぽけニャ人たちだニャ。でもそのちっぽけニャ人間は、戦争ニャンかよりずっとずっと大きいニャ……ケケケ、リーダーってやつはこれだから困るんだニャ。英雄って呼ばれる奴らはこれだから困るんだニャ。大きな話ばっかりしてるんだニャ。大きな話をする連中は小さな話を全部食べちゃうんだニャ。町を壊すのはたいてい巨人やゴジラやキングコングだニャ。暴れ回ったあげく、敵を倒してハイ終わりだニャ。その場所の瓦礫の下で横たわってる小さな動物達の命のことニャンか、気にもかけニャイんだニャ」
「わかった! それ以上言うな!」
 老人は思わずウサギネコを制した。
「わかったよ」
 そう言うと老人は、引き出しから紙を出し、ペンを握り、丁寧に何かを書き始めた。誰かに宛てた手紙だろうか。老人は文字を書きながら言う。
「……小さなネコよ。私を見くびるな。私が今まで何もしてなかったわけじゃない。ただやれるだけのことはやったと思っていただけだ。しかしまだやれることは残されている。私は……若い頃私が取り掛かった仕事を完成させる為の努力をする。残された仕事はまだあると気がついたからな。これが私の最後の仕事になるだろう。ネコよ。気づかせてくれたことには感謝するが、邪魔するな。どこかへ消えてくれ」
「フギャ! 失礼ニャ!……それにオレはネコじゃニャイ!」
 そう言ってウサギネコは、部屋を出ようとする。
「おい、ネコ。ちょっと待て」
「ふニャ?」
 ウサギネコが振り返ると老人がこちらを見て言った。
「お前、どこから来た?」
「……ケケケ、おれか? おれは、遠いところから来たんだニャ。……お前もよく知ってるずっと東の小さな島だニャ」
「なるほど……」
 老人は懐かしそうな顔をしたが、そのあと少しイタズラっぽく笑って言った。
「私達の祖国にも西側の祖国にも、お前のような中途半端な動物はいない。ウサギはウサギ。ネコはネコ。ウサギか、ネコか。だ。……お前はどっちなんだ」
「それはだニャぁ……」
 ウサギネコは珍しく困ったような表情をして考えた。
「ケケケ……まぁ、そんニャにハッキリ聞くニャよ。ケケケ、おれが住んでいるのは、おとぎ話の世界だニャ……ケケケケケ」
 そう言うとウサギネコは、笑いだけを残して消えていった。

終わり

 

<紙粘土・田中裕二>
ウォーキングデッド

プロ野球もついに開幕。今年の巨人の新助っ人外国人アダム・ウォーカー選手。ウォーカーがデッドボールを食らったら、ウォーキングデッドだなあと思いついてしまった。
今年も変わらず「がんばれ! ジャイアンツ!」

<プロフィール>
ばくしょう・もんだい●テレビのレギュラーは『まさかのルールはなぜできた!?作画プレゼン!刺さルール』(毎週火曜 深0・15 テレビ朝日)、『太田上田』(毎週火曜深0・59 中京テレビ 太田のみ)、『かまいガチ』(4/6スタート 毎週水曜午後11・15 テレビ朝日系)、『秘密のケンミンSHOW極』(毎週木曜後9・00 日本テレビ系 田中のみ)、『太田光のつぶやき英語』(毎週木曜後10・55 NHK Eテレ 太田のみ)、『サンデージャポン』(毎週日曜前9・54 TBS系)、『熱闘! Mリーグ』(毎週日曜深0・59 テレビ朝日ほか 田中のみ)。

 

投稿者プロフィール

爆笑問題(ばくしょう・もんだい)
爆笑問題(ばくしょう・もんだい)
太田光(おおた・ひかり)●1965年埼玉県生まれ。中でも文芸や映画、政治に造詣が深く、本人名義で『マボロシの鳥』(新潮社)などの小説も発表。
田中裕二(たなか・ゆうじ)●1965年東京都生まれ。草野球チームを結成したり、『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)などで披露する競馬予想で高額馬券を的中したりと、幅広い趣味を持つ。
+1
Spread the love