爆笑問題に聞け!ラジオの極意 前編〜若手戦慄!!太田の暴言の原点は『オールナイトニッポン』だった〜【年末・新春 吉礼タイタン座談会】

令和3年も残り2日。すっかり恒例となったタイタン座談会が今年も幕開けだ!
令和3年、爆笑問題との座談会に招かれたのは、「決戦!お笑い有楽城」を勝ち抜いて、『オールナイトニッポン0(zero)』(ニッポン放送)のパーソナリティをつとめた、XXCLUB(チョメチョメクラブ)と、まんじゅう大帝国の面々だ。伝統の番組のパーソナリティ権を、同大会で2期連続タイタン芸人が獲得するという快挙だった。ラジオの極意を授かるべく馳せ参じた彼らだったが、太田の口から語られたのは、あの伝説のオールナイトニッポン事件の詳細である。
「ビートたけしは死にました」
恐るべき暴言から始まった伝説のラジオ。
そうだ、そうだった! 太田光は、昔から無礼だった。二階元幹事長! この人は、昔っからそうなんですッ。そういう人なんですッ。若手の頃はたけし軍団を激怒させ、ベテランになっては大物政治家まで怒らせる。それが太田光なんですッ。
果たして、この座談会は炎上するのか、しないのか……。
取材・文/ハギワラマサヒト 撮影/田子芙蓉

バックナンバーはこちら

全米混乱! 阿鼻叫喚! まさかの改名「早乙女零から大谷翔平へ」

爆笑問題
太田光
おおた・ひかり●1965年埼玉県生まれ。中でも文芸や映画、政治に造詣が深く、本人名義で『マボロシの鳥』(新潮社)などの小説も発表。近著に『芸人人語』(朝日新聞出版)などがある。
田中裕二
たなか・ゆうじ●1965年東京都生まれ。草野球チームを結成したり、『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)などで披露する競馬予想で高額馬券を的中したりと、幅広い趣味を持つ。

──今年も1年ありがとうございました。今回の座談会では、『オールナイトニッポン0』のパーソナリティをつとめた若手2組が、爆笑問題からラジオの極意を授かりたいとやってきました。

XXCLUB、まんじゅう大帝国:よろしくお願いします。

まんじゅう大帝国
左 竹内一希
たけうち・かずき●1994年東京都生まれ。関東落研連合12代目総長を歴任し、第7回てんしき杯学生落語トーナメントで準優勝。ボケ担当。
右 田中永真
たなか・えいま●1993年北海道生まれ。関東落研連合11代目副総長を務め、第5回てんしき杯学生落語トーナメントで優勝。ツッコミ担当。

──XXCLUBの早乙女零さんは、某インタビューでこんなことを語っています。「僕らはラジオの経験がないので、爆笑問題さんにイロハを叩き込んでほしいです」と。

田中裕二(以下、田中):えっ、ちょっと待って。……誰? いま、XXCLUBの誰って言った?

──早乙女、……零さん、です。

太田光(以下、太田):だから、それが誰だって話なんだよ(笑)。

──こちらにいる、太田さんの前に座ってる……。

田中:何言ってんだよ、こいつは大谷だし。……お前、大谷小判だろ? なんで早乙女なんだよ。

早乙女零(以下、早乙女):(起立して直立不動)このたび改名して、早乙女零となりました。どうぞよろしくお願いします。

一同爆笑

XXCLUB
左 大島育宙
おおしま・やすおき●1992年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。映画やドラマを見まくり解説、考察を行う動画『コンテンツ全部見東大生』をYouTubeで配信している。
右 早乙女零
さおとめ・れい●1994年広島県生まれ。明治大学文学部卒業。2021年7月10日放送の『XXCLUBのオールナイトニッポン0(ZERO)』で大谷小判♀から早乙女零に改名。

田中:おいおい。なんで改名なんかしたんだよ?

大島育宙(以下、大島):「決戦!お笑い有楽城」に優勝して、『オールナイトニッポン0』をやらせていただいた時、大谷の改名企画をやったんです。

太田:つーか、大谷小判って芸名も、番組の企画で改名したんじゃなかった?

大島:そうです。『冗談手帖』という番組で、僕が改名案を考えて、鈴木おさむさんに決めていただきました。

田中:えっ、番組での改名企画がこれで2度目ってこと?

大島:小判がなんの企画も考えてこなくて。

早乙女:これからも、「困ったときの改名企画!」、このモットーで頑張ろうと思っております。

田中永真(以下、永真):おかしい。間違いなく、発想が狂ってる。ふつう、番組で芸名を変えたら、改名企画の2回目はないよ。

竹内一希(以下、竹内):それで、何。その企画は盛り上がったの? 他にどんな改名案があった?

永真:おいおい。まさかお前、芸名変えようと思ってねぇだろうな。

早乙女:第2候補が、「塩ヤキソバ」。

田中:くだらねぇな(笑)。

大島:大谷、じゃなくて……、早乙女は芸人としての武器が、まったくないんですよ。

田中:いやいや、こいつのルックスは相当な武器でしょう。

永真:聞いてくださいよ田中さん。まさにおっしゃる通りんなんですが、大島が大谷を──じゃねえ、早乙女の外見を、一切いじらないんですよ。

早乙女:舞台に出て行って、このルックスで「どーも、早乙女零です」って挨拶するじゃないですか。客席は芸名とルックスに違和感をビンビンに感じてて。

大島:一切、スルーします。

一同爆笑

田中:なんでだよ!

大島:そして悲しいのは、大谷が──じゃねえ、早乙女がツッコミだという。この悲しさ(笑)。

早乙女:ってかさ。みんな、この早乙女零という芸名に馴染んでないじゃん! 番組のスタッフさんも「大谷さん──失礼しました。早乙女さん」って、無駄なくだりが毎回あって。大谷小判のときは、大谷が本名だっただけに、しっくりきてたんですけど……早乙女って!

──そういえば、タイタンの芸人さんって芸名がある人は少ないですよね。みなさん本名ですか?

太田:本名。

田中:本名。

永真:本名。

竹内:本名。

大島:本名。

早乙女:早乙女零。

一同爆笑

太田:なんだよ、零って(笑)。

早乙女:自分でもしっくりこないんですよ。早乙女が……。

田中:なんだよ、もう改名したいの?

早乙女:機会があれば、いつでもその覚悟があります。

田中:わかった。じゃあ、今度改名するとしたら大谷だけは残そう。

太田:大谷翔平。

一同爆笑

永真:そりゃまずいですよ。どれだけエゴサーチしても、エンゼルスの大谷しかでてこない。

竹内:Googleのページをいくらめくっても自分が見つからない。

大島:僕はかまいません。ただ、相方としては、彼が大谷翔平と同姓同名であることを、一切いじるつもりはありません。

一同爆笑

田中:いじってやれよ!

「ラジオは究極の密室芸」──デジタルネイティブからの視点

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ