KEN THE 390さんからhimeへの金言「現状維持はリスクでしかない!」【2021年11月 lyrical school・hime連載「社会人でびゅ〜!」04】

前編に引き続き、ラッパーとしての活躍はもちろん、「PRODUCE 101 JAPAN」のトレーナーや、「ヒプノシスマイク」の舞台や楽曲制作にも携わるKEN THE 390さんが、himeさんに社会人としてのアドバイスと提言を授けます。経験と実績に裏付けられたKENさんからの金言に、himeさんも感動しきり!

 

取材&文/高木”JET”晋一郎  撮影/佐野円香

会社員を辞めてラップ1本になってしばらくは減りゆく残高を見つめる日々でした!(KEN THE 390)

 

hime 前編ではKENさんのサラリーマン生活のお話を中心に伺いましたが、サラリーマンを辞めるときに悩まなかったんですか?

 

KEN THE 390 なかったかな。ラッパーの活動も増えてきて、サラリーマンとラッパーを天秤にかけないといけないことが多くなってきたんだけど、そうすると自分のベーシックは「ラッパー」だから、迷いなくラッパーを選んだって感じだね。だから上司に「ラップに専念しようと思います」って伝えて。冷静に考えたら結構ヤバい退社の理由なんだけど(笑)。

 

hime 会社のかたはなんて仰ってました?

 

KEN THE 390 「そんなに本気なの?とりあえず後任と引き継ぎまでやってからお願い」って(笑)。ただライブやCDでちょっとはお金が入るようにはなってたけど、食えるほどではなかった。

 

hime そんな状況でサラリーマンを辞める決断をするのはすごいですよね。

 

KEN THE 390 だからサラリーマンのときに作った蓄えがやばくなった頃に、エイベックスとの契約が決まるっていう、かなりの綱渡りだったよ(笑)。

 

hime 辞めてすぐは、ラップで稼ぐことは出来なかったんですか?

 

KEN THE 390 ぜんぜん。残高がみるみる減っていった(笑)。でも世の中って「やってみないとわからない」ことが本当に多いと思う。普通に働いてると、フリーランスになるのは二の足を踏みがちだけど、やってみれば「こういう感じか」「自分には向いてるな/向いてないな」っていうのがわかると思うんだ。サラリーマンも同じで、一回やってみれば「他の会社でも働けるな」ってことがわかると思う。だって会社辞めて海外留学して、戻ってきて別の会社に入るなんて珍しくないでしょ?

 

hime そうですね。確かに。

 

KEN THE 390 再就職の面倒くささとか、給料の上がり下がりはあるかも知れないけど、会社を辞めても食いっぱぐれることはない、とか、究極言えば死なない、ってことに気づけたのが、学生時代との一番の違いだった。やっぱり学生のときは「就職というレールに乗らなくちゃ、もしそこから外れたら……」っていうのが漠然とした不安としてあったけど、一度サラリーマンを経験してみたら、もしレールから外れても、別のレールに乗ることは出来るし、色んな方法があるなってことが見えてきて。

 

hime ……私って知らないことがいっぱいあるな〜(笑)。

ーーそしてエイベックスからメジャーデビューを果たしますが、メジャーでの活動を振り返ると、そこにどんな思いがありますか?

 

KEN THE 390 なんだかんだで、メジャーはやっぱり大変だったかも知れない。僕はそこまで向いてなかったかな。

 

hime それはなんでですか?

 

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ