十束おとはが憧れの大先輩♡元でんぱ組.incのえいたそに会った【2021年11月フィロソフィーのダンス連載「偏愛記」】

フィロソフィーのダンスメンバーが、偏愛ジャンルの達人と濃厚トーク! 十束おとはが憧れている大先輩。元でんぱ組.incの成瀬瑛美とご対面!

取材&文/吉田可奈 撮影/飯田エリカ

十束おとは(以下十束) この連載でお会いしたい人いますか?と編集部の方に聞かれたときに、まず、めちゃくちゃすごいオタクの人と話したいと思ったんです。そこでメンバーカラー黄色の大先輩でもあり、憧れのアイドルであり、めちゃくちゃ強いオタクのえいたそさんがすぐに浮かんだんです!

成瀬瑛美(以下成瀬) わ~! ありがとうございます! 強いオタクとして名前を挙げてくれるのは誇りですから!

十束 いま、えいたそさんが目の前にいること自体がご褒美です…。私自身、でんぱ組.incのライブに何度も行かせてもらっていたくらい大好きなんですが、なかでもえいたそさんは、みんなの太陽と言われていた通り、もうその存在が天才だと思っていて。えいたそさんがいる場所は、パーっと明るくなります。

――たしかに。今日もえいたそさんが取材場所に来られた瞬間に、パーっと場が明るくなりました。

十束 本当に! どうしていつもそんなにキラキラしているんですか?

成瀬 じゃあ、おとはちゃんにえいたその秘密を今日は特別に教えてあげよう!

十束 はい!

成瀬 それはね。オタクだからだよ!

十束 おぉ~! でも、一般的なオタクって、わりと内向的なイメージがあるじゃないですか。でもえいたそさんはオタク界にビックバンを起こしていますよね。

成瀬 表現がうまいねぇ~! 素敵だねぇ~!

十束 ありがとうございます。それが本当にすごいなと思っていたんです。

成瀬 私は、脳がオタクそのものなので、アニメや漫画、ゲームの世界が、むしろ本当の世界だと思っているんです。なので、基本的に女の子のキャラクターはみんなかわいくてキラキラしているし、おもしろいストーリーで成り立っているので、世界はそういうものなんじゃないかって思い始めているんですよね。私はその中のキャラクターとして生きているので、必然的にキラキラしていているのではないかと信じているんです。ちょっとヤバイ回答になってしまいますが…(笑)。

十束 いやいや、大正解です! どうしてそう思うようになったんですか?

成瀬 それが本当の世界で、それが正しいと信じるようになってからですね。その分、現実世界が鬱々として見えちゃうこともあって。もちろん、楽しい部分もありますけどね。

十束 わかります。その鬱々とした出来事があると、どうしても沈んでしまうんですが、えいたそさんが落ち込むことはありますか?

成瀬 う~ん…。ないかもしれないね!

十束 最高!

成瀬 ちょっときれいごとになってしまうかもしれないけど、自分の中でアイドルは人を元気にさせるものなので。私が落ち込んでいたら、私を信じてついてきてくれているみんなを元気にさせられないという“使命感”があるんです。なので、これからさきも落ち込むことはないでございましょう!

十束 おぉ~!

成瀬 これが本心ですね。

十束 本当に勉強になります! えいたそさんが話すと場が明るくなるし、ついていって間違いないなって思わせてくれるんです。

成瀬 おとはちゃんも、オーラ出てるよ?

十束 本当ですか⁉

成瀬 うん! キャラクターっぽい! 自分をキャラクターだと思って生きるって、すごく楽しいよ。もちろん、鬱々とした気持ちを理解してあげることも大事なので、キャラクターに寄り過ぎないこともいいのかなと最近思い始めているんですけどね。

十束 それは何かきっかけがあったんですか?

成瀬 コロナ禍になってから、“大丈夫”と連呼するよりは、寄り添ってあげることも大事なのかなって思うようになったんです。

十束 なるほど…。たしかに、そうかもしれないですね。そう言えば、でんぱ組.incさんの曲って、素の部分、闇の部分をさらけ出して共感を得ている曲が多いじゃないですか。そのなかでも、えいたそさんは、えいたそさんらしさを貫いていて、“やっぱえいたそだな”とオタクながらに思っていたんです。

成瀬 うれしい~! でもグループ内でのキャラクターバランスもあるよね。フィロソフィーのダンスちゃんも、みんな歌い方が全然違うし、ライブを観ていると、個性が際立っているなって思えるからこそ、そのバランス感がすごく好きなんです。私自身、グループにはそのバランスをすごく重要視していて。でんぱ組.incは、私が落ち込んだら全員が暗くなっちゃうかも、という時期もあったので、そこはメンバーのためにも落ち込まないようにしようって思っていたんです。そこはバカだと思われてもいいから、明るい方向にいった方が正解なんじゃないかなって。

十束 私もそのバランスはすごく考えます。フィロソフィーのダンスって、ライオンが4頭いるようなグループなので、あまりメンバー同士で不安定になることはないんですが、以前でんぱ組.incさんの『W.W.D』や『W.W.DⅡ』を泣きながらパフォーマンスをしていらっしゃっているのを見ている時期に、辛さが伝わってきたことがあったんです。でも、そんなときでもえいたそさんは、つねに太陽のような感じでみんなを、そしてメンバーを勇気づけようとパフォーマンスをしていた姿がすごく印象的だったんですよね。そういう姿を見て、黄色担当ってこういうことなんだって!

成瀬 うんうん。

十束 それもあって、フィロソフィーのダンスのメンバーカラーを決めるときに、えいたそさんのような黄色が似合うアイドルになりたいと思い、黄色がいいと言ったんです。

成瀬 え~! おとはちゃんのこと、一生見守る!

十束 うれしいです~!

成瀬 私こそうれしいよぉ。でも自分で黄色っぽくなろうとか、明るくなろうと思うと、絶対にそうなっていくものだと思うんだよね。きっとおとはちゃんもみんなの光になれていると思う! 私がもしブラックを選んでいたら、もっとクールなキャラになっていたかもしれないと思うと、メンバーカラーってすごく大事かもしれないよね。

――おふたりとも、いつも明るく元気でい続けるためにどんなことを意識しているんですか?

成瀬 う~ん…。最初はもしかしたら無理して元気に見せようとしていたところはあるんですが、それが馴染んでくると、本当に元気になれるんですよ。なので、いまは無理を全くしていないですね。

十束 私も一緒です!

成瀬 やっぱり! そうしていると、どんどん気持ちがコントロールできるようになるんだよね。

十束 はい。最初は難しかったんですが、いまは黄色の衣装を見た瞬間に「イエーイ!」ってなれるんです。

成瀬 本当に色が持つ力ってあるんですよ。見るだけで気持ちが明るくなる効力があるので、良い色を選んだねと言いたいよ…!

十束 黄色は、本当にいい色ですよね。

成瀬 そう! みんなに元気を与えて、自分も元気になれるし。

――でも、おふたりにもともとの元気がないと、その元気を誰かに渡せないと思うんです。おふたりは元気がないときはどんなことをされているんですか?

成瀬 めちゃくちゃベタな話だと、ファンレターを読み返したりしていますね。……ちょっとベタすぎるな(笑)。

――そこで変化球はいらないのでご安心ください(笑)。

成瀬 よかった~(笑)。お誕生日の日にまとめてもらうメッセージ集などをみると、ドッとエネルギーがもらえるんです。あとは、オタクだから生きられるんです。

十束 わかります。ファンの方の声援や、ツイートなどを見ると元気が出ますし、この人たちをハッピーにさせるために頑張らなくちゃって思うんです。そうやって自分を奮い立たせられるというのはすごく大事なことですよね。あとは二次元、三次元、関係なく好きなものがあるので、それを見てパワーをもらったりしています。たまにでんぱ組.incさんのライブ映像を見て、「負けてられないぞ~!」と思ったり。

成瀬 お~! いいよ、いいよ!

十束 こんなにいい先輩がいるから、その隣に立つためにめちゃくちゃ頑張ろうって思えるんです。

成瀬 心が熱くなるねぇ! アニメみたいだねぇ!

十束 本当に激アツ展開です! だって、いま、ずっと憧れていた存在のえいたそさんとこうやってお話を出来ていること自体、夢のようですから!

――少年マンガのようですね!

十束 本当に!

成瀬 あはは!

成瀬瑛美●でんぱ組.incの初期メンバーとして活動後、2021年6月にでんぱ組.incを卒業。声優や舞台、ソロのアーティストとして活動。アキバカルチャーを心底愛してやまないつねにテンション高めのヲタクアイドル!またの名をマキシマムえいたそ、口癖は 「バビューン!」。特技は「えい☆ラップ」。公式Twitterはこちら

十束おとは●フィロソフィーのダンスのメンバー。12月1日にメジャー4thシングル「サンフラワー」が発売! フィロソフィーのダンス公式Twitterはこちら。十束おとはのTwitterはこちら

投稿者プロフィール

TV Bros.編集部
TV Bros.編集部
テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額800円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。
0
Spread the love