なんだか面白くて気になる、SKE48の杉山歩南さんと林美澪さんにインタビュー。このふたりはSKE48に新しい風を吹き込むのか⁉

TV Bros.8月号(発売中)の『SKE48のスキ! ごほうびパンケーキ!』はご覧になっていただけましたでしょうか。昨年10月から約2カ月半、毎日配信した企画「なわ跳びQ&A」の「ごほうび企画」だったのですが、今回はさらに番外編として(引っ張り過ぎ?)、ブロスが気になったふたりのメンバー、杉山歩南さんと林美澪さんをインタビューしました。

共に10期研究生の歩南さんと美澪さんは、同時に同じことを話したり、よくわからないことで励まし合ったり、仲良し姉妹のよう(どっちがお姉さんかは、そのときによって変化する模様)。そんなふたりの、テンションが下がることのない自由度100%トークをライブな感じでお届けしますので、隣で聞いている気分でお楽しみください。最後にふたりのわちゃわちゃな動画もお見逃しなく! これを見ると、ちょっと歩南さんが年上風。年上だけど。

構成・文/浅井加枝子

©2021 ZEST Inc.

SKE48 杉山歩南&林美澪、自由度100%インタビュー

第1弾スタート!

 

杉山歩南(すぎやま あなん)

2006年7月22日生まれ。10期研究生。愛知県出身。

 

林美澪(はやし みれい)

2009年3月10日生まれ。10期研究生。愛知県出身。

 

 

杉山「同じ歳だと思ったら、2歳年下でした(笑)」

林「同じ歳だと思ったら、2歳年上でした(笑)」

 

――大変仲良しなおふたりですが、初めて会ったときのお互いの印象は?

杉山 初めて会ったのはオーディションの2次審査だっけ? 美澪ちゃんと席が近くて「同じ歳だろうなー」って思って声をかけたら、「小学5年生です」って言うからびっくり! まさかの2歳年下でした。

 私も「あ、同じくらいの歳の人がいる、よかった!」って思っていたら、歩南ちゃんがにっこにこの笑顔で話しかけてきてうれしかった! 同じ歳の友だちができたと思ったら、歩南ちゃんは2歳年上でした(笑)。

杉山 初めて会った頃は美澪ちゃんのことを大人っぽい子だなって思ったんですけど、仲良くなっていろいろ話すうちに、年齢相応の子どもらしさがあってかわいいなぁって。妹って感じ。

 私も歩南ちゃんのこと、最初は大人っぽいかなって思っていたけど、仲良くなって話すうちに、年下に思えてきた(笑)。だっていろいろ変なこと言うんだもん。

――そういえば『SKE48のスキ!』のとき、「最近気に入っている漢字は『飛』」と言って書いてくれた字が、オリジナリティーにあふれていました(笑)。

杉山 書きましたね! なんかめちゃくちゃな字だった気が…。今なら当然スラスラっと書ける!(ペンで書き始めて)あれ? なんか変? あっれー、なんか違うような…。

 ちょっ、ちがーう! こうだよ!

杉山 あ、私の書いた「飛」と似ているね。惜しい! もう1歩だった。

――似ている字(笑)。じゃあ最近好きな漢字は?

杉山 「輝」かな。これは迷わず書けるよ。友だちの名前でこの字を使う子がいるから。サラサラっとね。

 何気に歩南ちゃん、字がうまいよね。じゃあ私が出題するよ。「ヨクセイ」って書いて。

杉山 「ヨクセイ」? 何それ。初めて聞いた言葉。

 (サラサラっと)「抑制」だよ。私はこの間、漢字のテストでこの字を間違えたから、何十回も書いて覚えたよ。

杉山 ふーん。「どこかで打って痛っ」みたいな意味?

 どの字を見て「痛い」が出てきたの! もーう、変なこと言うから、意味を書くテストで間違えそう。

――じゃあ、お互いの「ここは私には無い、すごい! と思うところ」は?

杉山 美澪ちゃんには、私が持っていないものばかりがあって、例えば勉強好きなところもだけど、ダンスがすっごくうまいだけじゃなくて、歌もうまいところ。
だからステージでも客席のみなさんの目と耳を一瞬で集めるすごさがあるというか。これはうらやましいな。元々の才能もあるんだろうけど、レッスンもいつもがんばっているし、すごく努力家でもあるよね。じゃあ私のすごいところは?

 漢字を盛大に間違えること。

杉山 ちょっとー、褒めてよ。

 うそうそ(笑)。歩南ちゃんは質問に対してスパッと返しが早いこと。しかもその返しがいつも面白くて、聞いたら元気が出るようなことを言ってくれること。これは私にだけじゃなくて、劇場公演のMCでもそうで、客席のみなさんを一瞬にして笑顔にできるところがいつもすごいなーって思うよ。
私はいつも小さなことにクヨクヨしがちで、割とネガティブシンキングが多いんですけど、そのクヨクヨを全部吹き飛ばしてくれる、歩南ちゃんの言葉と笑顔の力はすごいって思う。

――ちなみに林さんはどんなことでクヨクヨするの?

 すっごく小さくてどうでもいいようなことでクヨクヨするんです。なんか私ってツイてないなっていうことが毎日15個くらいあるんですよ。

杉山 毎日ツイてないこと多過ぎ(笑)。一体どんなことがあるの?

 例えば「ふと気付いたら水たまりに足を入れて靴が汚れていた」とか「発売日を楽しみにしていたのに、気付いたら日が過ぎてた」とか「化粧の乗りが悪い」とか「シャープペンを持ってきたつもりが、ペンケースに鉛筆しか入ってなかった」とか。
もう、小さくてどうでもいいようなことでも、割とその日は引きずって落ち込むんです。

――では杉山さん、今の「美澪ちゃんのツイてない話」を、歩南的解釈でポジティブにお願いします。

杉山 水たまりを踏んだら「あ、今日は珍しいことが起きるかも!」って思って、汚れが付いたら「ちょっとした記念の印だね」って思う。
発売日が過ぎていたら「発売後になったね」って思うだけ。鉛筆しか持っていなかったら「絵も描ける!」って思う。シャープペンじゃ美術の時間に困るでしょ? 鉛筆は文字も絵も描ける。最高じゃん!
化粧の乗りが悪かったら、「かわいいから大丈夫!」って思う。写真で盛れないときは……加工しよう(笑)!

――全部なんとかなった(笑)! 

 ね、すごいでしょ? 歩南ちゃんに話すと何でもポジティブになって笑顔になれるんです。たまに「えー、何それ」っていう珍回答もあるけど(笑)。

――確かに元気が出ますね! 珍回答もあるけど。では、最近ふたりの間で起きたミラクルを教えてください。

 最近どころじゃなく、いつもミラクルだらけ! 例えば、1番多いのが「何でも同時に」ということです。

杉山 そうそう、この間も同時に「あー、疲れたわ」と言って、「あー」の長さも同じ。最後に「わ」が入るのも同じで大笑いしました。笑う長さも一緒(笑)。

 ふたり同時に動き始めるときもあるし! あと、お互い同時に落ち込んで「ハァー」ってなるタイミングも一緒。それをお互い同時にスマホで送り合ったりして、なんだかそれでまた笑って、根本的な解決にはならないことも多いけど、とりあえず笑って元気になるよね!

杉山 そうそう。夜中までスマホのSNSで「今日、振り間違えちゃった」「そうだねー。また明日がんばろっ! ていうか何時に寝る?」「あと1時間後かなー」「寝た?」「まだ」とか、延々と会話。そのダラダラパターンは笑顔にはならないか。

――不毛な会話だなー(笑)。そういうときに杉山さんのポジティブパワーは出ないの?

杉山・林 (同時に)眠いとダメ。

――そこもシンクロ!? ていうか眠いなら寝て! では、ふたりがこれからのSKE48で「しようと思うこと」、「したいこと」を教えてください。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love