掟ポルシェ 大切な思い出がツバまみれ2

【7月号】掟ポルシェ連載「大切な思い出がツバまみれ2」

セレクトショップ 掟ポル書店 

 駅の構内にある本屋、あれ使えた試しねえな! 欲しい本に限って全ッ然置いてねえの! この間行った駅ビルの中の本屋なんて駅ビルの本屋のくせに、表紙見てるだけで損した気持ちになる意識高い系の訳のわかんねえ品揃えでどおくまんのどの字もねえっつの! もっと下品なチンポとか出てる本とか置けっつの! 駅ビルだよ? 駅ビルっつったら基本電車乗るかウンコしに行くかのどっちかの用事でしか訪れないとこよ? そんな存在理由がハーフ便所みたいな場所でだよ、この間行った駅の構内にある本屋、デザイン書のコーナー充実させてんの! 大判の図版集とか大量にインストックナウ! 本気でバカなんじゃないかと思った。もうビックリしすぎて屁も出ませんよ。あのね、ちょ~っと考えてもらっていいかな? これから電車乗って遠出する人間がほとんどの場所でよ、そんな重たい上にヒマが潰れないの確定本買う奴いると思う? 売り場面積広めに使ったアメリカンジョークみたいになってんのわかってないのかな? もう、居心地悪すぎて5分もいなかったと思うけど、コンコンと便意が湧き出てきて大変でした。あげなオシャレな本屋が駅中に存在しとるとは……東京はおそろしかとこばい!

 やっぱさ、駅の構内の本屋っちゅうのはさ、もっと興味深い本を置くべきだと思うんだ。半分以上ウソしか書いてないコアマガジンのコンビニ本はマスト! 実録ものみたいなふりしてっけど全然ウソウソ! 売れ残ってゾッキ本んなったのとかドッチャリ置いてね! あと、鹿砦社から出てるホントかどうかわかんないけどメチャメチャ面白い芸能人の暴露本も置くでしょ。需要あるもんねえ? 洋書はアチャヤーガムのバックナンバー全部揃えます! めっちゃ盛り上がる! タイが「洋」に当たるかは知らんけど、おもろいからいいっしょ! あとはやっぱ、古典文学っての? 紀州のドンファンの自伝本とか。やっぱ若くてエロい女とヤることだけに命をかけた男の生き様&死に様はね、やっぱ子どもたちに夢と希望を与えると思うんだ。「ボク、大きくなったらコンドームのセールスマンになって野良仕事の合間の田舎の熟女とヤりまくるんだ!」みたいなさ、野望に燃える子どもたちがいっぱいの日本社会。なんかいいよね。あの本はガチで大量入荷すべし! あとは僕らのスーパーヒーローの本は揃えておきたい。例えば、『月亭可朝のナニワ博打八景』(吉川潮・著 竹書房)。帯文に「オイチョカブで七千万いかれてますねん」って入ってんのもシビレるでしょ。昭和の芸人の破滅的な生き様が旅のお供に最適だし、なんならあれは学級文庫なんかにもすべし! 

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ