佐藤まりあがNICE73の波乱万丈な韓国練習生時代の濃厚トークを聞いた【2021年7月 フィロソフィーのダンス連載「偏愛記」】

4人組ガールズユニット・フィロソフィーのダンス。メンバーが偏愛するものについて語る連載「フィロソフィーのダンス 偏愛記」。今月から、メンバーの尊敬する偏愛ジャンルのエキスパートにお話を伺いにいきます! K-POPを愛するフィロソフィーのダンスの佐藤まりあがディープなトークをしたいお相手は、日本人K-POPシンガーとして活動していた過去を持つNICE73(ナイスななさん)。波乱万丈過ぎるななさんのお話に、取材班一同思わず手に汗握り聞き入ってしまいました。

取材&文/吉田可奈 撮影/飯田エリカ

●ラジオで共演した後、ぜひもう一度お会いしたいと思っていました!(まりあ)

――おふたりはラジオ(interfm897「casaricoto radio」)で共演したことでお知り合いになったんですよね。

佐藤まりあ(以下佐藤) そうなんです! NICE73さんがパーソナリティーをされている番組で共演させていただいたときに、韓国で歌手デビューをされてたと知って、「聞きたいことがありすぎる!」と大興奮してしまって。そのときはあまり長くお話が出来なかったので、お会いしたあとにプロフィールなどを詳しく見させていただいたら、まさに元祖グローバルアーティストとして、誰よりも早く韓国で活躍されていたというのを知り、すごく驚いたんですよ。

NICE73 そんな風に言っていただいて光栄です。私が韓国でデビューしたのが2005年のことなんですけど、わかりやすい例えだと翌年にBIGBANGがデビューしているんです。

佐藤 え! ということは、BIGBANGの先輩になるんですね。

NICE73 そう言うとすごくカッコいいですが(笑)。当時は大きな事務所に所属しているアイドルしかデビューできないような時代だったので、私はソロシンガーとしてデビューしたんです。事務所の人から「お前は背が低いし、整形するのにお金がかかるからアイドルはダメ」ってハッキリ言われて(笑)。当時は歴史的、情勢的な問題もあって、純日本人がデビューするのはすごく難しかったですし。

――いまの時代で考えるとかなりの問題発言ですね…。

NICE73 ねー、でも15年くらい前はそれが当たり前の時代だったんですよ。私自身も、歌は大好きだったけど、ダンスは踊れる自信がなかったので、自分からも「それでいきましょう」となったんです。

佐藤 それにしても、日本人であるななさんが、どうやって韓国でデビューすることになったんですか?

NICE73 すごくざっくり言うと、10代の頃に韓国の楽曲に衝撃を受けて、韓国の事務所の住所を調べて、オーディションを受けに行ったんです。

佐藤 すごい行動力! 韓国語は話せていたんですか?

NICE73 高校生のときに3カ月間の語学留学はしていたんですが、あまり身についてはいなかったですね。言葉はわからないけど、とにかく片っ端からオーディションへ行って「とりあえず歌います!」と宣言して歌っていたんです。ダンスはできないから、気を引くために面白いことをしたりして、いろんな事務所のオーディションを回っていました。その中のひとつの事務所の人が、「いまの語学力で、韓国で芸能活動をするのはとにかく危ない。ちゃんと韓国語を勉強して、僕が何を言っているのか完璧にわかるようになってからもう一度来て」と言ってくれたんです。すごく悔しい思いもありましたが、当時は10代の外国人が危ない事件に巻き込まれることも多かったので、“それもそうだな”と考え直して一度帰国したんです。

――そこでちゃんと注意してくれたということは、すごくいい事務所だったんですね。

NICE73 そう思います。それから1年間は、なるべく韓国人の友だちだけと話すようにして、毎日韓国語に触れるようにしたんです。日常会話が問題なくなった頃、昔からお世話になっていたプロデューサーから声をかけられて、あらためて韓国へ行ってオーディションを受けました。

佐藤 そのお話を聞いて、私ってすごく甘ったれているなと思いました…。その行動力もすごいし、帰国後の1年間の過ごし方が人生を左右したってことですよね?

NICE73 運が良かったんだと思います。オーディションに受かって事務所に所属してからは、韓国で練習生生活を2年程していました。ただ、当時の韓国の小さな事務所のシステムって、投資家を集めて、その人たちに投資してもらったお金で自転車操業するのが“普通”だったんです。当たり前のことですが、投資家って、より美しく、可能性のある子に投資をするじゃないですか。ビジュアル的にもぱっとしない、さらに身長が低い、日本人の私はアイドルとしては致命的だったので、いつも「お前の身長があと15cmあればなあ」って言われていました(笑)。それもあって、なかなかデビューも決まらなかったんです。

佐藤 実力で判断して欲しい…!

●ジャケット写真がイラストに差し替えられてしまったこともあります(NICE73)

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ

Spread the love