chelmicoが映画「とんかつDJアゲ太郎」を原作者と一緒に観に行ってきたよ〜!【2020年11月号 chelmico 連載「キスがピーク」】

chelmico連載「キスがピーク」。今回は、この連載の題字イラストを手掛けて下さっている小山ゆうじろうさんとその相方のイーピャオさんが原作を手掛けたマンガ「とんかつDJアゲ太郎」の映画を、chelmicoと小山さんがともに鑑賞。その感想戦をお届けします。ネタバレもちょこっと含みますので、まずは映画を観て、観終わってから読んで、確認でもう一回観に行くとさらに理解が深まるかと! それではどうぞ!

取材&文/高木”JET”晋一郎 撮影/横山マサト

 

 

「とんかつDJアゲ太郎」
監督:二宮健
出演:北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎/加藤諒/浅香航大/栗原類/伊勢谷友介
原作:イーピャオ、小山ゆうじろう『とんかつDJアゲ太郎』(集英社少年ジャンプ+)
全国ロードショー中
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

――今回は映画「とんかつDJアゲ太郎」をchelmicoのお2人に鑑賞していただきました。そしてゲストに原作者の小山ゆうじろうさんをお迎えしました!

小山ゆうじろう よろしくお願いします。

Rachel 原作者の方と一緒に映画を観るなんて!

Mamiko めちゃくちゃ贅沢な体験だよね!

小山 こちらこそ貴重な経験ですよ。

――やはり原作者と一緒に鑑賞するのは緊張しましたか?

Mamiko 全然。

Rachel 全く。 

小山 僕も。

 

――「贅沢な体験」「貴重な経験」って言ったそばからみんな淡白(笑)!

Rachel もともと小山とは友達だからね。

――友達になったのはいつから? 

小山 代々木上原に「終日ONE」っていうビア・バーがあるんですけど、そこでのイベントで出会って。

Mamiko そこでパブリック娘。の清水大輔がDJするからってことで、同じくパ娘。の齋藤辰也と一緒に行ったときかな。

小山 僕はアゲ太郎のアニメ版の劇伴を作ってくれたmu-starsの藤原大輔さんと一緒に行ってて。

Mamiko そこで紹介されて知り合ったんだよね。私達は「chelmico」(2016年)でデビューしたての時期だったと思うんだけど、小山はchelmicoのことを知ってくれてて。

小山 ヒップホップが好きで新譜をチェックしてたっていうのもあるし、TREKKIE TRAXの人たちにアゲ太郎の連載中に協力してもらってたというのもあって、その流れでも知ったのかな(注:chelmicoのデビュー曲「Love Is Over」はTREKKIE TRAXの製作)。

Mamiko 私もアゲ太郎は読んでたからビックリしちゃった。

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。会員登録はコチラ
Spread the love