SKE48のたまにはアツく語らせて!vol.11 「麻雀をアツく語らせて!」

SKE48のメンバーが、大好きなものについて激アツで語り倒す連載『SKE48のたまにはアツく語らせて!』。アイドルという「枠」とか「たしなみ」とか「しがらみ」など一切を考えず、ただひたすらに「ここが好き!」というトークを繰り広げる連載です。テーマは毎回変動。たまに注ぐ愛が激しくて、トークの内容がマニアック過ぎることもありますが、そこは「好きなんだからしょうがないよね」という気持ちで適当に流してお楽しみください。そしてSKE48のメンバーを巻き込んだ妄想トークも! 今回のテーマは、「麻雀」。麻雀の番組MCを務める須田さんと、麻雀番組での対戦で優勝した経験を持つ川嶋さんの、ガチな麻雀対談。「負けが弱いんじゃない。大切なのは負け方だ」と語る須田さん。そして「勝ちたいというより負けたくない」と語る川嶋さん。麻雀にかける想いにエッジがかかった、ヒリつくような50分間だったぜ。なお、麻雀に関する単語の意味は、自分で調べてください。すみません。

取材・文/浅井加枝子 構成/和田恵実

今回のトークテーマ「麻雀をアツく語らせて!」

トークメンバー
川嶋美晴&須田亜香里

川嶋美晴(かわしま みはる)
チームKⅡ所属
2002年12月17日生まれ
愛知県出身

須田亜香里(すだ あかり)
チームE所属
1991年10月31日生まれ
愛知県出身

麻雀は普段と違うタイプの自分が出ます。
そこが楽しい。


――まず、何がきっかけで麻雀を好きになったんですか?

須田 大きなきっかけは麻雀のお仕事をいただいたことです。『熱闘!Mリーグ』(毎週日曜日、深夜0時59分よりテレビ朝日ほかにて放送中)という番組のアシスタントMCのお仕事なんですけど、最初、マネジャーさんから「麻雀って興味ある?」と聞かれたんですよ。私は「興味以前に、やったことないし、難しそうですよね」と答えたんです。そうしたら「番組アシスタントMCのお仕事が決まったよ」って。どういうこと!? そんなド素人がアシスタントMCやって平気?と。

――初心者目線でも楽しめる番組にってことだったんでしょうかね。それにしてはガチな麻雀を観戦できる番組ですけど。

須田 そうなんですよ。プロの雀士の方が戦う番組なのに。でも、お仕事をするならと必死に麻雀を覚えたんですよ。以前、ある番組きっかけで中国語を少し習ったことがあったので、数字を中国語で読むことだけはできたんです。麻雀でもできることはそれだけ。牌の並べ方から役から、もう覚えることがいっぱい! でも勉強し始めたらすごく楽しくなって、麻雀好きになりました。腕は、周りから「そろそろ初心者から脱出して!」と言わる程度ですけど(笑)。

川嶋 私はSKE48に入る前から、元・乃木坂46の中田花奈さんの大ファンなんですよ。それで、ある日中田さんが「麻雀を始めたけどとても楽しい」ってラジオでお話ししていたのを聴いて、それなら私もやらねばと、勉強し始めたのがきっかけです。

――推しメンが楽しいって言ったから興味を持つって、ファンの鑑!

川嶋 最初は麻雀アプリで軽くやっていただけなんですよ。でも中田さんの乃木坂46卒業発表を聞いたとき、「このままじゃ中田さんと麻雀で共演するという夢が消えてしまう!」と思って、すごい全力スピードで麻雀を勉強しました。そうしたら中田さんの冠番組『かなりんのトップ目とれるカナ?』(毎週日曜日、深夜0時よりCS放送TBSチャンネル1にて放送中)に出させていただけて。

須田 すごい! みはるん(川嶋)は、強い意志と熱心な勉強で夢を叶えさせたんだね!

――先日の放送で川嶋さんは、中田さんを抑えて優勝しましたね。

川嶋 いやいや、ホントに運でした。ただ憧れの中田さんと卓を囲めて幸せでした。でもテレビの放送を見直すと、私の打ち方って見ていてハラハラするんですよ。流れを考えると危険なのに、何でその牌を切るのーって、自分にツッコミました。

須田 それ、危険牌だってわかって切っているの?

この記事の続きは有料会員限定です。有料会員登録いただけますと続きをお読みいただけます。今なら、初回登録30日間は無料キャンペーン実施中!会員登録はコチラ